最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「井上陽水」 の検索結果(1/1)

2016年10月12日

井上陽水コンサート2016秋 UNITED TOUR 2

井上陽水コンサート 2016 秋日時:2016年10月11日(火)18:30~21:30
会場:Bunkamura オーチャードホール

はっきりしたことは覚えていないのだが、1997~98年頃を最後に私は井上陽水のコンサートに行ってないのではないかと思う。間違いなく、2000年代に入ってからは行ってない。では、いつ頃行ったのか。

最初に1990年に「ハンサムボーイ」が出た前後からだと思う。日清パワーステーション、川崎チネチッタ、横浜アリーナ、東京国際フォーラム...いろいろな場所へ行った記憶がある。出来たばかりの東京国際フォーラムにも行ったのではないか?だとしたら1998年くらいまでは行っていた筈だ。やはりライブの記録は残しておいた方がいい。

しかし、素晴らしいライブだった。何故行かなくなったのだろう?アルバムの方はずっと聞き続けているのに。ツアーの他のセットリストではあったが「とまどうペリカン」「リバーサイドホテル」がこの日はなかったのが残念だが、「愛されてばかりいると」が一番嬉しかった。「カナリア」「娘がねじれる時」などは定番だ。「バレリーナ」は決してメジャーな曲ではないが、非常によく出来た曲で、この日のは迫力あった。「ミス・コンテスト」なんかもよく演ってたな。70年代からはあ「夢の中へ」と「氷の世界」は必須だけど、これに「傘がない」「東へ西へ」なんかが定番で加わる。あとは1980年代が多いなと思う。楽曲としての完成度はあ実際のところ1980年代の充実ぶりはすさまじいと思う。

「あの素晴らしい愛をもう一度」のアレンジのインスピレーションは長崎で見たマリア様とか。神々しいというか、なんというか。

あと、MC。昔もよく喋っていたけど、昔より更によく喋っていた。

今回は「UNITED COVER 2」なのでカバーが多いのは間違いない。ニューアルバムが出た後のツアーはまた行くかな。

pf & key:小島良喜
bs:美久月千春
ds:山木秀夫
gu:今堀恒雄
gu:長田進
cho: Lyn
cho: fasun

井上陽水コンサート 2016 秋セットリスト

1. ラブレターの気分で
2. カナリア
3. Make-up Shadow
4. 娘がねじれる時
5. 移動電話
6. 有楽町で逢いましょう
7. リンゴ [吉田拓郎]
8. 女神
9. 瞬き
10. あの素晴しい愛をもう一度 [加藤和彦と北山修]
11. Here There And Everywhere
12. Just Fit
13. 映画に行こう
14. 愛されてばかりいると
15. バレリーナ
16. My House
17. 氷の世界
18. 海へ来なさい
アンコール
19. 渚にまつわるエトセトラ
20. 夢の中へ
21. 夏の終りのハーモニー

2005年1月16日

陽水伝説 PART III

驟雨 井上陽水 操上和美NHK 2005.1.15
1. Just Fit (1992)
2. Makeup Shadow (1993)
3. 嘘つきダイヤモンド (1995)
4. ありがとう (1997)

「井上陽水空想ハイウェイ」再放送に引き続き放送されました。1990年代のビデオクリップを4曲。陽水の解説つき。

操上和美氏が撮影したという「Just Fit」だけど、これは「驟雨」(スウィッチ・コーポレーション 1992.3.18)という写真集の写真と同じ。この写真集はもう絶版ですね。でも、自分は高いパンフレットのつもりでコンサート会場で買ったので、普通に売られていたのかどうかも実は知らないのだけど。

「えーちょっとこの川を流されてみて」なんて、陽水に言えるなんて、それだけですごい人だったんだなぁ、操上氏は。
「Makeup Shadow」とか「嘘つきダイヤモンド」とか少しばかり懐かしい曲のクリップ。「ありがとう」のビデオクリップは初めて見たのだけど、民夫ちゃんと4人で麻雀をやっている絵がメインで、残り二人は両レコード会社の社長という変な組み合わせ。まだ後藤氏なんだろうか…。そういやフォーライフの販売権は大昔にSMEのものになってしまっていたっけなぁ。単なるレーベルに成り下がってしまったFORLIFE MUSIC ENTERTAINMENTをレコード会社と呼んでいいのだろうか。

情報サイト
コラムーチョ「陽水伝説Part3」

2005年1月16日

井上陽水 空想ハイウェイ ActIII

YOSUI TORIBUTENHK 2004.12.25(2005.1.14再放送)
出演:井上陽水、司会:小林聡美、ゲスト:平原綾香、一青窈、布袋寅泰、奥田民夫

★1.マスカレード/井上陽水
★2.心もよう/平原綾香
○3.真珠/井上陽水(~ACT I?)
○4.いつの間にか少女は/持田香織(~ACT II)
★5.ジェラシー/一青窈
○6.タイランド・ファンタジア/井上陽水(~ACT I?)
×東へ西へ/布袋寅泰
×アンチ・ヒロイン/井上陽水
○7.ミスキャスト/井上陽水(~ACT I?)
×いっそセレナーデ/小野リサ
○8.傘がない/UA(~井上陽水ハローグッドバイ 2000)
★9.リバーサイド・ホテル/奥田民夫
○10.少年時代/忌野清志郎(自宅スタジオで撮影したビデオ)
★11.最後のニュース/井上陽水
×Winter Wonderland/井上陽水

★は新たに録画されたもの(と思われる)
○は前に放送したものの再録
×は音楽だけで映像はなし

陽水が変な仮装とデコレーションされたスタジオでゲストを迎え、小林聡美の助けを借りてお送りする音楽番組。昨年12月25日に放送されたが、見逃してしまっていて、やっと再放送をやってくれました。「YOSUI TRIBUTE」の発売後だけに、いろいろなアーティストが登場してくれました。
スタジオに実際に来たのは平原綾香、一青窈、布袋寅泰、奥田民夫の4人。持田香織とUAは以前に出ているので、今回はビデオのみ。清志郎もビデオ出演で、小野リサが手紙だけということでした。

陽水は「自分は裸の王様になっているのではないだろうか」という妙な不安を覚え、「自分の悪口を言ってくれ」と言われた若手アーティストも困っていましたが。一青窈がいうところの「あの…ときどき踊ってらっしゃいますよね」。「要するにあれは変だから、やめろと。」という陽水のお返事がよかったです。あれは確かに変ですが、自然と出てくるのですから、仕方がないですね。

布袋くんも、陽水に呼び出されていたんですね。彼は若手のアーティストに興味をもつと、自分から声をかけて飲みに行くそうな。「九段」に収録されている「アンチ・ヒロイン」は布袋寅泰の曲ですが、何年も寝かされていたんですね。しかし、フォーライフのドル箱だった今井美樹を引き抜いていったのは彼なんですけど…いいんですかね。
沢田研二に提供した「ミスキャスト」はそう言えば「クラムチャウダー」にしか入っていませんでしたね。あまり聴いたことがなかった。

民夫ちゃんは今回かなり無理して歌ってるなぁと思ったら、やっぱり元歌よりキーが高かったんですね。清志郎の「少年時代」は自分で選んだのではなく、歌えと言われたとのこと。丹下左前はなかなか良かったかと思います。

それにしても小林聡美が良かった。陽水だけだったら、ぐちゃぐちゃになっているところを、うまくまとめていた。誰が相手でもマイペースな人は司会向き。誰か彼女に音楽番組の司会をやらせてください。
ところで、最後の"Winter Wonderland"はどこに入っているんでしょうか?「歌う見人」でもなかったし…

「井上陽水空想ハイウェイ ACT III」に関する情報:
コラムーチョ
Jalan Straight View通信

2001年1月24日

コーヒールンバ

■井上陽水 2001.1.24 フォーライフミュージックエンタテインメント
■感想
井上陽水のマキシマム・シングル。昨年12月、陽水のライブに行ったら、持ち歌であるかのように歌っていた。だって似合いすぎなんですもの。西田佐知子だっけ。荻野目洋子も歌ってた。この曲よりバカ受けしたのは、「星のフラメンコ(西郷輝彦)」だったんだけど。次は何が出てくるかなーと楽しみにしてたら、突然「好きなんだけ〜どぉ〜」と来た日には…。「オヤジ〜!!カラオケじゃねーぞ!」と思ったが、実に気持ち良さげに歌ってた。
それにしてもここのところの露出はすごいなー。BSのドキュメンタリーのみならず、「ミュージックステーション」だのあげくの果てには「テレフォンショッキング」だ。昼間からタモリ倶楽部状態。本人の曲じゃないから、照れがない分、異常に曲について語る。これだけ大物がこんなにプロモーションしてくれたら、レコード会社も助かってるだろう。これは結構売れると思う。
そろそろ自分の曲でシングルヒットを飛ばしてほしい。3年に1回、いや、5年に1回でいいから。