最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「マラドーナ」 の検索結果(1/1)

2006年9月29日

ナポリのマラドーナ―イタリアにおける「南」とは何か

ナポリのマラドーナ■著者:北村 暁夫著
■書誌事項:山川出版社 2005.11.5 ISBN4-634-49191-5 202p(historia)

■感想
私がイタリアの南北問題に気付かされたのは、ヴィスコンティの「揺れる大地」「若者のすべて」「山猫」といった作品群によるものだ。だから、この本がサッカーにはほとんど関係のない本であることはよくわかっていた。1990年のイタリアW杯でマラドーナ率いるアルゼンチンと開催国イタリアが、マラドーナが救世主となったナポリの地で準決勝を戦うことになった話も知っている。付随していうと、中村俊輔が最初に海外移籍したレッジーナがレッジョ・カラブリアという街にあり、ここが南イタリアの先端で、あと少しでシチリア島というところにあり、貧しく治安の悪い地域であるという話も聞いていた。私の前知識はその程度のレベルだった。だから興味をもったのだ。

本書から、南北問題とひとくくりで言うことが出来るわけではなく、南にも様々な地域格差があり、また、統一前からあった格差は実は小さく、統一後、人為的に拡大していったことなどを教えてもらった。

イタリアからアルゼンチンへの移民と言えば、「母を訪ねて三千里」のマルコがステレオタイプとして有名だが、前から気になっていたのは、もともとスペインを宗主国とし、スペイン語を公用語とするアルゼンチンに、どうしてイタリア移民が多いのだろうということだ。ボカ地区などはほとんどイタリア移民で占められていたという。それが何故なのか、本書を読んでだいたいわかった気がする。イタリア移民が多いからイタリアの二重国籍を取りやすいのに、スペイン語が公用語だし、気候も合っているからといって、アルゼンチンのサッカー選手は皆スペインへ行きたがる、という不思議な現象が起きている。先祖はイタリアに多いというのに…。変だなぁ。イタリアのクラブが北東部に集中しているせいもあるだろう。南部ならともかく、アルゼンチン人には寒いのだ。

先日読んだ別の書籍でもそうだったが、それまであった国内での地域や人種差別が、他民族の移民増加伴い自然と沈静化していくという現象がここでも起きているらしい。人間はどこまでも「差別」を必要としていて、対象が変わることでしかその差別は終わらないという輪廻のようなお話が結末だったのは、なんだかとてもがっかりだった。

2005年7月24日

ディエゴ・マラドーナの真実

ディエゴ・マラドーナの真実■原綴:HAND OF GOD : the life of Diego Maradona
■著者:ジミー・バーンズ著, 宮川毅訳
■書誌事項:ベースボール・マガジン社 1997.11.30 ISBN4-583-03441-5

■感想
そういやぁ読んでなかった、と思い、だからとりあえず読んだ、というだけ。目新しい事実は特にないが、伝記としてはそれなりに評価できる。本人にとっては耳の痛い話が多いのと、良い方の話(W杯での活躍ぶりとか)も、非常に淡々と書かれていて、落ち着いた感じ。サッカーの伝記ものには珍しい。

2003年10月17日

スローフット―なぜ人は、サッカーを愛するのか

スローフット■著者:西部謙司
■書誌事項:双葉社 2003.6.25 ISBN4-57-529566-3(サッカー批評叢書)
■感想:
著者はフランスに3年いたというサッカージャーナリストなので、イングランド、イタリア、スペインという欧州サッカー中心地からはずれているため、日本のサッカージャーナリストの中では少々異色。サッカーに対する物の見方が少し変わっていて、視点が面白い。サイモン・クーパーがイギリス人のくせにずっとオランダで育ったという経歴の持ち主なので面白いのかなと思ったのと同様。


第1章 ロス・セボジータス
マラドーナが8歳から14歳まで所属していた少年時代のチーム
第2章 The BIG MAN,still standing
バルサのリケルメは何故上手くいかないのか(2003.2)
第3章 青か赤か
マンチェスターでわざわざユナイテッド(赤)を選ばず、シティ(青)を選ぶファンの話(2003.2)
第4章 異邦人
フランスリーグ(2002.12)
第5章 空飛ぶトルコ人
トルコリーグ観戦記(2003.5)
第6章 三巨人物語
1950年代に欧州で活躍した3人の巨人、ディ・ステファノ、プスカス、クバラの話(2002.10)
第7章 ヨハン
ヨハン・クライフのトータルフットボール(2003.3)
第8章 試されるJリーグ
ジーコ・ジャパンの戦術の基本はJリーグ(2003.4)
第9章 悪の論理
闘将・柱谷の日本人離れしたマリーシア
第10章 Why football?
サッカーにかかわる様々な人々へのインタビュー
第11章 何も放棄するな
美しいサッカーか、勝つサッカーか

毎度繰り返し言うが、サッカー本はタイミングが難しい。歴史的な話(1980年代以前とか)なら何とかなるが、チームや選手の評価は頻繁に変わるので、とにかく新しくないと意味がない。たいていは雑誌の方が望ましい。各週で2冊プラスα読んでいる。雑誌というと、サッカー関連以外は読まないというくらいだ。
本書は3〜4ヶ月の刊行になるが、このくらいのタイミングならギリギリという感じか。普段読んでいないサッカー雑誌に掲載された文章が多いので、安いし、中身もよくわからないまま買ったら、中身があたりだった。我ながら勘が良いなぁ。