最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「ヴィム・ヴェンダース」 の検索結果(2/2)

   1   2

2002年1月26日

さすらい

「さすらい」■Im Lauf der Zeit, 1976 西独
■スタッフ
監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
製作:ミヒャエル・ヴィーデルマン
撮影:ロビー・ミューラー Robby Müller/マルチン・シェイファー
音楽:インプルーブド・サウンド
出演:リュディガー・フォグラー Rüdiger Vogler/ハンス・ツィッシュラー Hanns Zischler/リサ・クロイツァー Lisa Kreuzer/ルドルフ・シュントラー Rudolf Schundler
■感想
ロードムービー三部作の最後。3作品の中では、これが一番好きなのかもしれないなぁとあらためて思った。「都会のアリス」の方が人には勧められるけど、意外と肩肘貼って見ている自分がわかるし、「まわり道」は観念的すぎる。約3時間の長丁場、のんびり開放的な気分で見られるし、これが一番ロードムービーらしい作品。エンディングも楽天的。ヴェンダースの中では最も楽観的な結末となっている。
西ドイツと東ドイツの国境あたりをロケハンだけしっかりやって、脚本はなし。脚本も決めずに撮影に入って、即興的な部分の良さを保ちつつ、作品としての質を下げず、怠惰な感じを出さないなんていうのは、奇跡的な出来事だったのだろう。
登場人物二人のそれぞれの故郷へ立ち寄る場面があるが、ブルーノの「ライン」って何だろうと思っていたら、本当にライン川の中州に家がある。なんだ
車窓風景やサイドカーで走る場面、とぎれとぎれに挟まれるディランの歌。とてもカッコいいのだが、この辺りは、どうしたって60年代末から70年代のニュー・アメリカン・シネマのロードムービーの影響が感じられるが、一目瞭然で違いが出ているのが、モノクロ、という点だろう。「まわり道」を何故カラーにしたのか、という問いに「原作があるから」というよくわからないWWの答えがある。「自分の世界なら絶対モノクロ、他人のものならカラー」というこだわりがあったようだ。
最後の方になると台詞が映画に関する演説になっていて、それがヴェンダースらしいと言えばらしいが、わりといい気分で引っ張ってきたのだから、やめた方が良かったんじゃないかな。

2002年1月20日

エンド・オブ・バイオレンス

エンド・オブ・バイオレンス■The end of violence, 1997 独
■スタッフ
監督・製作: ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
製作: ディーバック・ネイヤー Deepak Nayar/ニコラス・クライン Nicholas Klein
脚本: ニコラス・クライン Nicholas Klein
撮影: パスカル・ラボー Pascal Rabaud
音楽: ライ・クーダー Ry Cooder
出演: ビル・プルマン Bill Pullman/アンディ・マクダウェル Andie MacDowell/ガブリエル・バーン Gabriel Byrne/ローレン・ディーン Loren Dean/トレイシー・リンド Traci Lind/ウド・キア Udo Kier/サム・フラー Sam Fuller
■感想
タイトルからハリウッド映画のサスペンス映画を予想して観た人はものすごくつまらなかっただろう。そうでない人でも、よほど物好きじゃないと面白くないだろう。アイディアは良いけど、未消化だとか何とか言われそう。
ハリウッドのバイオレンス映画への皮肉なんだろうか。わざわざドイツ資本でアメリカまで来てアメリカを舞台にアメリカの俳優を使う。ビル・プルマンは「インディペンデンス・デイ」で当時大統領だったビル・クリントンを狂喜乱舞させた大統領役というところで、まぁ、これぞまさにアメリカ人俳優。アンディ・マクダウェルは違うけど、単に趣味だったということか。
主人公秘密裏に都市を監視するシステムを作っている技師からFBIの機密文書が送られて来たことで命を狙われる大物映画プロデューサー。彼は自分が何故狙われているのかは探るけど、それ以外に危険そうな行動をとらない。わけのわからない事件に巻き込まれた主人公は、危険を省みず敵と対決するもんだけどね、普通。そいで必ずペアになってくれる女がいたりして…。そういうのをあえて避けているところが嫌みったらしくて、私は好きだ。
ホッパーの「ナイト・ホークス」の絵がバッチリ組み込まれていたりして、おいしい映像もあるし、それなりに楽しめたが、まぁ、すごく面白かったとは言い難いだろう。

2002年1月15日

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ■Buena Vista Social Club, 1999 独/米/仏/キューバ
■スタッフ
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
製作: ライ・クーダー Ry Cooder, ジェリー・ボーイズ
撮影:ロビー・ミュラー Robby Müller
出演:イブライム・フェレール Ibrahim Ferrer/ルベーン・ゴンザレス Rubén González/オマーラ・ポルトゥオンド Omara Portuondo/エリアデス・オチョア Eliades Ochoa/ライ・クーダー Ry Cooder/ コンパイ・セグンド Compay Segundo/オルランド"カチャイート"ロペス Orlando 'Cahaito' López/アマディート・バルデス Amadito Valdés/マヌエル"エル・グアヒーロ"ミラバール Manuel 'El Guajiro' Mirabal/バルバリート・トーレス Barbarito Torres/ピオ・レイバPio Leyva/マヌエル"プンティジータ"リセア Manuel 'Puntillita' Licea/フアン・デ・マルコス・ゴンサレス Juan de Marcos González
■感想
キューバ音楽に魅せられたヴェンダースとライ・クーダーが作った音楽ドキュメンタリー。1997年、ライ・クーダーがキューバの老音楽家たちと録音したアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、世界中で100万枚以上のセールを記録し、1997年のグラミー賞を受賞した。2年後、ヴェンダースを伴いライ・クーダーはキューバに戻る。ハバナの情緒豊かな街並みとスタジオ録音風景、アムステルダムでのコンサート、ニューヨーク・カーネギーホールでのステージを織り交ぜ、老ミュージシャンたちのインタビューが収録されている。
ヴェンダースは「夢の涯てまでも」でどうにもこうにも終わったな、という印象が強く、その後の作品は観ていなかったが、ドキュメンタリーなので少し安心し、話題作だったので、とりあえず見ておこうかと思った。
とにかくおじいちゃんたちの元気なこと。この映画は音楽がメインなので、あえて映像に触れるとすれば、全編ソニーのデジカムで撮られていることが特徴かと思う。非常にクリアな映像で、「都市と都市とモードのビデオノート」を撮った人からしたら、当然の選択なのかもしれないが、もったいない。ロビー・ミュラーを使った意味があまりないかも...と思いつつ、織り込まれるハバナの風景に見入る。フィルムで見たかったなぁ。
あまりワールド・ミュージックを聞き慣れていなくても、この映画で充分キューバ音楽が堪能できる。CDだけで聞くより、多分ずっといいだろうと思う。
それにしても、ハバナの海の荒さに驚いた。あれではうかうかすると車ごと波にもっていかれる。レイナルド・アレナスを読んで来て、ハバナの海ってどんな海なんだろうと思っていた。あの悲惨なキューバもまた事実で、この明るいキューバもまた事実なのだろう。

2001年12月14日

まわり道

■Falsche Bewegung, 1975 西独
■スタッフ
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
脚本:ペーター・ハントケ Peter Handke
原作:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「ヴィルヘルム・マイスターの修業時代」
撮影:ロビー・ミュラー Robby Müller
音楽:ユルゲン・クニーパー Jürgen Knieper
出演:リュディガー・フォーグラー Rüdiger Vogler,ハンナ・シグラ Hanna Sehygulla,ハンス・クリスティアン・ブレヒ Hans Christian Blech,ナスターシャ・キンスキー Nastassja Kinski

■感想
ヴェンダースがディスコで見つけた女の子をスカウトし、家に行ってみたらクラウス・キンスキーの家だった、という有名な逸話がある。ナタ・キン14歳のデビュー作。台詞なし、ヌードあり。しかも役名が「ミニヨン」なんだから、とてもめぐまれている。
ミニヨンってのはドイツ文学を学ぶ者なら知らぬものはないキャラクター。ファウストのベアトリーチェに匹敵しますな。ただ、どうもこのナタ・キンってば、ちょっとロリ入ってる気もしなくもないんだが…。
ハントケの脚本は…正直言っていつも面白いとは言い難い。でも、どうにもこうにも、この不思議なだら〜とした空気の流れが好きなんだな、私は。ロード・ムービー3部作、3本とも共通した空気がある。都会のアリス、まわり道、さすらいの3本なので、次は「さすらい」。

2001年10月28日

都会のアリス

■Alice in den Städten, 1973 西独
■スタッフ
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
撮影:ロビー・ミュラー Robby Müller, マルティン・シェーファー Martin Schäfer
音楽:CAN
出演:リュディガー・フォーグラー Rüdiger Vogler,イェラ・ロットレンダー Yella Rottländer,リサ・クロイツァー Lisa Kreuzer

■内容
ドイツ人ジャーナリスト、フィリップ・ヴィンターは、アメリカでの旅行記執筆に息詰まり、ドイツに戻ることを決意する。そんな時、彼はドイツ人女性リザとその娘アリスと出会い、行動を共にすることになる。しかし、出発の朝、突然リザが姿を消してしまう。残されたアリスとフィリップは共に行動するにつれ、奇妙な友情で結ばれていく‥‥。

■感想
LDをもっていたのに、DVDを買ってしまおうパターン開始。そんなに慌てて買うつもりはなかったのだが、1998年発売の作品とあっては、いつなくなるかわからない。というわけで当分Wenders作品に集中することにした。これはジャケットの写真がLDの方が俄然よかった。
Wenders作品の中では“Paris,Texus”に次ぐ第二位を譲らないこの作品。誰が見ても多分この時期の作品にしては珍しく退屈しないと思う。私はあのまったり感がどーも好きなんだから、いいんだけど、人によってはロードムービー3部作とか退屈だろうなーと思う。
先月見た「緋文字」は作品としては失敗に終わったが、この作品を生みだすきっかけになったのだった。リュディガー・フォーグラーとイェラ・ロットレンダーの気が合うところを見て思いついた、というんだから単純。アリスの母親役のリザ・クロイツァーとはこの直後かな?ヴェンダースと結婚する。そのままアメリカの友人まで4本出て、そいで離婚して、次がNick's Movieの時の奥さん(ロニー・ブレイクリー)に続くわけ。そのあとまた離婚する。そいでちょっと飛んで八代亜紀(ソルヴェイグ・ドマルタン)と結婚して、また離婚してるんだから。この人は奥さん出すの好きなんだな。とは言え、56歳で離婚歴5回は立派。
アメリカを旅して自分を見失った男が、小さな女の子とアムステルダムからドイツを旅して自分を取り戻す物語。何故アメリカを旅すると自分を見失うか、というのが問題。映画の中では「どこへ行っても変わらない」ことを理由としてあげているが、それだけかなぁ。なんだかアメリカに対して失礼な気がするが。それでいてジョン・フォード追悼してるんだよな。日本だって北海道と沖縄以外は「どこへ行っても変わらない」と私は感じるが。
アリスがものすごくかわいい。生意気だけど、時々子供らしいところ見せるし。
こんなこと言っちゃいけないんだろうけど、今だったらこいつ犯罪者に即間違われそう。どう見ても娘には大きすぎる女の子を連れて歩いてる浮浪者みたいな30男の旅物語なんて、今だと成り立たない気がする。イヤな世の中になったもんだ。

2001年10月14日

ニックス・ムービー―水上の稲妻

■Nick's Movie : Lightning Over Water, 1980 西独
■スタッフ
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
撮影:エド・ラッハマン Ed Lachman, トム・ファレル Tom Farrell (Video)
音楽:ロニー・ブレイクリー Ronee Blakley
出演:ニコラス・レイ Nickolas Ray,ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders,トム・ファレル Tom Farrell,スーザン・レイ Susan Ray

■感想
「理由なき反抗」「大砂塵」などで知られるニコラス・レイ監督をヴェンダースが訪ねて来る。ガンに侵されたニックの病状が予想以上に重いため、共同で映画を作ることを諦め、かわりに死期の近いニックの姿を追うドキュメンタリーを撮影することになる。
これはノンフィクションなのか、フィクションなのか、ドキュメンタリーなのか。家庭用ビデオの画面と、普通の映画らしいアングルでの35ミリフィルムと思われる画面とが交錯して、よくわからなくなってくる。演技指導したり、ミステイクもそのまま流しているし、かと思うと明らかに画面としては失敗しているが音声のためだけに残したかのような画像も入り込んでいる。
そういう混乱がまさにこの映画らしいところで、現実的に死を追っているさなか、フィクションがノンフィクションを浸食していく様をそのまま描き出している映画なのだろう。
「アメリカの友人」で海外からも一定の評価を得るようになり、コッポラに呼ばれてアメリカに向かったヴェンダース。映画「ハメット」脚本作成中からコッポラともめ、そのもめてる最中に撮られた映画。「ハメット」がものすごく「作り物」の世界なものだから、欲求不満が爆発したかのよう。
ニコラス・レイは「アメリカの友人」のギャング役がカッコよかった。しかし、もう当時から病魔に冒されていたのかもしれない。この映画では抗ガン剤で髪が抜け落ちて悲惨な姿だが、それは実は家庭用ビデオだけで、映画の画面になると、とたんにしぶい。パジャマやシャツなどに必ず「赤」が入る。今回の撮影はロビン・ミュラーじゃないのに、まるでミュラーの「赤」のようだ。
ヴェンダースと1978年に結婚し、1981年に離婚したロニー・ブレイクリーが主題歌を歌い、出演している。この前作の「アメリカの友人」ではリサ・クロイツァーが出演していたが、この当時はたしか結婚してたと思う。ロニー・ブレイクリーはこの映画のためだけの結婚かのように見える。
しかし、なんだこのAmazon.co.jpの「ビム・ベンダース」ってのは。見つけられないぞ、これじゃ。

2001年9月 9日

緋文字

■Der Scharlachrote Buchstabe ,1972 独=西
■スタッフ:
監督:ヴィム・ヴェンダース Wim Wenders
原作:ナサニエル・ホーソーン Nathaniel Hawthone
撮影:ロビン・ミュラー Robin Muller
音楽:ユルゲン・クニーパー Jurgen Knieper
出演:ゼンダ・ベルガー,ハンス・クリスティアン・ブレヒ.ルー・カステル,イェラ・ロットレンダー,リュディガー・フォーグラー

ヴェンダースの作品のうち、卒業制作の「アラバマ2000光年」(1969)から「夢の涯てまでも」(1991)の間で見てないものはこの「緋文字」と「ニックス・ムービー」の2本だけなので、せっかくDVD PLAYER(SONY DVD PLAYER DVP-NS500P)を買ったことだし、ちょっと見てみた。
劇場用映画としては3作品目なのに、もうカラー。しかも、時代ものってこれだけか?どの本を読んでも、あまり面白くなさそうなので避けていた。期待していなかった分、楽しめた気がする。
父親は誰だ?という謎は実は当初から明らかになっており、それよりは「何故そこまでして隠すのか?」という疑問を引っ張って、最後まで退屈せずに済んだ。自然環境の厳しさが画面に全面に現れているので、新大陸に来たばかりの清教徒たちの宗教や戒律の厳しさを納得させる効果がある。全般的に暗く、寒そうな画像が多いが、唐突に明るい海の絵が出ると、その開放感に何故か安心してしまうのが、不思議だ。
姦通の証である赤い「A」の文字を胸につけ、堂々とした面立ちで父親の名を隠し続ける、自己犠牲の固まりのような主人公が実は非常に強い情熱の持ち主で、秘密の父親と旧大陸へ逃げようと誘うところで、ようやく何故隠し続けていたのかがわかる。父親の方は終始苦しんでいるだけで、その苦しみから解放されることの方が、本来の義務を果たすことより重要だったという、しょうもない奴だ。
子役のイェラ・ロットレンダーがかわいい。おなじみのリュディガー・フォーグラーがちょい役の水夫役で出ている。この二人が仲良くなって、それを見ていたヴェンダースが次回作「都会のアリス」を撮る気になった、ということだ。

   1   2