最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「清水邦夫」 の検索結果(1/1)

2016年5月 1日

燐光群アトリエの会「楽屋」フェスティバル

楽屋フェスティバル坂手洋二率いる燐光群が清水邦夫の戯曲「楽屋」を上演する、それも18団体が登場する企画を立ち上げた。木冬社出身の女優・南谷朝子さんが燐光群の公演の演出をするとのこと。それも観たかったし、坂手氏が登壇するシンポジウムも聞きたかったけれど、やはりここは木冬社出身の女優さんたちが登場する「演劇企画火のように水のように」の公演を観るべく、5/1(日)20:00、梅ヶ丘BOXへ行ってきた。

若い頃読んだ戯曲は本当によく頭に入っている。演じたことがあるわけでもないのに、よくまぁ、すらすらと台詞が出てくるものだ、と我ながら思う。木冬社の公演で松本典子さんが女優Cを演じたときのことを思い出さざるを得ない。身体中の毛穴から血が吹き出るような思いをしたことがあるか?声がつぶれるまで叫んだことがあるか?という台詞がこれほど似合う女優さんも、もう出ないだろう。不出世の女優さんだった。
「楽屋」(清水邦夫著作リスト)

演じる人がいかに気持ちよく演じることが出来るか、という点でこの芝居は女優群像劇のスタンダードになった。1時間前後と上演時間が長くないこと、女優ばかり4人出てくるから小さな劇団でも上演できること、高校演劇などで上演しやすいこと、など。この戯曲が繰り替えし上演される理由は様々にあげられるが、やはりとてもよく出来ている、とあらためて思う。

木冬社出身の女優さん、俳優さんたちはどうしてるだろうと思っていたので、お元気そうな姿が拝見できて嬉しかった。


演劇企画火のように水のように

4/28(木)20:00/4/29(金)14:00/5/1(日)20:00/5/2(月)12:00、16:00

演出:菊地一浩
出演
女優A:越前屋加代
女優B:新井理恵
女優C:八十川真由野(文学座)
女優D:関谷道子

燐光群アトリエの会『楽屋』フェスティバル
2016年4月27日(水)~5月10日(火) 梅ヶ丘BOX
18団体による『楽屋』の競演。

2009年5月10日

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた蜷川さんがここ数年、1年に1度、Bunkamuraで清水作品をやってくれます。それは何をさておき行かなければ、失礼だということで、今回も見に行ってきました。

お話は地方の少女歌劇団の話なので、初演は宝塚OGで占められていたそうです。今回はそんなことはありませんが、やはりメインのところには宝塚出身者がきちんといました。

宝塚トップの演技力・歌唱力はヅカファンでなくとも知っている人は多いと思いますが、私は(多分1995年のキャッツだったと思いますが)前田美波里で知りました。その公演では他の出演者が完全に霞んでしまっていました。今回は決してそんなことはありませんでしたが、鳳蘭、真琴つばさが二人で階段を降りてくる姿は圧巻。中川安奈は宝塚出身ではありませんが、彼女らはどうしてああ腰の位置、膝の位置が高いのでしょう。もはや人間ではない気がします。

ウエンツくんは気の毒に、今回完全に客寄せパンダでした。若い男の子(小栗旬や藤原竜也等々)を使うのがやたらうまい蜷川さんですが、ウエンツくんに女装させて記者発表は正解でした。WATのファンの若い子がまぁまぁ、いましたから。ヅカファンの比較的若手(真琴つばさ目当て)はそこそこいましたが、往年のヅカファンはお見受けしませんでした。きっと奥様方は平日マチネにいらしているのでしょう。

松井今朝子さんのブログに初日の感想が。初演を見ていらっしゃるのですね。うらやましいです。

Bunkamura 特設サイト

公演の詳細当はこちら

2005年2月 7日

幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門

幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門」は休憩が20分入りますが、3時間コースでした。予想通り。
早めに行って食事でもと思ったので、ちょうどマチネが終わった頃行ったのですが、蜷川さんご本人がジャージ姿で出ていらして、ソワレに行ったときには、いつものタートルネックセーターに着替えられていました。

蜷川さんが芸術監督をつとめておられるシアターコクーンは2005年はNINAGAWAイヤーだそうで、すでに3本入っています。「メディア」の再演なんかあったりして。しかしこの数年、蜷川演出の芝居は本当に本数が多い。パンフレットを読んでいて思ったのですが、主役級5人の全員が蜷川演出作品に出演済みですが、「今度は蜷川さん、思い入れのある作品らしく、たくさん話してくれました」とか「前回は来ない日もあって放っておかれましたが、今回はいじられました」とかいうコメントが相次いでいます。つまり、蜷川演出って蜷川監修であって、実際は本当にどれだけ演出しているのかわからないということですね。でも、この作品はかなり思い入れをもって演出してくれたということなんでしょうね。

木村佳乃のハイヒール、見ていてハラハラしてしまい、集中できないので、やめて欲しかったです。階段降りてくるところなんか特に。段田さんより背が高くなっちゃうし、あの棒立ちスタイルが演技としてよかったのはわかるんですけどね。それから、上からふって来る石が中嶋朋子にあたらないようにと、これもハラハラしてしまいました。変なところで集中力を欠いてしまいました。

感想はこちら