最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「ボカ」 の検索結果(1/1)

2007年10月30日

マーノ・デ・サントの帰郷

マーノ・デ・サントの帰郷「マーノ・デ・サント」とはManos des santo「神の手」(というか「聖人の手」)、アルゼンチン、サッカーとくれば、マラドーナか?とつい連想してしまうが、これは気骨ある明治男の冒険談。明治43(1911)年、富山湾から密航してチリへ渡り、独力でアンデス越えをしてアルゼンチンはブエノスアイレスに移住した実話。このブエノスアイレスでもボカ地区に住み着いたというのがポイントで、苦労して働いたが、次第に柔道で学んだ東洋医術を生かしてボカのトレーナーになるというお話。どんな怪我でも治すから「神の手」というわけ。まだ東洋医術は向こうまで届いていない時期だったせいか、驚異的な効果を生み出していたのだと思われる。

南米への移住者の苦労話は多く本になっているが、この人の場合は単独で移住したところが大きく異なる。残念ながら、自費出版のようで、誤字が残っていたり、装丁がかなりひどいものだったりするが、内容はなかなか面白い。

やっぱり身体鍛えておかなきゃ、単独アンデス越えは出来ないよ…。メンドーサの街の記述があって、やたらと「サン・マルティン」という名前のついた通り、建物、公園がある、というところでは納得。確かにそうだった。

■著者:晩豊彦著
■書誌事項:文藝書房 2006.1. 201p ISBN4-89477-216-7
■副題:アルゼンチンサッカーに生きたある日本人の物語

2002年11月27日

BOCA―アルゼンチンの情熱

BOCA―アルゼンチンの情熱■著者:亘崇詞、植田朝日監修
■書誌事項:イーフロンティア/北星堂書店 2001.11.15 ISBN4-590-01120-4
■感想:
週に1試合だけアルゼンチンリーグを見ている。たいていがボカかリーベルの試合だ。私はアルゼンチンリーグに関してはMy Teamをもたないので、サンロレンソなんかも好きだし、ボカとリーベルとどちらの方が好きかと聞かれると困る。
ちょうど1年前くらいにボカがトヨタカップで2度目の来日を果たした頃に出た本。だから、高原がボカ行ってた頃。この本を読みながらボカのスタジアムであるボンボネーラまで行って、近くの「キケ」というサポーターズショップに入り、このおじさんに会ったなぁ、なんて思い出していた。
ギジェやデルガドなんかは今でも好きだし、時々リーガ・エスパニョーラでパレルモを見るが、今一つなので帰って来ればいいのにーとか思っている。先日のスーペル・クラシコ(ボカ対リーベル)戦も勝ったし、スピード感あふれるコンパクトなサッカーを未だに続けている。
しかし、今月は1本も映画を見てない。それというのもサッカーのDVDやリーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグなどを見まくって時間がないからだ。リーガはバレンシア戦は毎週、レアルとバルサなんかは時々、チャンピオンズリーグは今週から。ミラン対レアル、デポルティボ対ユベントス。その上にアルゼンチンリーグなのだから、しょうがない。しかし、観戦記は書くと長くなるのでやめておく。

2002年9月 1日

ボカ共和国見聞記―知られざるアルゼンチン

ボカ共和国見聞記■著者:津田正夫
■書誌事項:中央公論社 1984.12 ISBN4-12-201179-5(中公文庫)
■感想
絶版である。1975.5に新人物往来社より刊行されたもので、それにフォークランド紛争についての章を付与して刊行された文庫版である。しかし、ここまで遡らないとアルゼンチン一国だけを取り上げた紀行文というか軽いエッセイのようなものはなかなか見つからない。経済のみならあるのだが、風土一般といったものについては、南米各国のもの以外で最近のものは見たことがない。まだ探索中ではあるが。
こういった類の本は情報が古いとあまり意味がないので、比較的新しいものを探しているのだが、これでも30年近く前に書かれたものだ。一応気候、歴史、政治、社会全般、食事、観光地などが一通りさくっと書かれていて、非常に良い入門書だとは思う。
ブエノスアイレスという名前は「州」の名前で、首都ブエノスアイレスは通称でセントラルと呼ばれるとか、そういった基礎知識は一応ある。通りの様子や街のおのおのの場所の特徴などは、最近でも本書の通りだと思う。フロリダ通りをいったい何度往復したのか数え切れないなぁなど、追体験しているようで楽しかった。
女の人がみんなきれいだというのは贔屓目か?いわゆるブロンドの髪でブルーの瞳は少なかったけど、それが「=美」と言えるかどうかは確かに疑問。アメリカ人より太った人が少ないとは思う。けど、女性喫煙率が異常に高い。
お腹が空いているときは読まない方が良い。またアルゼンチン料理屋へ行きたくなってきた。

2001年8月30日

アルゼンチンリーグ前期第3節:コロン対ボカ・ジュニオールズ

高原が初スタメンの試合。うーん。1発「だからどーしてそこで自分で行かねーんだよ!」ってのと「そこで倒れたってファウルはもらえないだよ!この国じゃ!」ってのがあった以外は無難な出来。オーバーヘッドシュートはよかったな。宇宙開発だったけど、姿勢は買う。積極的にシュートしてたし。
MFが長〜い距離を一生懸命運んでくれたボールをシュートに結びつけられなかったら、FWってひんしゅくだよなー、というのがひしひしと感じられるのがアルゼンチンリーグであったりもする。だから当然と言えば当然。もっともっと積極的に。
総じて「西沢より遙かにマシ」というところ。中田や小野のデビュー戦に感じたような「期待感」や「おー!さすが!」という感じはまったくなかった。
試合自体はリケルメが出てないもんだから、全然ボールが左右にちらばらず、面白くなかった。ギジェルモだけは相変わらず頑張って走り回ってるんだけど。