最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「エベリオ・ロセーロ」 の検索結果(1/1)

2012年3月 2日

無慈悲な昼食/エベリオ・ロセーロ

無慈悲な昼食物語というよりは、四幕ものの舞台のようだ。教会という密室の中でのみ行われるからだが、そのドタバタぶりが舞台上の出来事のように見えるからだ。最初から老人たちが好き放題やっている、そのうち教会のメンバーが順次やりたい放題になってきて、最終的にずっと己の獣性を隠して耐えてきたタンクレドも爆発してしまう。まるでスラップスティック・コメディのようだ。それでもやはり教会が舞台なので、ゴシックホラーのようなムードもずっと流れていて、途中、本当にホラーになってしまう。

教会の慈善事業としての「慈悲の昼食」には老人や貧しい人々がやってくる。老人たちの食事の面倒を見ているのはおそらく「二分脊椎症」の障害をもっていると思われる青年タンクレド。彼はおそらくは親に捨てられ、小さい頃からこの教会で育った。彼をひきとったのは教会の代表を務めるアルミダ神父。ザビーナという少女もこの教会の聖具室係の養女になっているが、養父の目的はわかりきっている。そして三人のリリイと呼ばれる賄い婦たち。

教会のスポンサーたる富豪の家に行かなくてはならないため、ミサを執り行うことが出来ないアルミダ神父の替わりにやってきたのがサン・ホセ・マタモーロス神父。この神父がまたのんべえのしょうもない神父なのだが、歌による説教は抜群の人気。説教の後、教会のメンバーはこのよそ者に余計な話を次々と始める。

お酒、性、お金と登場人物みんな俗物すぎておかしい。あからさまな教会批判なのだろう。その後、内戦の結果亭主を失った女たちの話や虐殺を暗示する事件、教会の婦人会の怪しげな動きなどコロンビアの内政の政治批判も入っていると思われる。

それでもやはり「顔のない軍隊」と同様、暗いのにどこかユーモラスなのが著者の持ち味なのかもしれない。


■書誌事項
著者:エベリオ・ロセーロ著,八重樫由紀子,八重樫克彦訳
書誌事項:作品者 2012.2.29 347p ISBN978-4-86182372-5
原題:Los Almuerzos : Evelio Rosero 2009

顔のない軍隊/エベリオ・ロセーロ

2011年2月17日

顔のない軍隊/エベリオ・ロセーロ

顔のない軍隊コロンビアの新鋭作家だというふれこみ。しかもタイトルに「軍隊」とある。さぞ麻薬と武装勢力でドンパチやるんだろうと思いこんで読み始めると、拍子抜けするほど、のんきな出だしだ。70を過ぎる元教師のじいさんに困った性癖があって、それは覗きだ。オレンジの木をもいでいるふりをして、隣家の奥さんの姿を覗いている。隣家のダンナもじいさんの妻も気付いていて、困ったものだと思っている。「やれ、じいさんや」「ほれ、ばあさんや」クラスののんびりさ加減から、次第に彼等のおかれた状況が明らかになっていく。

途中、じいさんとばあさんが、まるで不条理劇のような追いかけっこを始めてから、村の様子が不気味さを増していく感じが何とも言えず、怖い。のんきな隣家の夫も妻も息子も、町の飲み屋の親父も、エンパナーダス売りの男も、結局みんな消えていく。

舞台となっている村はどこにでもある平凡な地方の村。つまり、現代の日本に置き換えると、青森や秋田の山岳地帯の山村で、政府軍と左翼ゲリラと自警団に発する右翼勢力が、麻薬や誘拐の身代金を資金源に勢力争いを展開している。誘拐されて、身代金を払えず殺される村人たち。残された人たちは、逃げだそうにも地雷の埋まった道を通らなくてはならないので逃げられない。時々やってくるテレビ・クルー。その状況を東京の人たちはテレビで見ている。麻痺してしまって無関心。村から逃げてきた人たちがひっそりと都会の片隅で生きるために犯罪を犯している。コロンビアは今そんな状況らしい。すごい。

この、じいさんの「本当に状況がわかってるの?」的なのんきな語り口調だからこそ、リアルに迫ってくる、この怖さ。できあがった原稿から量を半分に削ってスピード感を出したという、作家の大胆な試みは成功している。一気に読める量だ。大丈夫。誰にでも勧められる。


著者:エベリオ・ロセーロ著,八重樫克彦,八重樫由貴子訳
書誌事項:作品社 2011.2.5 238p ISBN978-4-86182-316-9
原題:Los ejércitos. Evelio Rosero, 2007

無慈悲な昼食/エベリオ・ロセーロ