09/21

2018

浅草のチャリティ原画展『少女漫画家の描く猫たち』に行ってきました

ギャラリーエフ蔵1階本日より開催された波津彬子、篠原烏童、TONO先生のチャリティ原画展『少女漫画家の描く猫たち』に行ってきました。ギャラリーエフは蔵を改造したカフェ&ギャラリーで、雰囲気があって、とてもおもしろいです。2階にあがるのが少し怖いですけど、手すりもあるし大丈夫。ケーキもおいしいです。

ギャラリーエフは都営浅草線浅草駅A5出口からすぐ。まずカフェで注文して、落ち着いてから、奥の蔵に進みますが、手前で靴を脱ぎます。撮影は1枚の原画ではなく複数で、ギャラリー全体が入るように。会期や注意書きはこちらに詳細があります。

ギャラリーエフ一点だけ気になったのは、原画にタイトルがないことです。名古屋も川越もついていました。マンガの原画は一枚の絵としても独立していますが、作品の一部であり、その作品世界への入口でもあると私は考えています。原画を見てその作品を再度読んでみたい、と私は思うことがよくあります。ふんわりと絵を見て楽しむだけならタイトルなしで良いと思いますが、絵画展であることを考えると、本当ならサイズと技法も欲しいと常々思っています。

私が記憶で訴求したタイトルを下記に記載します。この先、入れ替え等があるかどうかは不明です。

ギャラリーエフ○カフェスペース
プリマグラフィ2枚
「お嬢様のお気に入り」
「ふるぎぬや紋様帳」

原画ダッシュ3枚
「千波万波」
「クレア嬢のお相手」
「蔵のある家」

○蔵1階
原画1枚
「ふるぎぬや紋様帳」2巻表紙

○蔵2階
原画9枚
「密やかな場所」8枚(「波津彬子画集 万華鏡」)収録
「レディ シノワズリ」

波津彬子・篠原烏童・TONO チャリティ原画展 『少女漫画家の描く猫たち』
会期: 2018年9月21日(金)〜11月10日(土)
会場:ギャラリー・エフ 浅草(東京都台東区雷門 2-19-18)

2017,9.10 名古屋
2018.3.2 川越

07/24

2018

礒谷友紀「ながたんと青とーいちかの料理帖」1巻

礒谷友紀「ながたんと青とーいちかの料理帖」1巻 『KISS』連載から読んでいます。老舗料亭をつぐはずだった主人公が洋食シェフになり、彼女のつくるものがとにかくおいしそうで、掲載されるのを楽しみに読んでいました。サンドイッチもアイスクリームもおいしそう。

戦時中に短い結婚生活しか送れなかった主人公は戦後一人で生きていこうと懸命に仕事に励んでいたのに、15歳歳下の生意気な小僧と結婚する羽目になったのですが、老舗料亭に洋食シェフという設定がおもしろい。これからどんなお料理が見られるのでしょうか?

単行本で読むと戦後の時代背景、京都と大阪の気質の違い、古い建物の精密な絵と、たくさんの見どころをかかえた作品です。しかしながら、作品を最も魅力的にさせているのは、新進気鋭の女の人が描かれてること。コックとして一人前になろうとしてる主人公の料理を楽しむ姿もいいなと思いますし、GHQで物資補給に辣腕を振るう女性もそうです。夫や子供と離れ離れになっていて早く帰りたい一心で異文化を受け入れにくく、頑なになっていた心を溶かしていくところもいいですね。

料亭の行く末も気になるし、たくさんの料理を見たいし、すでに夫婦になっている二人の恋もどうなるか。長く続いて欲しい作品です。

礒谷友紀「ながたんと青とーいちかの料理帖」1巻
講談社 2018.7.1

03/02

2018

川越の「波津彬子チャリティー原画展 ~猫のいる密やかな場所~」に行ってきました。

平蔵カフェ川越のGallery & Cafe 平蔵へ「波津彬子先生のチャリティ原画展~猫のいる密やかな場所~」を見に行ってきました。名古屋の前期に行ったので、川越は後期にと思っていたら、逆の方がよかったらしく、かなり絵はダブりましたが、でもまた見ることが出来てよかった。

会場 : Gallery & Cafe 平蔵(埼玉県川越市南通町8-6)
会期:2月7日(水)~ 3月4日(日)

10/15

2017

「高野文子の描く昭和のこども原画展」に行ってきました。

高野文子の描く昭和のこども原画展チラシ昭和のくらし博物館の特別展「高野文子の描く昭和のこども原画展」に行ってきました。昭和の暮らし博物館という会場に合わせ、高野文子先生の作品の中から昭和のこどもを描いた原画を展示する企画です。

会場の昭和のくらし博物館は東急池上線久が原駅から徒歩8分。東急多摩川線の下丸子の駅からも同じくらいだそうです。駅からの道はわかりにくくはないですが、途中には目印がないので、調べておく必要はあります。閑静な住宅街の中にある、昭和に建てられた民家を利用した建物。入口から入ると左手に受付があり、ここで入館料500円をお支払いします。

昭和のくらし博物館入口会場建物の全体の構成は展示室案内にあります。玄関の戸をガラガラとあけて普通のお宅にお邪魔する感覚で自然と「お邪魔します」と声が出ます。そして当然のように靴を脱いであがります。展示室はこのページの「小泉智代記念室」の位置にありますので、お茶の間やお台所、お座敷を眺めて雰囲気を味わいながら進みます。後からゆっくり拝見しようと、気持ちは展示室へはやり、増築部分の2階にあがります。

展示室の中はこんな感じでした(展示風景展示風景)。机の上に単行本が並べられ、原画の番号と一致させたしおりがページに挟まれています。このページの原画がこちらです、という意味で、とても親切です。

原画は22点、カラー8点、モノクロ14点です。内容は以下の通り。
(ネタバレになるので、これから行かれる方はここはスルーしてください。)

No作品名収録単行本
1春ノ波止場デウマレタ鳥ハおともだち13カラー
2春ノ波止場デウマレタ鳥ハおともだち14カラー
3春ノ波止場デウマレタ鳥ハおともだち15カラー
4春ノ波止場デウマレタ鳥ハおともだち17カラー
5絶対安全剃刀絶対安全剃刀表紙カラー
6おともだちおともだち表紙・裏表紙カラー
7しきぶとんさん
かけぶとんさん
まくらさん
しきぶとんさん
かけぶとんさん
まくらさん
表紙カラー
8青い鳥青い鳥表紙カラー
9美しき町棒が一本7モノクロ
10美しき町棒が一本13モノクロ
11奥村さんのお茄子棒が一本147モノクロ
12奥村さんのお茄子棒が一本151モノクロ
13奥村さんのお茄子棒が一本161モノクロ
14奥村さんのお茄子棒が一本193モノクロ
15奥村さんのお茄子棒が一本195モノクロ
16美しき町棒が一本19モノクロ
17美しき町棒が一本21モノクロ
18黄色い本黄色い本33モノクロ
19黄色い本黄色い本43モノクロ
20黄色い本黄色い本45モノクロ
21黄色い本黄色い本31モノクロ
22Tさん(東京在住)は、
この夏、盆踊りが、
おどりたい。
どみとりー
ともきんす
121モノクロ
プレスリリースには26点とあったのであとの4点は何か伺ったら「ガラスケース内の"もんぺ"の絵が3点。キャラ設定アイデア段階の下絵作品群をまとめて1点と数えた」とのことでした。

今回の展示のポスターにも使われた「おともだち」の原画ですが、単行本がほぼ原寸大の大きさで、意外と小さいなという印象。裏表紙の女の子二人も展示されていました。カラー原画、美しくてため息が出ます。モノクロ原画は高野先生の独特のトーンの使い方、やわらかい線を堪能しました。

これら原画の額装のマット、もしくはマットボードと呼ばれる部分の布を高野先生ご自身で選んでつくられたそうです。

ガラスケースの中は新作の構想で途中で止まっているという「にっぽんのズボン」という作品についての展示でした。「日本の労働着―アチック・ミューゼアム・コレクション」(中村たかを著 源流社 1988.7)という本がきっかけで思いついたのだそうです。本の中にあった型紙をもとに実際につくってみたミニチュアのズボンや、登場するキャラクターの一覧などが展示されていました。どんな作品かというと「タイプの違った三人の女の子が登場し、自分の履いているズボンがいかに優れているかを自慢し合うというアクション・ラブコメ(?)」だそうです。

お裁縫がとてもお上手な高野先生ですが、お母様が和裁をされていたそうで、子どもの頃からお手伝いされていたのでしょう。

このペーパークラフトは展示室の下の談話室にあります。この談話室にはフェリシモから出ていた赤木かん子さんの絵本「火打ち箱」が紙芝居になっておかれていました。この紙芝居の中のペーパークラフトは高野先生がつくられたものです。

1階のお部屋に「昭和の暮らし」が再現されています。お台所やお茶の間をじっくり見た後、別の階段から2階のお部屋にあがります。ここでは企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」が開催され、こちらの「山口さんちの子どもの部屋」も高野先生がつくられたものだそうです。

高野先生は現在大田区にお住まいだそうで、この「昭和の暮らし博物館」のお近くのようです。昨年もこの博物館でワークショップを開かれました。今回も期間中にワークショップが2回、トークショーが1回開催されます。

高野文子てぬぐい帰りがけに受付の中はショップになっているので立ち寄って手ぬぐいを購入しました。蔵だったような風情の建物でした。

会期:2017年10月6日(金)~12月24日(日)10:00~17:00 ※開館日は金・土・日・祝日のみ
会場:昭和のくらし博物館 東京都大田区南久が原2-26-19
入館料:大人500円/小学生~高校生300円

イベント(すべて受付終了)
◆トークイベント
10月21日(土)13:00~15:00「50年前 わたしのこども時代」高野文子さん×里村洋子さん(昭和のくらし博物館研究会員・新潟県在住)会場:鵜の木特別出張所/定員:100名/参加費: 1,000円(入館料込み)
◆ワークショップ―高野さんと昭和の手仕事をしよう!
10月29日(日)13:00~17:00「キモノ解きのつどい」
12月2日(土)10:30-14:30「障子張りと障子の切り紙づくり」

昭和のくらし博物館 サイトTwitterfacebookページ

09/10

2017

「波津彬子チャリティー原画展 ~猫のいる密やかな場所」に行ってきました。

カフェシャルトンルージュ波津彬子先生のチャリティー原画展に立ち寄りました。新神戸から名古屋途中下車です。波津先生セレクションベルガモットアールグレイのアフタヌーンティーセット。ヴィルヘルムのお皿。この作品、かなり好きでした。数ある波津作品の中でも私のベスト5に入るシリーズです。

会場:カフェ・シャトンルージュ
会期:2017年9月6日(水)~10月30日(月)
前期:9月6日~10月2日、後期:10月3日~10月30日
前期・後期で約3/4の作品が入れ替わり

●前期です。
原画 20点
「九つの命の魔法」8点
「猫は秘密の場所にいる」3点
「フラワーズ表紙」
「扉をあける風」
「ヴィルヘルム」
「姫の恋わずらい」
「銀猫堂奇譚・水琴館の惨劇」
「女神さまと私」
「夜のやさしい手」
「タマはミヌーヌ」(「ネコのミヌーヌ」映画パンフレット)2点

原画ダッシュ 3点
「千波万波」
「蔵のある家」
「クレア嬢のお相手」