最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「山下達郎」 の検索結果(1/1)

2017年8月 2日

COME ALONG 3/山下達郎

come along 3毎年南の島には行くわりに、久しぶりというか十何年かぶりにプールサイドでゆっくり音楽を聴きながら読書することが出来たのが、この夏一番の成果かもしれない。聞いていたのは「COME ALONG」と「COME ALONG II」だ。

「COME ALONG」カセットテープ(1980年)の時は入手できず聞いていなかった、最初に聞いたのは1984年の「COME ALONG II」と一緒にLPで発売された直後。自分のLPではなく、先輩がLPからカセットテープに落としたものをクルマの中でよく聞いていた。のんきな大学生にはよく合う音楽だった。

山下達郎は最初に「RIDE ON TIME」から入って直後の「FOR YOU」の大ブームで、嫌いではないものの、ちょっと食傷気味だったが正直なところ。でも「COME ALONG」のおかげで、初期の山下達郎に出会えた。洗練されきってないというか、くどくない感じがよかった。ポップな曲に派手なベースライン。「BOMBER」「Solid Slider」とか。私は一番好きな曲はずっと「Let's Dance Baby」。これ以上のドライブミュージックはないと思ってる。「COME ALONG」の頭3曲だ。おそらく私は山下達郎のオリジナル曲は全部聴いてると思うけれど、それでもこの3曲がベスト3。

山下達郎を遡って行って、最終的に私はシュガー・ベイブにたどり着く。そこから大貫妙子と出会い、たー坊への道が始まっていった。

私は「FOR YOU」以降の山下達郎はその前の山下達郎ほどは好きではない。それでもオリジナルアルバムは全部聴いてる。だから「COME ALONG 3」の選曲、よく聴いてる曲ではあるけれど、すごく嬉しいというほどではかった。でもこの小林克也との組み合わせはやっぱり楽しい。買ってしまうわなぁ。