最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

orange pekoe

2018年10月 6日

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018orange pekoeとしては2年半ぶりのライブ。2016年3月27日の晴れたら空に豆まいてでのライブ以来だろう。私はその一つ手前の2016年2月3日のBillboard Live 東京のライブに行ってる。一馬くんはちょこちょこと帰国してソロか他の人とのユニットでライブを行ってるし、ともじも今年の3月にソロを同じモーションブルーで演ってるけど、orange pekoe としては
(前日にJ-WaveとBlue Note Tokyoのコラボ「JAZZ ON THE HILL」のフリーライブに出ていたが)。

「極楽鳥」はビッグバンドでは演奏したことがあるが、二人でやるのは初めてとのこと。途中twitterで募集した質問に答える形でゆるく進む。質問に答える形でともじの一番好きな曲は「Landscape」(Grace)、一馬くんは「黄金色の羽根」(Grace)で、それぞれ歌ったり。アメリカのライブで歌う曲は?と聞かれ、アレサ・フランクリンが亡くなったので「Natural Woman」を歌った、などという話をしながら、ちょっと歌ってくれたりした。

orange pekoe Acoustic Duo Live 2018「うっかり20周年」と言ってたが、1998年結成なので、今年が結成20周年。メジャーデビューは2002年4月だから。私が初めて聞いたのはメジャーデビュー前のインディーズのシングルだから、多分2000年頃に聞き始めたと思う。学生のときに軽音で出会って結成し、インディーズでCDを出して評判となり、1年後には派手なメジャーデビューをした。彼らはとても順調に活動をしてきた。小さなライブハウスでももちろんやってきたが、スーパー行脚のような、いわゆる「下積み」のような活動はしていないと思う。

彼らはもともとアルバムをつくるスピードは速くなかった。しょっちゅうアルバムを出してライブにもフェスにもガンガン出るユニット、ファンクラブを上手に運営しながらアルバムも頻繁に出すユニットを見ていると、オレペコはのんきだなぁと思うこともある。このユニットは20年で7枚のオリジナルアルバム+カバーアルバムほかミニアルバムなど。

でも、彼らは本当にピュアなので、日本でフェスにおつきあいで出てすり減るよりは、海外でゆっくり過ごしながらアルバムつくって、たまに日本でライブくらいの感じでいいのかなとも思う。

アメリカからの帰国凱旋ライブではない。10月3日に帰国して、4日、5日とライブやって6日にはすぐにLAに戻る。まだ拠点を移す気はなさそうだ。それでも来年は20周年ということでアルバムを出す、バンド編成での記念ライブをやるとのことで期待している。


赤レンガ倉庫2018.10.5 20:45~22:15(2nd)
motionblue yokohama

1. 極楽鳥~bird of paradise
2. 月の小舟
3. Foggy Star
4. Selene
5. やわらかな夜
6. FLOWER
en. LOVE LIFE

2018年3月10日

ナガシマトモコ [orange pekoe] a.k.a.NiA ソロライヴ 2018

ナガシマトモコソロライブ2018orange pekoeのナガシマトモコ、ニューヨークに移り住んでから約2年、凱旋ライブです。ただし、ソロで。パートナーの一馬くんの方はちょいちょい帰って来てライブをやっていましたが、トモジは渡米以来初めてです。トモジはNYで何をしているかというと、ソロアルバムをつくっていると言うのですが、みんなは信用してないそうです。いやいや、ご本人がそう言うのだから、つくってるのでしょう。

オレペコ8、NIAが3、カバー3、の構成(2曲目にやったNIAの曲が思い出せない...何故かこの時間帯ぼんやりしていました)。
変わらず、力強い、伸びやかな歌声でした。これまでのオレペコの二人ライブはギター伴奏なので、ピアノ伴奏は新鮮でした。Keiko Rhodesさんとは「Love Life」の頃からのおつきあいだそうです。ライブツアーの中で二人だけ女性ということもあり、必然的に仲良くなっているとのこと。

ナガシマトモコソロライブ2018オレペコの曲はちゃんと定番をやってくれました。「Selene」はやっぱりやるのね...と思いながら、アンコール、サイモン&ガーファンクル「明日にかける橋」って「Selene」と同じコンセプトだなぁと思ったりもしました。ロバータ・フラックの「愛は面影の中に」は確かにどこかでやったような気がしますが、自信ないです。でもよく歌えていました。ダニー・ハサウェイの「いつか自由に」はまさに公民権運動の曲ですが、娘のレイラ・ハサウェイに捧げた名曲。


1stと2ndステージ、通常は入れ替えですが、このライブは休憩。衣装を替えてました。bonbonのふんわりした衣装。よく似合う。

ナガシマトモコソロライブ2018正直、二人で行ったんだから、二人で帰って来いよ!と思うところはありましたが、もう少し向こうにいたい、年内には二人で何かする、とのこと。今年、オレペコ結成20周年でもあることだし、頑張って欲しいです。ソロもいいけど、やはり私は一馬くんのギターにのったトモジの歌が聴きたい。でもNYからLAに移り住んだという話もあります。なんだろう?日本に帰ってくる気はないのかな?別にどこに住んでいてもアルバム出して、ライブやってくれればいいんですけどね。

20180309d.jpg2018年3月9日(金)19:30開演
Motionblue Yokohama

1st
1. 太陽のかけら(orange pekoe)
2. Brown Koffee(NIA)
3. The First Time Ever I Saw Your Face (Roberta Flack)
4. Beautiful Thing(orange pekoe)
5. Foggy Star(orange pekoe)
6. I Really Miss You(NIA)
2nd
7. Mystical Moment(NIA)
8. Someday We'll All Be Free(Donny Huthaway)
9. Birthday Song(orange pekoe)
10. Selene(orange pekoe)
11. やわらかな夜(orange pekoe)
12. ソングバード(orange pekoe)
en1. Bridge Over Troubled Water(Simon & Garfunkel)
en2. LOVE LIFE(orange pekoe)

2015年10月11日

orange pekoe acoustic duo live autumn at Motion Blue Yokohama

Motion Blue 2015.10.10オレペコがモーションブルーに来るときは、出来るだけ行くようにしている。大きさといい、窓から港が見える場所柄といい、オレペコにとても似合ってる。

今回は秋のライブということで「in autumn」の中からも選んだという。1stは意外な曲もあったようだが、2ndは比較的オーソドックスな選曲。「Selene」はやっぱり泣ける。

秋の訪れが四季の中で一番好きだという、今年は金木犀の香りがしたと思ったら、すぐに大雨が降り、一瞬しか、秋の訪れを楽しめなかったと言う。確かに、私も秋の訪れを感じるのは金木犀の香りだ。今年は短かった(金木犀の花びらを集めてをトイレにまいた話をして、ムードを台無しにする一馬くん、らしくていい)。

トモジは相変わらず表情豊かに歌ってる。泣きそう、切なそう、楽しそう、歌に合わせてすべて全身で表現するのを見ている。当たり前のことだが、ライブって、それがいい。

1stは「Beautiful Thing」や「煙のセレナード」なんかもあったよう。

2nd
1.Foggy Star(Oriental Jazz Mode)
2.Yuragi(Wild Flower)
3.輪舞(in autumn / Poetic Ore)
4.藤本一馬ソロ
5.Selene(single)
6.Flower(Oriental Jazz Mode)
7.やわらかな夜(Orange Plastic Music)
8.太陽のかけら(Orange Plastic Music)
9.空に架かるCircle(Happy Vallery)
en.
10.LOVE LIFE(Orange Plastic Music)

2015年8月26日

晴れたら空に豆まいて九周年記念 orange pekoe acoustic duo set

晴れたら空に豆まいて九周年記念 orange pekoe acoustic duo set 1日時:2015年8月22日(土)19:30~22:00
会場:晴れたら空に豆まいて

2時間半で10曲という、ゆったりとしたライブ。そうなった理由の一つはこの畳敷きの真ん中にミュージシャンが向かい合わせで座るという異例なセッティングによるもの。なんともくつろげる。まさに「友達のうちに遊びに来た」状態。

もう一つは前週の熊本で急性気管支炎になり、ライブ途中で声が出なくなるというアクシデントに見舞われ、その後なんとか治療したものの、なるべく穏やかに、というボーカルスタイルになったため。アップテンポな曲を避け、ゆっくりとしたナンバーを中心にセットリストが組まれたからだ。

晴れたら空に豆まいて九周年記念 orange pekoe acoustic duo set 3オレペコの二人も、一段高いところではない、しかも畳の上というのはこれまで経験がなく、向かい合わせも初めてらしい。普段はステージの上のモニタースピーカーで自分たちの出している音を聞いているが、この場合、客と同じ音を聞くことになるので、それも新鮮だったと話していた。

一番前を女性で、というリクエストは平地のため、座高が高い男性が前に座ると、うしろの女性が見えないから、という配慮だった。ちなみに、オレペコのライブの客層について言うと、やはり女性の方が多いが、男性もそこそこ来ている。年齢もばらけてる。20代~40代くらいだが、もっと上そうな人も結構いる。メインは30代。二人と同じ年代の人が多いのだろう。女性はペアかカップルが多いが、一人の女性もいるし、男性はどちらかというと一人が多いような気がする。一馬ファンのギター好きも結構いると思う。

晴れたら空に豆まいて九周年記念 orange pekoe acoustic duo set 3"Heavenly Summer"を演奏するのは珍しいが、これは季節がちょうど夏の終わりだから。"Calling You"は時々ライブでやるが、この曲もミニアルバムにしか入っていない。"Loop. Mind and Nature"なんて、商業デビュー前のシングルに入っていた懐かしの打ち込み時代の曲だ。
"Birthday Song"はこのライブ会場「晴れたら空に豆まいて」の9周年記念の一連のライブだから。"やわらかな夜""Love Life"といった定番に加え、"Oriental Jazz Mode"のいつものナンバー。アンコールの"New Days"はライブでみんなで歌うようにもってってるらしいが、こういう小さい車座に座っている状態だと余計に乗せやすい/乗りやすい。

途中、休憩が入ったり、トモジが書いた筆書きの「夏ペコ on the 畳」と「ギター馬鹿」をプレゼントするじゃんけん大会になったりと、楽しくのんびりとしたライブ。いつもよりMC長めで思ったのは、トモジが一馬くんをいじる量が多いこと。つまり、普段からずっとそうなんだろう。関西のボケ・ツッコミのノリというよりは、こうなるともはやSMだろうという域に。お土産にチロルチョコ二つ。トモジの描いたオレペコの絵。これは一馬くんの風体がジョン・レノンを目指しているところから。

晴れたら空に豆まいて九周年記念 orange pekoe acoustic duo set 4(ここのガンボスープがたいへんおいしゅうございました。クレオール料理なので豆が入ってるのかと思ったら、入ってないのが意外だった)。

私はオレペコのライブは久しぶりだった。1年以上行ってない。自分の都合で行けなかったこともあるが、トモジのNIAでの活動、その後の病気治療による休業などの影響。実際、トモジも東京ではオレペコとしては「凱旋公演」と言っていいほど久しぶりのライブだった。

それが、100人ほどのコアなファンによるアットホームなライブに仕上がったのは、実に良い体験だった。このライブはおそらくずっと二人にとっても記憶に残るものになるのではないだろうか。

■セットリスト
1.Heavenly Summer / Poetic Ore
2.Calling You /orange pekoe in Autumn
3.おくりもの / Wild Flowers
4.Loop. Mind and Nature
5.藤本一馬ソロ(ごめんなさい!わかりません)
6.Birthday Song /Modern Lights
7.やわらかな夜
8.flower /Oriental Jazz Mode
9.Love Life
(en)New Days /Oriental Jazz Mode

2014年4月20日

orange pekoe "Oriental Jazz Mode" Tour 2014

orange pekoe Oriental Jazz Mode Tour 2014メンバー9人(+ゲストダンサー1名)のフルバンド、2時間強のステージ。2013年10月に出された「Oriental Jazz Mode」中心というか、ラストのインスト以外はアルバム全曲演奏しました。4曲だけ昔の曲を。メンバーもレコーディング・メンバーが中心なのでかなりアルバムに近く、演奏のクオリティも高い。

ラジオで言ってたのが、このアルバムを製作するにあたり、単純にペルー・アラブ地域の音楽を取り込んでそのままなことを「カレーくさい」と言って嫌ったトモジだったそうですが、それはorange pekoeの音楽に昇華していないという意味。ではそのorange pekoeらしさとは、いろいろとあるのですが、やっぱり基本は一馬くんのギターだなぁと思いましたね。一発でorange pekoeの音になる。それを実はトータルでプロデュースしているのがトモジという不思議なペアだなーと。音づくりの中心はバンマスの一馬くんですが、全体を決めているのはボーカリストという、良いコンビです。

アラブバイオリンの及川さんがいつも苦悶の表情で演奏されているのですが、ちょっと笑顔になるとなんだかとても嬉しくなるのが不思議。この公演だけのゲストでオリエンタル・ダンサー(ベリー・ダンサー)のHuleyaさんが参加されたのですが、ベリー・ダンスは腹筋のインナー・マッスルの発達がすごいのだそうです。表面が割れるようなタイプの筋肉ではなく、中の方なので表面はふくよかなまま。プロになると、ほとんどのダンサーがぷっくりお腹がのっかっている感じになります。これが見慣れるまでちょっと気になって仕方がなかったのは、普段ベリー・ダンスを観る機会がなかったためなのでご容赦下さい。

orangepekoe20140418.jpg渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
open 18:30 /start 19:30

Vo:ナガシマトモコ
Gt:藤本一馬
Pf:吉澤はじめ
Perc:岡部洋一
Ba:工藤精
Dr:小松伸之
Tp:Luis Valle
T.Sax:森田修史
Arab Violin:及川景子
special guest/Oriental Dance:Huleya(東京公演のみ)


1. A Seed Of Love
2. シリウスの犬
3. 燈台
4. 月の小舟
5. Gipsy Soul "CRYSTALISMO"
6. Desert Dance
7. Foggy Star
8. 風の記憶(HOME)
9. Honeysuckle
10. 空に架かるCircle
11. やわらかな夜
12. Happy Valley
13. FLOWER
encole 1. A New Song
encole 2. Love Life


Oriental Jazz Mode/orange pekoe

> 「orange pekoe」の記事一覧