最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「Everything but the girl」 の検索結果(1/1)

2015年3月 5日

フィメール・コンプレックス 彼女が音楽を選んだ理由

Female Complex若干マイナーな女性シンガー18人をピックアップした本。Everything but the girlのトレイシー・ソーンが冒頭に取り上げられていたので買った。トレイシーについて日本語で書かれたものは珍しく、ましてや書籍に取り上げられることは、あまり見ない。貴重な本だ。

テーマが「彼女音楽を選んだ理由」なので、トレイシーがデビューする前の話が詳細に書かれてあって、マリーン・ガールズの結成前の話などは、私もここまで詳しくは知らなかった。できれば、ベンとの結婚、ベンの病気、双子の育児に奔走される日々、そして復帰。その辺もあるとよかったが、量の問題でやむを得まい。

あと一人、 Fairground Attlactionのエディ・リーダーも入っていたので、これもよかった。この人の事はよく知らなかったので。あとシャルロット・ゲンズブールは知ってるけど、他は知らない。一つ一つまずはYoutubeでも見てみよう。

トレイシー・ソーン(Everything But The Girl、Marine Girls)
キャシー・ラモーン(Vivian Girls、The Babies)
パム・ベリー(The Black Tambourine)
ロクサンヌ・クリフォード(Veronica Falls)
イザベル・キャンベル(Belle And Sebastian)
エディ・リーダー(Fairground Attraction)
ゾーイ・デシャネル(She & Him)
フランシス・マッキー(The Vaselines)
シャルロット・ゲンズブール
カトリーナ・ミッチェル(The Pastels)
リンダ・スターアリング(Ludus)
アリソン・スタットン(Young Marble Giants Weekend)
アメリア・フレッチャー(Talulam Gosh、Heavenly)
テネシー・トーマス(The Like)
カーティス・マッコール
クリスティーナ・モネ=パレエスィ(Cristina) 
ローズ・メルバーグ(Go Sailor、The Softies)
デプシー・ワイクス(Dolly Mixture)

「Female Complex 彼女が音楽を選んだ理由」
多屋澄礼著 DU BOOKS 2015.2.27 ISBN978-4907583361

Everything but the Girl Fan Site

2007年1月28日

ネオ・アコースティックの3枚

ネオ・アコースティックってすごく気恥ずかしい言葉なんである。若い頃から古い曲ばかり聴いていた自分にとっては、ほとんど唯一のリアルタイムでの流行にのっかったジャンルと言える。当時の感覚ではスミスも入るの?といったところもあるが、20年も経ってひとまとめにして聞いてみると、なるほど、ひとまとめにしても、あながち間違いではないなぁと思う。

カフェ・アプレミディ・シリーズの橋本徹の選曲なんだそうだが、カフェ・アプレミディって、なんだか、とってもオシャレで気持ち悪かったので、どうしようもなく買ってしまったチェリーレッド・フォー‥以外は近寄ってなかったのに。ちょっと悔しい。

やっぱり中心はスタイル・カウンシルとEBTGの2人だと思う。あと、代表的なのってアズテック・カメラだなと思う。私はちょっとそれるがフェアグランド・アトラクションが好きだった。それから、ロイド・コール&ザ・コモーションズとかペイル・ファウンテンズとかは聞いてたなぁ。今聞くととても恥ずかしいのがヘアカット100とかマット・ビアンコとかだな。知らない曲もたくさんあって、結構楽しめてしまっている。それにしてもシンプルでじゃかじゃかしたバックに甘ったるい男の声が続くオムニバス・アルバムだな(笑)とつくづく思う。

ネオ・アコースティック・ドリーム ~ジャスト・ア・ガール / neo-acoustic dream - just a girl

neo-acoustic dream - just a girl■Various Artists 2007年1月17日 東芝EMI TOCP-70160 \2,500
01. ジャーマン・ガール / ロータス・イーターズ<German Girl / The Lotus Eaters>
02. アバンダン・シップ / エイプリル・シャワーズ<Abandon Ship / April Showers>
03. オブリヴィアス / アズテック・カメラ<Oblivious / Aztec Camera>
04. ボーイ・ウィズ・ザ・ソーン・イン・ヒズ・サイド / スミス<The Boy With The Thorn In His Side / The Smiths>
05. ジャスト・ガット・ラッキー / ジョー・ボクサーズ<Just Got Lucky / Jo Boxers>
06. ウィンドウ・ショッピング / フライデイ・クラブ<Window Shopping / The Friday Club>
07. マン・オブ・グレイト・プロミス / スタイル・カウンシル<A Man Of Great Promise / The Style Council>
08. パーム・オブ・マイ・ハンド / ペイル・ファウンテンズ<Palm Of My Hand / The Pale Fountains>
09. センシズ・ワーキング・オーヴァータイム / XTC<Senses Working Overtime / XTC>
10. シンキング・オブ・ユー / カラー・フィールド<Thinking Of You / The Colour Field>
11. ウィッシュフル・シンキング / チャイナ・クライシス<Wishful Thinking / China Crisis>
12. メドウ・オブ・ラヴ / ペイル・ファウンテンズ<Meadow Of Love / The Pale Fountains>
13. キッド / エヴリシング・バット・ザ・ガール<Kid / Everything But The Girl>
14. プリーズ・プリーズ・プリーズ・レット・ミー・ゲット・ホワット・アイ・ウォント / スミス<Please, Please, Please Let Me Get What I Want / The Smiths>
15. ラック / スタイル・カウンシル<Luck / The Style Council>
16. グッドバイ・ルシール・NO.1 / プリファブ・スプラウト<Goodbye Lucille No.1 / Prefab Sprout>
17. ディア・ゴッド / XTC<Dear God / XTC>
18. ラヴ・プラス・ワン / ヘアカット100<Love Plus One / Haircut One Hundred>
19. イン・ザ・カントリー / ファーマーズ・ボーイズ<In The Country / The Farmers Boys>
20. オン・ボックス・ヒル / ベン・ワット<On Box Hill / Ben Watt>
21. ファム・ファタル / トレイシー・ソーン<Femme Fatale / Tracey Thorn>
22. ジャスト・ア・ガール / ペイル・ファウンテンズ<Just A Girl / The Pale Fountains>
23. メアリーズ・プレイヤー / ダニー・ウィルソン<Mary's Prayer / Danny Wilson>


ネオ・アコースティック・ラブ ~ヘッドスタート・フォー・ハピネス / neo-acoustic love - headstart for happiness

neo-acoustic love - headstart for happiness2007年1月17日 ユニバーサル UICY-4296 \2,500
01. ヘッドスタート・フォー・ハピネス / ザ・スタイル・カウンシル<Headstart for happiness / The style council>
02. ディス・チャーミング・マン / ザ・スミス<This charming man / The Smiths>
03. ホエン・オールズ・ウェル / エヴリシング・バット・ザ・ガール<When All's well / Everything But The Girl>
04. ボーイ・ワンダーズ / アズテック・カメラ<The Boy Wonders / AZTEC CAMERA>
05. ジーンズ・ノット・ハプニング / ザ・ペイル・ファウンテンズ<Jean's not happening / Pale Fountains>
06. マイ・エヴァー・チェンジング・ムーズ / ザ・スタイル・カウンシル<My ever changing moods / The style council>
07. ユー・メアリー・ユー / ルイ・フィリップ<You mary you / Louis Philippe>
08. ピラー・トゥ・ポスト / アズテック・カメラ<Pillar to post / Aztec camera>
09. キャン・ユー・キープ・ア・シークレット / ザ・ロータス・イーターズ<Can you keep a secret / Lotus Eaters>
10. ホエン・ラヴ・ブレイクス・ダウン / プリファブ・スプラウト<When love breaks down / Prefab sprout>
11. フォレスト・ファイア / ロイド・コール&ザ・コモーションズ<Forest fire / Lloyd Cole and the Commotions>
12. ノース・マリン・ドライヴ / ベン・ワット<North Marine Drive / Ben Watt>
13. ペイシェンス / ロイド・コール&ザ・コモーションズ<Patience / Lloyd Cole and the Commotions>
14. ビタースウィート / エヴリシング・バット・ザ・ガール<Bittersweet / Everything But The Girl>
15. サンキッスド / フレンズ・アゲイン<Sunkissed / Lotus Eaters>
16. ソリッド・ボンド・イン・ユア・ハート / ザ・ジャム<Solid bond in your heart / The style council>
17. ハッピー・アワー / ザ・ハウスマーティンズ<Happyhour / The housemartins>
18. マウス・オブ・アン・エンジェル / トゥー・ピープル<Mouth of an angel / Two people>
19. カム・オン・アイリーン / デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ<Come on Eileen / Dexy's Midnight Runners>
20. サンク・ユー / ザ・ペイル・ファウンテンズ<Thank you / Pale Fountains>
21. ウィズ・エヴリシング・トゥ・ルーズ / ザ・スタイル・カウンシル<With everything to lose / The Style Council>
22. フェイヴァリット・シャツ / ヘアカット100<Favourite Shirts / HAIRCUT ONE HUNDRED>
23. ムーン・イズ・マイン / フェアーグラウンド・アトラクション<The Moon is Mine / Fairground attraction>
24. バウ・ダウン / ザ・ハウスマーティンズ<Bow down / The Housemartins>


ネオ・アコースティック・パレード ~ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター / neo-acoustic parade - walk out to winter

neo-acoustic love - headstart for happiness2007年1月17日 ワーナーミュージック・ジャパン \2,500

01. ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン / ドリーム・アカデミー
02. リーチ / ペイル・ファウンテンズ
03. ウィリアム / ザ・スミス
04. オール・アイ・ニード・イズ・エヴリシング / アズテック・カメラ
05. ダウン・イン・ザ・セーヌ / ザ・スタイル・カウンシル
06. グッドバイ・ジョー / トレイシー・ソーン
07. ボニー / プリファブ・スプラウト
08. ラヴ・パレード / ドリーム・アカデミー
09. アイム・フォーリング / ザ・ブルーベルズ
10. ウォーク・アウト・ウィンター / アズテック・カメラ
11. ラスト・フォンド・グッドバイ / グラブ・グラブ・ザ・ハドック
12. フロム・アクロス・ザ・キッチン・テーブル / ペイル・ファウンテンズ
13. ホエン・イット・スターテッド・トゥ・ビギン / ニック・ヘイワード
14. ユー・ドント・ニード・サムワン・ニュー / ロータス・イーターズ
15. ウォールフラワー / モノクローム・セット
16. ヘヴン・ノウズ / ザ・スミス
17. イーチ・アンド・エヴリ・ワン / エブリシング・バット・ザ・ガール
18. 30秒の奇跡 / マット・ビアンコ
19. ユーアー・ザ・ベスト・シング / ザ・スタイル・カウンシル
20. クルーエル / プリファブ・スプラウト
21. ユー・ア・ゴナ・メイク・ミー・ロンサム・ホエン・ユー・ゴー / ベン・ワット