最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「レイナルド・アレナス」 の検索結果(1/1)

2008年2月16日

優男たち―アレナス、ロルカ、プイグ、そして私

優男たち―アレナス、ロルカ、プイグ、そして私文学者の評伝であり、作家の自伝であり、文学評論でもある、非常に面白い本で、一気に読んでしまった。

プイグもアレナスも邦訳は全部読んでいる大好きな作家だ。アレナスは自伝が出ていてそれが映画になっているくらいなのでその人となりも知られているが、プイグの方はあまり知らなかった。「リタ・ヘイワースの背信」のトートーや「蜘蛛女」のモーリーナがプイグ自身の反映であることは知っていたが、あのウィリアム・ハートの仕草がプイグ自身のものだったとは…。プイグって本当の「オカマ」だったんだなぁと。本書での訳もプイグの話し方は、完全に「オネエ」言葉だし。

でもアレナスはオカマっぽい感じはしないのだけど、マッチョ系の「ゲイ」のようなイメージだった。なんというか、ラテンのゲイっぽい田舎くささが抜けない人だなと思っていたら、本書でも記載されていたので、少し笑えた。ニューヨークのゲイは日本のゲイと同様「短髪・ダテメガネ・ピチピチTシャツ」がお約束なのかな?

「優男」は「優しい男」と「優れた男」のダブルミーニングだそうで、原題は「オカマ偉人伝」なんだそうな。芸術家にゲイが多いことを当然のように受け止めている私からすると、彼らの苦悩は意外にすら思えるが、考えてみたら、ガルシア・ロルカはファシズムの時代だから当然としても、アルゼンチンの1970年代の軍事政権やキューバのカストロ政権の弾圧なんてまったくもって前近代的だから、ゲイが容認されない世界なんだなぁと。3人ともニューヨークで己の本性を開花させることが出来たところが、さすがはニューヨークというべきだろう。

それにしてもプイグもアレナスももう亡くなってるんだな…と、今更ながらだが、残念に思う。というのも、バルガス=リョサやガルシア=マルケスが未だ精力的に本を書いているからなのだが。プイグの方は本書でも明確にはなっていないし、公には言われていないが、やはりAIDSの可能性を捨てきれない。アレナスはもちろんAIDSのせいだ。AIDSが心底憎い。

最初と最後にハイメ・マンリケ自身の自伝が書いてあったが、特に青年期までの自伝はラテンアメリカ作家のある意味土くさい感じがすごく好みだった。小説の方の翻訳が出ないかと期待している。

それにしても、どうして刊行から1年以上経過してからこういう本があることに気づいたのか。たまたま「プイグ」で検索したら出てきたのだけど、どうしてその前に気づかなかったのかとつくづく思う。

■著者:ハイメ・マンリケ著,太田晋訳
■書誌事項:青土社 2006.12.25 285p ISBN4-7917-6316-5/ISBN978-4-7917-6316-0
■原題:Eminent Maricones : Arenas, Lorca, Puig, and Me by Jaime Manrique, 1999
■目次
1 脚―幼年期と思春期の回想
2 マヌエル・プイグ―ディーバとしての作家
3 レイナルド・アレナス最後の日々―海のごとく深い悲しみ
4 フェデリコ・ガルシア・ロルカと内面化されたホモフォビア
5 もうひとりのハイメ・マンリケ―死せる魂
6 最近

2004年10月13日

世界文学のフロンティア 5 私の謎

世界文学のフロンティア 5 私の謎■著者:今福龍太編
■書誌事項:1997.2.10 岩波書店 ISBN4-00-026145-2
■内容
〈わたし〉をめぐる揮発性の原理(今福龍太)
だれでもない人々(フェルナンド・ペソア著,菅啓次郎選・訳)
雨に踊る人(アルトゥーロ・イスラス著,今福龍太訳)
暗闇にとりくむ(ジミー・サンティアゴ・バカ著,佐藤ひろみ,菅啓次郎訳)
『ヴォルケイノ』より(ギャレット・ホンゴー著,菅啓次郎訳)
シャム双生児と黄色人種―メタファーの不条理性を通して語る文化的専有とステレオタイプの脱構築(カレン・テイ・ヤマシタ著,風間賢二訳)
『ザミ 私の名の新しい綴り』より(オードリー・ロード著,有満麻美子訳)
記憶の場所(トニ・モリスン著,斎藤文子訳)
『私の父はトルテカ族』より(アナ・カスティーリョ著,今福龍太選・訳)
裸足のパン(ムハンマド・ショクリー著,奴田原睦明訳)
写真に抗して(アンドレイ・コドレスク著,菅啓次郎訳)
物語の終り(レイナルド・アレーナス著,杉浦勉訳)

■感想
レイナルド・アレナスの「物語の終り」を読みたくて買ったのだが、ついでに他の作品も読んでみると、これがまた非常に濃い。一作ごと読むのがたいへんだ。全体のトーンとして、何らかの形でマイノリティに所属するたちの物語である。
フェルナンド・ペソアはポルトガルの詩人。ヴェンダースの「リスボン物語」で言及されていたのを思い出す。アルトゥーロ・イスラスはメキシコ系アメリカ人(チカーノ)文化の先駆者。ジミー・サンティアゴ・バカもやはりチカーノで、自伝的なエッセイ「暗闇にとりくむ」の暗闇とはチカーノたちがみなもっている暗闇を正面から見つめたものだ。
「ヴォルケイノ」のギャレット・ホンゴーはハワイの日系三世だが、幼いうちにロサンゼルスに転居し、ティーンエイジャーの時代をそこで過ごし、大学以後、アメリカの諸都市に住む。「ヴォルケイノ」では結婚してハワイに帰って暮らしていた頃のことが描かれている。祖母は日本人の芸妓だった。そしてその息子である自分の父親の孤独な人生。ホンゴーの日本人としての系譜、ハワイ人の系譜、そしてアメリカ人としての育ち。最終的に「帰郷」した気持ちを見つけるまでの物語である。
カレン・テイ・ヤマシタの小説も何というか、複雑なもので、ヤマシタの書いた小説に対する論文という形式をとっているが、そんな小説はもちろんない。論文の注がマジメに探すと実は本物も混じっているらしいが、私には当然わからない。アジア系アメリカ人だ。
オードリー・ロードは黒人でレズビアン。またまた二重の意味でマイノリティ。今でこそ「黒人」はマイノリティなのか?だが、1960年代だから、それはもうマイノリティだ。詩とノンフィクションを書くので、どうも小説はないようだ。この作品が当初の目的だったアレナスを除くと一番面白かった。
「裸足のパン」はアラビア語で書くモロッコ方面の作家。悲惨な物語だが、こういうピカレスク文学は大好きだったりする。
さて、アレナスだが、遺稿集の中の一品で、美しいが死の予感に充ち満ちた、少々陰鬱な作品。この人はエネルギッシュなものばかりなので、こういう静かなものは意外だった。もっと翻訳出ないかな。
もう最近は国際情勢が複雑で、○○という国の作家、というのは意味をなさず、○○語で書く作家という表記をするよりほかない。独文は昔からそうで、スイス、オーストリア、ドイツの三国にまたがるので、私たちは「ドイツ語で書く作家」だと教わって来た。旧ユーゴや旧チェコ・スロヴァキアも、それぞれ言語があり、何語を選択するかも作家の主義主張や背景を映し出すため、非常に重要な要素になる。

2004年7月25日

夜になるまえに

夜になるまえに■Before Night Falls アメリカ 2000
■スタッフ
監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:ジョン・キリク
原作:レイナルド・アレナス
出演:ハビエル・バルデム/オリヴィエ・マルティネス/アンドレア・ディ・ステファノ/ジョニー・デップ/ショーン・ペン/マイケル・ウィンコット
■公式サイト:夜になるまえに
■感想
「苺とチョコレート」を見て思い出した。キューバのホモと言えばレイナルド・アレナス。忙しくて日記をつけてない時期に見たので書いてなかったっけ。あらためて見直してみた。

うーん。フレディ・マーキュリーがいっぱい(笑)。

キューバは典型的なラテンのマチズムの世界なのに、何故ゲイが多いんだろう?そして特に白い目が強いのは何故なんだろう?想像するに、ラテンの男は欲望が強いのでゲイが多い→多いから危険視する。特別にそうなのかもしれないが、アレナスはすごく激しいゲイだ。

レイナルド・アレナスという作家は邦訳されている作品は少ないが、実際は多作である。書くという欲望が強すぎてどうにもならないのだろう。刑務所に入っても書く。そのせいで独房に入れられたりする。

映像化としては、とても良いと思う。見る方として、あまり原作の細かいところにこだわらないようにしているせいもあるが。革命直後のハバナはまだまだ華やかなナイトクラブの世界があり、音楽も残されていたのが、次第に芸術が迫害されて失われていくのだなという寂寥感みたいなものが少し感じられた。

やっぱり海が美しくないと、映像化する意味ないよなぁと思っていたので、その点は満足した。アバンチュールの海も良いし、チューブでマイアミまでわたろうとして失敗した場面もいい。

よくわからなかたのがラストシーン。別にああしなくてもいいと思うんだけど…どうして、そうしたかったのかなぁ。

申し訳ないけれど、映画単体として見てないので、映画自体の感想はちょっとよくわからないという感じですね。あ、ジョニー・デップがちょい役ですが、二役やっていて、とても面白いです。ショーン・ペンも少しだけですが出ています。

2002年4月 8日

夜明け前のセレスティーノ

夜明け前のセレスティーノ■著者:レイナルド・アレナス著,安藤哲行訳
■書誌事項:国書刊行会 2002.3.25 2400円 ISBN4-336-04030-3(文学の冒険シリーズ)
■感想
「ユリイカ」9月号で予告があり、楽しみにしていた「夜になる前に」のアレナスの処女作。そういえばタイトルが似ている。国書刊行会の文学の冒険シリーズの一冊として刊行された。
ここで「夜明け前」というのはいろいろな意味があると思われるが、文明前の自然のカオス状態のことを指すのか、あるいは大人になる前の子供の幻想と現実の区別の付かない状態を指すのか。
原文が非常にリズミカルに出来ていて、それを訳者が非常に気を使って訳しているのがわかる。日本語で読んでも、とてもリズミカルで、内容が幻想的で現実との区別がついておらず、筋を追う、というタイプの物語ではないにもかかわらず、集中して一気に読めた。
死者と生者の区別がつかず、魔法使いや妖精の世界と自分の周囲にいる大人たちとが混在している。語り手とセレスティーノも最初は違う出生をもっているかのように読みとれてしまうが、次第にその違いはわからなくなる。
自伝的と言うにはあまりに幻想的な、貧しいキューバの田舎の村で土を食べていた子供の世界。母親が結婚直後に夫に去られ、実家に帰ってあまり恵まれた生活をしていなかったことや、大勢の叔母がいたことは自伝「夜になる前に」で語られているが、元々支離滅裂な子供の想像の世界をここまで表現豊かに語られてしまっては、驚くばかりだ。これがキューバで高い評価を受け、その後逆にこの作品が反体制のレッテルを貼られる第一歩となった、その両方の事実は理解できる。
いわゆる「幻想文学」の格調高さ(私はどうも幻想文学に対してそういうものと思いこんでいる節がある)は見られないが、混乱と猥雑さな中にも見る価値のあるたくさんの言葉にあふれる作品。早く「ふたたび、海」などの作品の翻訳が出ないかと期待は更に高まった。

2001年12月10日

亡命者

■著者:岩切徹
■書誌事項:岩波書店 1991.6.14 ISBN4-00-260070-X(同時代ライブラリー70)
■感想
7人の亡命者のインタビューを中心とした評論集。1番最初にレイナルド・アレナスが取り上げられている。最後にもアレナスが死んだ後に追記が添えられている。>

2001年6月10日

夜になるまえに―ある亡命者の回想

■原題:Antes Que Anochezca, 1992, Reinaldo Arenas
■著者:レイナルド・アレナス著,安藤哲行訳
■書誌事項:国書刊行会 1997.4.25  ISBN4-336-03951-8(文学の冒険)
■感想
アレナスの自伝。貧しく、土を食べていた幼年時代から、キューバ革命に熱狂した青年時代、栄光の新進作家時代、そして、秘密警察に追われる日々。投獄、亡命。ニューヨークにたどり着いて10年でHIVに感染していることを知り、自伝を書き、自殺する。
壮絶な人生なんだけど、悲惨な話は多いんだけど、でも、ユーモアのセンスあふれるお話なので、別に読んでいて落ち込むようなものではないです。
しかし、すごいこの人はゲイとしても、すごいゲイです。つかまるってわかってるのにやっちゃうんだから…。キューバってゲイだらけなんじゃないかと、これ読んでると思うよ。
ラテンアメリカ文学の大作家たちが、カストロを支持したことにより、強烈に弾劾されている。筆頭はガルシア・マルケス、キューバの巨匠カルペンティエル、役人のようなカルロス・フエンテス。ガルシア・マルケスについてが特にひどいのだけど、政治的には所詮素人だから、作品の価値には関係ないと思うんだけど、不思議にアレナスと共通点があったりするから不思議。それは「グランドマザー・コンプレックス」。ラテンアメリカのおばあちゃんは偉大なんだな(笑)
アメリカではベストセラーになったようで、映画になっているのを知ったのは、私は後から。たまたま試写会のチケットもらったんだけど、まっ昼間だったので見に行けませんでした。残念。今年の秋公開なので、そうしたら見に行こうかと思います。結構すごいキャストだったりしますね。

■映画情報: 「夜になる前に」2000年 アメリカ
Before Night FallsBefore Night Falls 公式サイト(英語、スペイン語)
第57回ベネチア国際映画祭(2000年) 審査員グランプリ、最優秀男優賞
監督:Julian Schnabel
出演:
Javier Bardem (Reinaldo Arenas) ハビエル・バルデム
Sebastian Silva (Reinaldo's father) セバスチャン・シルバ
Olivier Martinez (Lazaro Gomez Carilles) オリヴィエ・マルティネス
Andrea Di Stefano (Pepe Malas) アンドレアス・ディ・ステファーノ
Johnny Depp (Bonbon, Lt. Victor) ジョニー・デップ
Sean Penn (Cuco Sanchez) ショーン・ベン
Michael Wincott (Herberto Zorilla Ochoa) マイケル・ウィンスコット
Hector Babenco (Virgilio Pinera) ヘクトール・バベンコ
Najwa Nimri (Fina Correa)

2001年4月12日

めくるめく世界/レイナルド・アレナス

■原題:El Mundo Alucinante, 1969, Reinaldo Arenas
■著者:レイナルド・アレナス著,鼓直,杉山晃訳
■書誌事項:国書刊行会 1989.4.25 ISBN4-336-02466-9 (文学の冒険)
■感想
日本で翻訳されているものでは、アレナスのもっとも早い時期の作品。メキシコの実在した異端の僧セルバンド・デ・ミエルの波乱に満ちた生涯を描いたピカレスク風の伝記のような小説。メキシコの独立を目指して投獄と脱獄を繰り返し、ヨーロッパを駆けめぐり、ついにはメキシコに舞い戻る。この獄中の話なんか、実際に作者が体験してから、書いたのかと思うと、話は完全に逆転していて、追体験することになる。ひどい話は書くもんじゃないね。
しかし、これだけでこの作品「魔術的リアリズム」とか言われちゃうのは無茶苦茶な気がするな。事実、事実への仮説、事実への願望の三テクストが入り組んでいるが故に、同一の話が事実と幻想とで並列されて書かれている。その文体の極端な違いで一目瞭然に書かれているため、混乱することは少ない。
いつも思うけど、幻想文学の信望者ってのは、幻想的な記述があれば、もう幻想文学のカテゴリに入れちゃうから。しょうがないんだけど、こういうのと、例えばラブクラフトなんかが同じ範疇で語られているかと思うと、気持ち悪いと思う。

2001年4月10日

ハバナへの旅

■原題:Viaje a La Habana, 1990, Reinaldo Arenas
■著者:レイナルド・アレナス著,安藤哲行訳
■書誌事項:現代企画室 2001.3. ISBN4-7738-0100-X 2,200円
■感想
レイナルド・アレナスはキューバの作家。カストロ政権下で逮捕・投獄、原稿没収などさんざん悲惨な目に遭って、亡命したにもかかわらず、NYもまたいごこちの良い場所ではなかった。「革命」がすべてのキューバから逃げても「金」がすべてのアメリカに幻滅する。
「ハバナへの旅」では妻子を捨て亡命し、二度と帰るまいと思いながらも全財産をもって一時帰国した男が主人公になっている。変わり果てたハバナに、それでも男は帰って行く。亡命文学の悲哀は故国に住むものにはよくわからないが、哀感迫る短編集である。

2001年3月10日

『ユリイカ』1983年7月号 特集 ラテン・アメリカの文学

作品
  • 「ラス・マニャニータス」カルロス・フエンテス著,安藤哲行訳 p70〜87
  • 「リナーレス夫妻に会うまで」アドルフォ・ブライス=エチェニケ著,野谷文昭訳 p90〜101
  • 「南部高速道路」フリオ・コルタサル著,木村榮一訳 p122〜141
  • 「花壇の中のベスティアル」レイナルド・アレナス著,杉山晃訳 p150〜172
評論
  • ボルヘスの砂漠:畑山博 p50〜53
  • 「族長の秋」小感:高橋英夫 p54〜57
  • 大地母神と戦う錬金術師:日野啓三 p58〜61
  • テノチティトランの影(C.フェンテス):安藤哲行 p88〜89
  • ユーモアの影の孤独(エチェニケ):野谷文昭 p102〜103
  • 二十世紀小説とラテン・アメリカ:中村真一郎,鼓直 p104〜121
  • 時間の中のユートピア(J.コルタサル):木村榮一 p142〜143
  • ラテン・アメリカ文学とジャズ的なるもの:旦敬介 p176〜181
  • レイナルド・アレナスのめくるめく日々:杉山晃 p173〜175
  • ラテン・アメリカの演出家たち p144〜149
■感想 短篇4作品と評論。及び対談。すでに「ラテンアメリカ文学」特集号を入手していたため、長いこと存在に気づかなかった号。既読の小評論と対談で、特に目新しいものはなかったが、レイナルド・アレナスの作品を読んだのは初めて。期待できそう。