最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「W.G.ゼーバルト」 の検索結果(1/1)

2011年4月25日

カンポ・サント/W.G.ゼーバルト

カンポ・サント白水社のゼーバルト・コレクション5冊目。まとまった一つの作品ではなく、三部集のような体裁だ。

散文4本はコルシカ島探訪の紀行文。うまく続かずに頓挫してしまったものらしい。しかし、ちょっと紀行文なんだか現実なんだか幻想なんだかよくわからないところが、ゼーバルトらしい。この声高に叫ばない静かな筆致が何より好きだ。一方でトーマス・ベルンハルトのような罵倒しまくりも好きなところが、我ながらよくわからない。

私は亡霊や幽霊が普通に出てくる話が比較的好きだ。と言ってもオカルト好きなわけではない。日本人にとってはそんなに遠い存在ではないように思える。悪いのもいるが、みんながみんなそうではない。なんというか、自然にいるものとして認識している。ゼーバルトのお話に出てくる幽霊もそんな感じ。人間にとっては当たり前の存在のように登場している。ここにあるコルシカ島での死者の扱いに親近感を覚える。

エッセイの方になると、書かれた時期が違うこともあり、急に堅苦しい論文になる。それも時代を経て徐々に穏やかになっていくのだが。主にドイツ文学に関するエッセイ群である。

最初はペーター・ハントケの「カスパー」だが、ハントケの作品に限らず、カスパー・ハウザーについては独文者なら、うんざりするほど接しているだろう。文学や映画の素材として取り上げられることも多く、ゼーバルトもドイツ人・同時代人としてペーター・ハントケの戯曲に触発されるものがあったのだろう。

「歴史と博物誌のあいだ」は「空襲と文学」に内容は近い。第二次世界大戦で壊滅されたドイツの空襲を取り上げた数少ない作品、カザック、ノサック、クルーゲをとりあげている。「哀悼の構築」も引き続き戦後文学についてのエッセイ。ギュンター・グラス「蝸牛の日記」とヴォルフガング・ヒルデスハイマー「テュンセット」を中心に、第二次大戦直後、犠牲者を哀悼する文学が欠落していることを取り上げており、「空襲と文学」のテーマに寄り添っている。

二本のエッセイでカフカに触れている。1本目の「スイス経由、女郎屋へ」はカフカがマックス・ブロートとともにプラハからスイス、イタリア、パリを旅した日記に寄せたエッセイ。もう1本の「カフカの映画館」では冒頭、ヴィム・ヴェンダース監督の「さすらい」が取り上げられている。あまりの意外さに驚きながら読み進めていくと、主演のうちの一人、ハンス・ツィッシュラーの著書についてのエッセイだった。ハンス・ツィッシュラーは俳優としてのみならず、翻訳家、映画監督、演劇プロデューサー、出版人などマルチな人で有名だ。これまであまり触れられることのなかった内容のカフカ研究書「カフカ、映画に行く」を書いていた。これは知らなかった。

「赤茶色の毛皮のなぞ」はチャトウィンの「どうして僕はこんなところに」を読もうと思っていたところなので、タイミングが非常によかった。私は「パタゴニア」しか読んだことがないのだが、これがとても好きな本で、紀行ものとしては自分の中では3本の指に入る。ここにあるニコラス・シェイクスピアの「ブルース・チャトウィン」という伝記、誰か訳してくれないものか。

こういう評論集を読むと、W.G.ゼーバルトはやはり同時代の人だったんだなとつくづく感じる。池澤夏樹の解説が最後についているのだが、ほぼ同年代だそうだ。本当にこれから、というときに亡くなったんだなと思う。もったいない。このシリーズも残るは「アウステルリッツ」の改訳のみ。なぜ改訳を出すのかは出てみてからわかるだろう。新作はもう読めないのだなと思うと残念でしかたがない。

■書誌事項
W.G.ゼーバルト著,鈴木仁子訳
白水社 2011.3.30 216p ISBN978-4-560-02733-2
■目次
散文
 アジャクシオ短訪
 聖苑(カンポ・サント)
 海上のアルプス
 かつての学舎の庭
エッセイ
 異質・統合・危機―ペーター・ハントケの戯曲『カスパー』
 歴史と博物誌のあいだ―壊滅の文学的描写について
 哀悼の構築―ギュンター・グラスとヴォルフガング・ヒルデスハイマー
 小兎の子、ちい兎―詩人エルンスト・ヘルベックのトーテム動物
 スイス経由、女郎屋へ―カフカの旅日記によせて
 夢のテクスチュア
 映画館の中のカフカ
 Scomber scombrus または大西洋鯖―ヤン・ペーター・トリップの絵画によせて
 赤茶色の毛皮のなぞ―ブルース・チャトウィンへの接近
 楽興の時
 復元のこころみ
 ドイツ・アカデミー入会の辞

2008年11月13日

空襲と文学

空襲と文学本書は講演や論文で構成されているため、いつものエッセイなんだか小説なんだか、論文なんだか、つかみづらい独特のふわっとした感触のないところは寂しいが、ゼーバルトの文学観・歴史観を知る上では欠かせない一冊らしい。

ドイツ人の戦争責任に対する意識というテーマについては、過去に多くの書籍を読んだ。日本人との差をその都度強く意識させられた。が、逆にドイツ国民の被害者としての面が抑圧されているという話かと思い、本書を読み始めた。


ドイツ人が第二次大戦末期に被った絨毯爆撃攻撃に対して、声高にその戦略的・道義的に異議を唱えなかったのは


詮ずるところ、そのもっとも大きな原因は、何百万人を収容所で殺害しあるいは過酷な使役の果てに死に至らしめたような国の民が、戦勝国に向かって、ドイツの都市破壊を命じた軍事的・政治的な理屈を説明せよと言えなかったためであろう。

なんだか、すごく「ぶっちゃけ」なわけだ。

「言語を絶する」という表現があるが、空襲体験というのは未曾有の出来事で、その破壊のすさまじさはまさにそういう表現がふさわしい。だが、そこをあえて文学として昇華させていくことが何故出来なかったのか、というのが本書のテーマなようだ。読み進めていくと、空襲をテーマにした数点の作品は存在するが、それ以外は全然ダメだよ、という話だ。

資料性が高いものはあるが、それは文学ではない。あまりにも凄まじい体験だった故に実際に空襲に遭った人物がノンフィクションとして書かれたものも文学ではない。そして、幻想文学や技巧に走ったものも、拒否する。文学としてふさわしい作品をいくつか上げ、そしてそれらが受容されていないことを論証していく、そんな展開だ。具体的な例をあげてくれているが、なじみのある名前が見られる。

ノサックやジャン・アメリーに対する評論と、アンデルシュに対する評論と、並べて読んでみるとアンデルシュに対する情け容赦ない叩き方は半端ではない。私の持っているゼーガースの作品が収録された文学全集(集英社 1965)の巻にはノサックとアンデルシュが一緒に入っている。日本での扱いが「第二次大戦を描いた戦後文学」ということでひとくくりだったことがわかる。

ノサックあたりから読んでみようか。

■著者:W.G.ゼーバルト著,鈴木仁子訳
■書誌事項:新潮社 2008.10.10 349p ISBN4-560-02732-3/ISBN978-4-560-02732-5
■原題:Luftkrieg und Literature, 2001 W.G.Sebald

2007年9月10日

土星の環―イギリス行脚

土星の環―イギリス行脚刊行を待ち焦がれていて、すぐに購入したわりには、なんだかもったいなくてしばらく手をつけられずにした。それくらい大切な作家だ。しかし、それは何故なんだっけ…?と思って読み始めてすぐ、ああそうそう、この感じ。これが好き、と思い出す。不思議な感じがする。かつて一度も味わったことのない、妙な感じ。随筆でもなければ、小説でもなく、むろん学術書でもない。どこかにかならずホロコーストが入るところかわもわかるように、決して明るくはない。が、陰鬱というわけでもない。なんとも言えないユーモアがある。イングランドの寂しい風景がずっと続くのに、暗くない。心地よい静寂な感じ…とでも言ったら良いだろうか?

1992年に「私」=限りなくイコールに近いが完全にイコールではない=W.G.ゼーバルトがイングランド東部の海岸部を徒歩で散策したときの話。と言っても旅行記ではないし、随筆でもない。その地で実際に旅した情景もあるし、実際に出会った人も出てくるが、その土地土地にゆかりの歴史的な人物や事件、「私」が過去に別の場所で出会ってふと想起させられた人々などが次々と登場する。一応十章に分割されているものの、その一章の中のエピソードからエピソードへの流れは常に滑らかで、切れ目がわからない。


17世紀イギリスの医学者・哲学者トマス・ブラウンはノーフォーク州のノリッジで開業していた。1632年にオランダ・アムステルダムにて公開解剖が行われ、そのときの模様をレンブラントが描き出している。ひょっとしたらトマス・ブラウンはこの公開解剖を見学していたのではないか…?という「私」の想像から、滑るように思考は巡る。

19世紀の大実業家モートン・ピートーが建て、栄華を誇ったカントリー・ハウス・サマレイトン邸とピートー卿の指示のもとイギリス有数の保養地となったロウストフトという街の零落した姿が描かれる。浜の漁師からベルゲン・ベルゼンの強制収容所(アンネ・フランクらが送られた有名なユダヤ人強制収容所)の解放者の一人であったル・ストレインジなる人物、そして「ウクバール」と言えばボルヘスの作った仮想の地名(一言もボルヘスの名は出てきませんが)へと、どうやったらつなげられるんだろうという話を、特につなぐ意志もないようで、それでいてちゃんとつながっていて次々と展開されている。

順を追っていくときりがないが、アイルランド独立運動に荷担したとして処刑された外交官ロジャー・ケイスメント(1864~1916)、浪漫派詩人のアルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン(1837~1909)、「ルバイヤート」の英訳者エドワード・フィッツジェラルド(1809~1883)、フランスの政治家・作家のシャトーブリアン(1768~1848)ら多数の人が登場するが、特にジョゼフ・コンラッド(1857~1924)に関する部分が印象に残る。それはコンラッドがはポーランド出身のイギリスの作家だからだろうか。ゼーバルト自身、ドイツ出身のイギリスの作家だから。

「移民たち」を思い起こすまでもなく、ゼーバルトの作品に登場するのは、禁止されていた時代の同性愛者だったり、異邦人だったり、迫害から逃れた移民だったり、はたまた零落した地主だったりと、歴史の流れで世間からはじき出されてしまった人ばかりだ。

そして今回の「土星の環」では、日本人にはなじみ深い「栄枯盛衰」「盛者必衰」の言葉が浮かんで来そうな街や建物が多く登場する。「はかないのぅ…」という感慨はイギリス人も抱くらしい。

いずれにせよ、ゼーバルトの博学ぶりには恐れ入る。おそらく自分が学生だったら飛びつくな…と思う。調べているだけでも楽しそう。

■著者:W.G.ゼーバルト著,鈴木仁子訳
■書誌事項:白水社 2007年8月10日 289p ISBN978-4-56-002731-8(ゼーバルト・コレクション)

2006年1月31日

目眩まし

目眩まし■原題:Schwindel. Gefühle., 1990
■著者:W.G.ゼーバルト著,鈴木仁子訳
■書誌事項:白水社 2005.11.25 ISBN4-560-02730-7
■感想
ゼーバルトの処女作。「ベール あるいは愛の面妖なことども」「異国へ」「ドクター・Kのリーヴァ湯治旅」「帰郷(イル・リトリノ・イン・パトリア)」の長さの違う短篇4篇から構成されている。「ベール…」はナポレオン戦争に従軍したフランスの文豪スタンダールの、「異国へ」はゼーバルト自身の、「ドクター・K…」はフランツ・カフカの、「帰郷」は再びゼーバルト自身の過去への旅について。どれも「旅」を扱っており、チロル~ババリアの歴史を時間を越えて語りつつ、自分自身の過去とのつながりをつづっているように見える。

四篇に共通するキーワードは第一次大戦直前の「1913年」、そして永遠の漂泊者「狩人グラフス」である。カフカの短篇のタイトルだが、独文の人間にとっては「ファウスト」や「ミニヨン」ほどメジャーではないが、一応は知っていないとならない名前だったりする(フライング・ダッチマンとどちらがメジャーかな?)。なんとなく暗いイメージが強い人物だ。

「時とともにいろいろなことが頭のなかで辻褄が合ってきたが、かといってそれで物事がはっきりしたわけではない。むしろ謎めいていくばかりだ。」というのが「帰郷」で私が故郷に帰った理由である。明確になった過去の記憶は荒唐無稽でおぞましいものばかりだと。うんうん、わかるわかると聞き手の老人は言うのだが、さすがに私にはわからない。しかし、とても印象的な言葉なので記憶しておこう。

繊細で精密な文章のため、ほんの少しでも読み落としがあると、迷路に迷い混んでしまうのだが、ていねいに語を紡いでいくと、情景がふわふわっと、細やかに現れてくる、そんな感じである。原文がそうなのだろうけれど、おそらくは日本語訳がかなり良いのではないか?特に漢字の使い方が私は好きだ。やたらと漢字を多様するのでも、難しい漢字を使いまくるのでもなく、要所要所に面白い文字の使い方をしていて、魅力的な日本語に見える。

相変わらずノンフィクションなのかフィクションなのかわからないが、今回は一応スタンダールとカフカの伝記的事実員は基づいているらしい。だが、ゼーバルト自身の旅はどうなのだろう?エッセイのように見えて完全な創作なのだろうか。「帰郷」の中にもカフカの文章が多数織り込まれているらしいが、研究者でもない限りわからないのではないか?だから、巻末に池内氏の解説が入るのは当然と言えば当然か。

白水社もすごいなと思うのだが、ゼーバルト・コレクションとしてシリーズ化してしまった。次は柴田元幸氏訳で本年末刊行予定だそうで、愉しみである。

2005年12月23日

移民たち

移民たち■著者:W. G. ゼーバルト著,鈴木仁子訳
■書誌事項:白水社 2005.9.30 ISBN4-560-02729-3
■感想
なんとなく、はまったなという気がする。この作家のどこが好きなんだろう?手法が斬新で目新しいのは確かだ。まるでドキュメンタリーかノンフィクションのように入れ込まれている新聞記事や写真がいかにもそれらしいが、真偽のほどはわからない。だから、面白い。テーマも基本的には興味のある分野だ。本人がドイツを出てイギリスで教鞭をとったせいだろうけれど、登場するのは異国で暮らす人たちだ。しかし、その理由は、直接的にジェノサイドの影響がある。みなユダヤ人で、それも一つ二つ前の世代で、すでに亡くなった人たちなのだが、どうもその話としては暗いわりには、ユダヤ人ものの気の滅入る陰惨さがない。話としてはひどい話なのだが、不思議と清涼感というか、落ち着いた静寂感があるので、ふっと話に入って行ける。
本書は四編の短篇からなる。医者で、昔ははぶりがよかったものの、今は緩慢な死を受け入れているかのような奇妙な老人ヘンリー・セルウィン、小学校のときの担任教師で自殺したパウル・ベライター、大富豪の執事として仕え、最後は自ら精神病院に入り亡くなった大叔父アンブロース・アーデルヴァルト、マンチェスターいいたときに知り合った画家にマックス・アウラッハの4人の物語である。セルウィンはリトアニアの出身で、ベライターは両親が第三帝国に財産を没収されている。アウラッハに至ってはアウステルリッツと同様、両親がナチの収容所で死んでおり、自分だけがイギリスに送られて生き残っている。

いずれも主人公は物書きで、亡くなった人の記憶をもつ人物や資料を追いかけて記録している、あるいは亡くなりそうな人から譲り受けた資料などからその人物像を描こうとしているという前提で記述されている。主人公がなかなか筆が進まないものの、どうしても彼らの足跡を追いかけざるを得ない心情がひたひたと伝わって来る。

特にアウラッハの母親が描く子供の頃の手記が「まるでドイツのおとぎ話のよう」と書かれているように、美しく、そして非常に恐ろしい。何故こんな美しいドイツは失われなければならなかったのか、とても静かにだが、胸を打つ物語だ。

ところで、このゼーバルトの作品はゼーバルト・コレクションという全集になるそうだ。配本中の個人著作全集を心待ちにしながら読むなんて経験は初めてだが、とても楽しみである。

2005年11月15日

アウステルリッツ

黒い時計の旅■著者:W. G. ゼーバルト著,鈴木仁子訳
■書誌事項:白水社 2003.7.25 ISBN4-560-04767-7
■感想
ドイツ人でイングランドへ移民した作家ということで読んでみた。最初は建築史の話ばかりで面食らっった。文節の区切りもあまりないし、ちょっと途方に暮れたが、すぐに面白い筋書きの風変わりな小説であると気付く。面白い筋書きになる、とすぐわかったのは、アウステルリッツが自分の生い立ちを語り始めるところからだ。風変わりであるというのは、頻繁に関連する写真が入り込んで来るので、まるで伝記のようにも、あるいはアウステルリッツの語るエッセイのようにも見える点である。

人と人が行き交う、分岐点である「駅」という建築物に引かれるアウステルリッツ。自分の記憶が5歳以前くらいまではなく、自分の育ての親が養父であり、実際の親が行方不明であることを青年期に知って、以来ずっと意図的に自分の過去を探ろうとしない態度をとり続ける。

五十過ぎまで孤独に過ごし、突然ある建物の中に入り込んだことで、自分がどこから来たのかを思い出す。そこから記憶を辿ってヨーロッパ中を旅し、自分の出身国を訪れ、父や母の足跡を追う。そして、自分の過去にかかわる歴史的事実にも目を向けずに来たことに気付く。それはもちろんユダヤ人である自分のルーツ、両親のその後を知りたくなかったからだ。

彼が記憶を取り戻すきっかけになったのが建物であり、それまで建築、美術、歴史と様々な文化に触れてきたのに何故か「音楽」ではないことに意外性を感じた(後に音楽も登場するが)。五感の中で最も記憶と結びつきやすいのが聴覚=音楽だと私は思っているからだ。

残念ながら2001年に交通事故で亡くなっているそうだが、最近日本でもあと2冊翻訳されている。ぼちぼちと読んで見たい。