最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「ego-wrappin」 の検索結果(1/1)

2017年12月29日

ego-wrappin' Midnight Dejavu 2017

東京キネマ倶楽部ego-wrappin'の東京キネマ倶楽部、落ちたり当たったり、落ちたり当たったり、で2回目。東京公演のラストは12月24日というクリスマス・イブでした。よっちゃんは相変わらずカッコよくて、かわいくて素敵でした。森くんもホーンセクションのみんなも。

「キスのうまいあなた」はMighty SparrowのI'll be aroundのカバーですが、これ、音源ないなぁ。以前もライブでやってましたよね。新曲の「心象風景」はニューロマンサー(新宿文化センターホール)でも聴きました。わりとじっくりした曲が多かった。後半から走ってる感じ。カバーは「Rock Around The Clock」だけだったような気がしますが自信ない。
アンコールはサブステージから。やはり新曲。タイトルは不明です。ライブたくさんやりながら、ちゃんとつくってる。ありがたい。

キネマ倶楽部エレベーター客の方は2年前のときはもっと迫力あった気がしますが、こんなものだったかなぁ。年齢層はおそらく30~40代が主流で50代もいるかもしれない。すごく若くはないけど、スカ好きな男性はわりとイケてる人が多いと思います。あの混み具合ですから、若干のトラブルはちらほらと(ノレる曲になると後ろからがーっと真ん中に突っ込む一群、水がかかったどうこうの女性の声、ステージから投げられたトレーナーの取り合いでのどつき合い)。あまり激しくはなかったし。喫煙所にプルームテックやアイコスが大勢いて、以前より煙くないような気がしました。

セトリ
1.Sing Sing Sing(instrumental)
2.Neon Sign Stomp(Bright Time EP)
3.Knock Around The Clock(カバー)
4.PARANOIA(満ち汐のロマンス)
5.Crazy Fruits(満ち汐のロマンス)
6.Choo Choo Ch'boogie(Louis Jordanのカバー)
7.キスのうまいあなた(Mighty Sparrow:I'll be aroundのカバー)
8.GIGOLO(色彩のブルース)
9.あしながのサルヴァドール(Night Food)
10.老いぼれ犬のセレナーデ(Night Food)
11.Mughead Ska(Llans Thelwell & His Celestialsのカバー)
12.心象風景(新曲)
13.a love song(SWING FOR JOY)
14.かつて..。(満ち汐のロマンス)
15.色彩のブルース(色彩のブルース)
16.Mother Ship(ON THE SHIPS!)
17.雨のdubism(EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX)
18.くちばしにチェリー(Night Food)
19.love scene(ないものねだりのデッドヒート)
encole
20.新曲
21.サイコアナルシス(満ち汐のロマンス)
22.チェルシーはうわの空(Night Food)

22日のレポート:EGO-WRAPPIN'、アルバムへの期待も高まった年末恒例「Midnight Dejavu」(音楽ナタリー)

2017年11月 7日

ego-wrappin' ニューロマンサー 黄金色の夢奏者たち2

20171106-1.jpg
2017年11月6日(月)18:00開場、19:00開演。
新宿文化センターホール

このツアーは2回目。仙台や京都を回ります。ego-wrappin'は新宿文化センターホールは初めてとのこと。
なんとびっくり1番前の席。中納よっちゃんがあまりに近くてカッコよくて息が止まりそうでした。わざわざホールツアーを行うからには、普段よりは静かな落ち着いた曲が多いのですが、それでも飛び跳ねることははねます。前半は座って、後半スタンディングでした。

しかし「水中の光」と「admire」のあたりでは、特に個人的な思い出があるわけではなく、本当にあまりのうまさに感動して涙が出ました。会場中が感動につつまれた、その直後のMCが「お手洗い、大丈夫ですかぁ?」っていうのは、きっと照れてるんだなと。そしてピアニカ吹いた後、エヘヘと頭をかく姿がまたべらぼうにかわいかったです。


20171106-2.jpgVocal & Piano:中納良恵
Guitar:森雅樹
Drums & Percussion:ASA-CHANG
Drums & Percussion:菅沼雄太
Bass:真船勝博
Vibraphone & Keyboards:清水一登
Trombone:滝本尚史

1. オープニング
2. 旅先案内人[ON THE ROCKS!]
3. パンドラの箱[BRIGHT TIME]
4. 水中ゲーム[ON THE ROCKS!]
5. On you[steal a person's heart]
6. ウイスキーとラムネ[steal a person's heart]
7. 黒いセーター[ないものねだりのデッドヒート]
8. 新曲(曲名不明)
9. 水中の光[steal a person's heart]
10. admire[ROUTE 20 HIT THE ROAD]
11. Neon Sign Stomp[BRIGHT TIME]
12. PARANOIA[満ち汐のロマンス]
13. サイコアナルシス[満ち汐のロマンス]
14. a love song[SWING FOR JOY]
15. 心象風景(新曲)
16. Dog Smokie[mery mery]
17. HUMAN BEAT[ROUTE 20 HIT THE ROAD]
18. Nervous breakdown[ego-wrappin' 1996-2008]

en1.10万年後の君へ[steal a person's heart]
en2.~Midnight Dejavu~色彩のブルース[~Midnight Dejavu~色彩のブルース]

2002年7月11日

Night Food/ego-wrappin'

Night Food■EGO-WRAPPIN' 2002.7.5 ユニバーサル ミュージック
■感想
Ego-Wrappin'期待の新作。本当に期待を裏切らないパワフルな作品。インディーズの頃と比べるとメジャーになって、テレビドラマの主題歌もやって売れてるようだが、どんどん好きになっていく。

普通のバンドはデビューから時間が経過すると、洗練されて初期のパワーはなくなっていくものなのだが、このバンドの場合は関係なさそう。荒削りさが減っては来ていると言えちゃんと残ってるし、ソリッドだけどおどろおどろしいという変な感じ。とにかく集中させてしまう音。


  1. BIG NOISE FROM WINNETKA~黒アリのマーチングバンド
  2. くちばしにチェリー
  3. あしながのサルヴァドール
  4. 5月のクローバー
  5. チェルシーはうわの空
  6. PAPPAYA
  7. 老いぼれ犬のセレナーデ
  8. WHOLE WORLD HAPPY
  9. SORA NO LION

2002年1月10日

EGO-WRAPPIN'

His choice of shoes is ill
His choice of shoes is ill
2001.12.27
Midnight Dejavu〜色彩のブルース〜
Midnight Dejavu〜色彩のブルース〜 [MAXI]
2001.11.28
満ち汐のロマンス
満ち汐のロマンス
2001.5.30
色彩のブルース
色彩のブルース
2000.9.2

久しぶりにお気に入りのバンドを見つけた。テレビのランキング番組でほんの10秒聞いただけで「これだ!」と思った。間違いない。「エゴ・ラッピン」と読む。男女二人組だそうだが、バンドがしっかりしてるんだろうな。活動歴は意外と長いが、関西を中心にインディーズで活動。最近「色彩のブルース」がチャート・インして知られるようになったようだ。
かなり演奏はうまい方だと思う。しっかりジャズなんだけど、なんか違う。声がやっぱり変。この変さ加減が気持ちいい。ライブが見たいが、ライブハウスでがっちり聞くより、やっぱり人と話ながら、飲みながらの方が合いそう。
ジャケットが気持ち悪くて、カッコイイ。小澄源太というアーティストの手になるものだが、久しぶりに「ジャケット・アート」を見た気がする。
アルバムというよりミニアルバムが多い人たちだ。上記で全部ではないが、とりあえず私の気に入った4枚。