最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「トーベ・ヤンソン」 の検索結果(1/1)

2015年6月16日

少女ソフィアの夏/トーベ・ヤンソン

少女ソフィアの夏/トーベ・ヤンソン
1972年に刊行された、トーベ・ヤンソンの小説。6歳の少女とその父親、さらにその母親である年老いた祖母の3人がフィンランド湾に浮かぶ島で暮らす様子を描いた作品。モデルは祖母がトーベの母ハム、パパはトーベの弟のラルス、ソフィアはラルスの娘のソフィアである。トーベ自身はこのモデルについては言説を変えたりもするが、ほぼ間違いないように思う。トーベにとって、島の森や入り江での日々はよく見知ったものだ。

ここでは、主に祖母と少女の関係が描かれているが、二人はまったく対等にやりとりする。迷信や神様のことを考えたり、ソフィアが毎日いろいろなことを試みる。ガールスカウトよろしくテントで寝てみたり、立ち入り禁止の島に上陸してみたり、様々に素晴らしい体験をする、そんな夏のお話。原題は「夏の本」だ。

猫を飼ってみて、思い通りにならないことにいらだちながら、ソフィアは「愛」について考えてみる。

「愛って、変なものね...」と、ソフィアは言った。
「だれかがだれかを愛すれば愛するほど、相手は、ますます知らんぷりするのね。」
「そのとおり」おばあさんがうなずいた。「それで?そういうときには、どうしたらいいんだろうねえ?」
「愛しつづけるだけよ」ソフィアが、いどむように言った。「もっともっと愛し続けるの。」

島に球根を植えたのに雨が降らないとき、別の島へ水を取りに奮闘した後、おばあさんは考える。

神さまは助けてはくださるんだけど、人間が、自分がちょこっとがんばってからなんだよね...とおばあさんは思っていた。

春から夏の間だけ過ごす4ヶ月だけの生活だけれど、なんと豊かな生活なんだろうと、しみじみ思う。パパはあまり発言しない。でも、たくましくこの家を支えている。実務能力が高いというか、サバイバル能力が高い。そうでなければ、島で暮らすなんて出来ない。

ところでフィンランドの夏至祭りはたいまつが有名だが、海に木箱が浮かぶのだろうか?今はカラフルなろうそくが浮かぶようだが、その名残なのかもしれない。

■原綴:Sommarboken by Tove Jansson, 2007
■書誌事項:トーベ・ヤンソン著,渡部翠訳 講談社 1993.11.15 302p ISBN978-4-06-206691-4

2015年6月11日

トーベ・ヤンソン―仕事、愛、ムーミン/ボエル・ウェスティン

トーベ・ヤンソン―仕事、愛、ムーミントゥーラ・カルヤライネンのトーベ・ヤンソン伝記を読んだが、それでは片手落ちと人から言われ、その後に出た講談社の方の伝記を読んだ。前者が「絵」やアーティストとしての側面が強いのに比べると、こちらは文章家のヤンソンの部分に多くのページを裂いている。私はムーミン以後の小説家としてのトーベ・ヤンソンが好きなので、こちらの方がその意味では助かった。しかし、トーベの晩年の小説は、彼女のそれまでの生き様の集大成なので、伝記を読むとより感じる部分は大きくなる。

伝記的要素は両方ともそれぞれの個性があり、カルヤライネンの方が人間関係はしっかり書かれているように思う。アートスらの男性関係やヴィヴィカらの女性関係、母親ら家族との関係は多くの手紙から構成されているカルヤライネンの方の充実している。一方、「仕事」と「人間関係」のバランスの良さはウェスティンの方の伝記の方が優れているように思える。トーベの人生の出来事がどんなふうに作品に反映されているか、細やかに描かれている。

絵画と文学の間を行き来し、絵画と文学の両方を同時に創作しながら、著作の管理や契約まわりなどビジネスとも上手につきあえるなんて、なんてスーパーなんだろう。どちらかというと、こちらの方のトーベの方が人間くさいような...そんな感じ。向学のためにはカルヤライネンの方が充実するが、充実した伝記を読みたいと思ったら、このウェスティンのものが決定的なのだろう。


■書誌事項:ボエル・ウェスティン著,畑中麻紀,森下圭子訳 講談社 2014.11.25 658p ISBN978-4-06-219258-3
■原綴:Tove Jansson: Ord, Bild, Liv by Boel Westin, 2007

2014年11月27日

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン/トゥーラ・カルヤライネン

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン/トゥーラ・カルヤライネン「トーベ・ヤンソン展」のキュレーターを務めたトゥーラ・カルヤライネンが書いた伝記だというので、読んでみた。絵がたくさん印刷してあるので、紙質が良く、ページ数のわりに分厚い。そして、この本を展覧会の図録と併わせて読むと、より楽しめる。その生涯について、ざっとは知っているが、詳しいというほどではなかったので、良い機会だと思って購入した。

原題は「トーベ・ヤンソン 働け、そして愛せ」。つまり「仕事と愛」。芸術家としてのさまざまな仕事とさまざまな男女との愛をトータルで描いたバランスの良い伝記ではないかと思う。「ムーミン」はヤンソンの生い立ちや経験が色濃く反映された作品だが、しかし彼女の作品の一部でしかないのだ。

生涯を通じて、彼女はよく働いた。よく生きた。才能豊かで、愛情も豊かな人だった。だが、常に反骨精神に満ちた人だった。芸術家の娘だから、すんなりと芸術家の道には進んだが、父との思想の相違、当時の画壇での女性の位置、漫画というジャンルへ踏み込んだこと、抽象画が主体の時代に自然主義の絵を描く。芸術家であっても妻は夫を支えるべきという時代に、男性と結婚せずに同棲し、更にリヴ・ゴーシュを選んだ。(本書で解説されているが、これは「レズビアンの道を選ぶ」という意味)

サム・ヴァンニ、タピオ・タピオヴァーラ、アートス・ヴィルタネンとそれまで3人の男性ととても深く付き合い、アートスとは事実婚のような状態だったのに、ヴィヴィカ・バンドレルと出会い、愛し合うようになって戸惑いながらもごく自然とレズビアンとなった。周囲の無理解もあったが、その決意のままに生きて、トゥーリッキー・ピティエラという生涯の伴侶を得る。愛については様々あったが、幸せな一生だったと思う。そして芸術家としても画家としては思ったような評価は生前は得られなかったが、それでも後年には評価された。何より世界中の子供達に愛され続けるキャラクターと物語を産み出した。類い希なる才能の持ち主であったことは間違いない。

そもそもは画家であり、絵では食べられなくて、漫画家・イラストレーターへと進み、世界中を旅し、最後に小説家に転じたトーベ・ヤンソン。日本人には本当に愛されている作家なので、100周年を機にムーミンだけでなく、その生涯について興味をもってくれる人が増えると良いなと思う。

蛇足。よく語られる話だが、岸田今日子の「ムーミン」の話だ。1969年バージョンの再放送か1972年のバージョンかで見たのだろうと思う。トーベ・ヤンソンの作品世界と相容れない作品となってしまい、国内での放送のみとなり、現在はDVD化などは自粛している状態となっている。1990年代に「たのしいムーミン一家」がつくられて放映され、こちらは原作に沿った形でトーベも認めたものだ。他国にも翻訳されて世界中にムーミンアニメを広めた名作である。けれど1969年1972年のバージョンのムーミンの方が人間くさく、話もおもしろかった。あれはあれで良かったなと今でも思うのだ。(Youtubeからは削除されているが、Dailymotion、ニコ動あたりにはある)。

■書誌事項:セルボ貴子,五十嵐淳訳 河出書房新社 2014.9.25 376p ISBN978-4-309-20658-5

2014年10月23日

生誕100周年記念 トーベ・ヤンソン展~ムーミンと生きる

生誕100周年記念 トーベ・ヤンソン展~ムーミンと生きる2014年はトーベ・ヤンソン生誕100周年のため、さまざまな企画がおこなわれている。中でも筑摩書房のトーベ・ヤンソン・コレクションが再版されたのは、たいへん喜ばしい出来事だった。古書店で高値がついていて、手が出なかったからだ。一気に全部は買えないが、少しずつ買いそろえて行こうと思う。

生誕100周年の記念イベントはまず「ムーミン展」が日本の独自開催で開かれている。4月に松屋銀座で開かれたときは大盛況だったようだが私は行ってない(その後全国巡回中)。私は「トーベ・ヤンソン展」の方が楽しみだった。こちらはフィンランドで開かれたものが日本にやって来るのだ。

トーベ・ヤンソンは一般的には児童文学作家・童話作家と思われているが、出発点は画家である。絵画をベースに挿画、漫画、童話などを展開していき、最終的には絵のない小説家として芸術家としてのサイクルを終わらせている。私自身は小説家・トーベ・ヤンソンが好きなのではあるが、彼女の小説にはその生い立ちや生活が事細かに反映されているので、人となりを知りたくなるのは当然の流れかと思う。もちろん「ムーミン」という作品も含めてだ。私自身は熱心なムーミン・ファンではなく、アニメで見た程度の知識しかないが。

クルーブハル夏の家「トーベ・ヤンソン展」は画家としてのトーベを中心に据えた絵画展だ。挿画や漫画の原画も展示されている。私が一番見たかったのは、クルーブ・ハルの夏の家の再現だ。早速初日に行って観てきたが、ここは撮影可だった。電気もガスも水道もない(後半は発電機が導入されたようだが)場所で、静かに執筆に打ち込むのは、芸術家としては理想だろうと思う。私がトーベの小説が好きなのは、その孤独から来る静謐さ、何もないところで生きていくことの厳しさへの憧れからだろうと思う。

絵の方だが、まず、「個人蔵」が多いのが目を引く。その理由は後から「ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン」を読んで知るのだが、生活のために次々と絵を売って行ったからだそうだ。今回の展覧会のために呼びかけて出してくれた人が多数。フィンランドの家庭にとけ込んでいるのだろう。壁画も多数制作したそうが、こちらは持ってくることはもちろん無理だが、もう残っていないものもあるそうで残念だ。写真で壁画だけでなく、アトリエも見ることが出来たのはよかった。自分のスペースを大切にする人なのだということが、しっくりくる展示だった。→(絵の一部が見られる)

絵画については、当初抽象的な絵も一部あったが、基本的には自然主義的な絵を精力的に描き、後年また抽象画に挑戦したりしている。華やかな色遣い、大胆なタッチで描いた風景や肖像画を描いているが、その中でも「人」の絵が目を引く。自画像や家族の絵が印象的だった。絵画以外にも『ガルム』誌の表紙やムーミンのイブニング・ニュースの連載漫画、「不思議の国のアリス」「ホビット」の挿絵なども見ることが出来た。もちろん、ムーミン本の表紙画などもある。

ムーミンだけを期待して来た方には、少し物足りないかもしれないけれど、この機会にトーベ・ヤンソンその人に興味をもって、更に言うなら小説も読んでもらえると嬉しい。

■展覧会
2014年10月23日~11月30日
そごう美術館

以後巡回

2013年5月28日

彫刻家の娘/トーベ・ヤンソン

彫刻家の娘年に1回くらい突然読みたくなるトーベ・ヤンソン。大人向けの小説をいつも読んでいるが、これは自伝的小説で、読者はおそらく中学生以上を想定しているのではないだろうか。ルビをふってある漢字と内容からそう感じた。というのも、ローラ・インガルス・ワイルダーの岩波少年少女文庫に入っている方の小説によく似た雰囲気があるからだ。そして、私はこういうのがとても好きだ。

少女の視点から世界を描いているが、まず父母が素晴らしい。少女にとっては父は「冒険」で母は「信頼」そのものであると後書きにあった。彫刻家の父と画家の母。しかも母はガールスカウト創始者。嵐でテンションが上がる父親と、つられて一緒に上がっていく母と娘。両親とともにいることを少女がとても心地よく感じていることが伝わってきて、暖かい気持ちになれる。

また、少女は一人でなんでもチャレンジしようとする。重い石を家まで運んだり、地質調査の人についていったり、これは一人ではないがボートで霧にまかれてしまったり。かなり危なっかしいが、その自立心が快い。

少女特有の想像力が展開していく部分もあるが、実際的な話が多いのも好み。クリスマスの話が好きだ。クリスマスはやはり準備が楽しい。もみの木を選んで運んでくるところとか、ワクワクする。お料理はわりあいシンプルだが、この家は飾り付けがすごい。芸術家夫婦が粘土で聖母マリアの人形などささっと作ってしまう。

エキセントリックな叔母や老女・ファニーなど、おかしな人もたくさん登場する。地質調査の彼とこの叔母を足して二で割るとヘムレンさんになるような気がする。ムーミンパパとムーミンママは間違いなく両親だが、それ以外の登場人物のモデルは彼女が子供の頃から大人になるまでに出会った人々だろう。

現実と空想、孤独と調和、田舎と都会、自然と芸術、そういったものたちのバランスがちょうどいい。自分がバランスを崩しそうになっているときに、きっと読みたくなるんだろうと、あらためて気付かされる。

筑摩書房のトーベ・ヤンソン・コレクションは絶版だが、この自伝的小説はまだ新刊で買うことができる。比較的入手しやすいので、ムーミン好きは読んで、モデル探しをして欲しい。


著者:トーベ・ヤンソン著,富原真弓訳
書誌事項:講談社 1991.11.11 386p ISBN978-4-06-205584-8
原題:Bildhuggarens Dotter by Tove Jansson, 1968


聴く女
島暮らしの記憶
フェアプレイ

2011年9月17日

聴く女/トーベ・ヤンソン

聴く女/トーベ・ヤンソントーベ・ヤンソン・コレクションの最終巻はトーベ・ヤンソンが大人の本として出した最初の作品。何かに背中をつつかれるように、心がざわざわして焦りだしたときにトーベ・ヤンソンを読むと落ち着くことを思い出して、読んでみた。

多分それは「リス」のような作品に代表される"島暮らし"の描写なのだろう。厳しい自然と孤独に淡々と闘う姿を見ていると、次第に気持ちが落ち着いて来る。本作でも薪を割っていく仕事や、朝起きてからの一連の動作を儀式のように執り行うことで、気持ちが落ち着いてく様がこちらに伝わって来る。ともに冬を越そうとするリスともなれ合うでもなく、無視するでもない理想的な関係を築こうとするが、自然はやはり意外なことをしてくれるのだ。

表題作「聴く女」では、人間関係をきちんと押さえていく人の基礎能力はやはり「記憶力」なのだなとあらためて思い知らされる。忘れただけではないようだけれど、失われた記憶を再構築していく様が独特の方法で興味深い。「人の話をきちんと聞ける人」はいつの時代もどこででも高い評価を得るが、そんな人の中にもいろいろな思惑があるもの、という話だろうか。あるいは、いい人そうに見える人ほどなめてかかると怖いということだろうか?


「偶像への手紙」はあこがれの作家の新作が評判が悪く、励ましたくて初めて手紙を書き、そして自分の住所を書いたことから一線を越えてしまった女性の話。誰しも「偶像=アイドル」はいるが、そこに近寄ることを禁じているうちは良かったのに、踏み込んでしまったときのあの気まずさといったら独特のものがある。ファンレターのみの昔と違い、今はtwitterなどで気軽にみんな話しかけているが、あの気まずさを感じることが少しは減ったかもしれない。しかし、やはり踏み込んで良い相手と悪い相手がいるのだと感じている。それは相手にとって、という意味ではなく、自分にとって、という意味なのだが。


「砂をおろす」や「発破」に見られる、働く人に憧れる子供への目線が厳しくも優しいところがトーベ・ヤンソンらしいなと感じた。

■書誌事項
著者:トーベ・ヤンソン著,冨原眞弓訳
書誌事項:筑摩書房 1998.5.5 202p ISBN978-4-480-77018-9
原題:Lyssnerskan, 1971. Tove Jansson

■目次
聴く女
砂を降ろす
子どもを招く
眠る男
黒と白―エドワード・ゴーリーに捧ぐ
偶像への手紙
愛の物語
第二の男
春について
静かな部屋

灰色の繻子
序章への提案


発破
ルキオの友だち
リス

「島暮らしの記録」トーベ・ヤンソン
「フェアプレイ」トーベ・ヤンソン

今回は、ほぼ定価で古書にあったので買ってしまったが、上記2冊はまだプレミアついて高い。

2010年9月 9日

島暮らしの記録/トーベ・ヤンソン

島暮らしの記録せっかくトーベ・ヤンソンの「フェアプレイ」を読んだのだから、クルーヴハルにまつわるエッセイを読んでみようと思った。

30年間もの島暮らしをするからには、それだけの土壌があるのだと知った。さすが彫刻家の父と画家の母の間に産まれた子だけあって、子供の頃から夏は「島」というのが定番だったようだ。

プロの助けは借りたが、自分たちで作った小屋だったということを知った。もう結構売れっ子だったと思うのだが、ヨーロッパ人というのは意外となんでも自分で作る。どんな貧乏でもサウナを自宅に作るのがフィンランド人だそうだ。サウナは日本人でいうところの風呂なので、それはなんとなく理解できる。

伝記には1965年~1995年頃までトーベはここにいたとある。1964年秋から作り始め、雪が降る頃に一度停止、翌年春からまた再開して、夏には住んでいた。ムーミンが書かれたのは1945年~1970年なので、「ここでムーミンが産み出されました」というのは嘘ではないが、かなり違う気はする。

さて、長い待機が始まった。わたしは孤立とは似ても似つかぬ、新手の隠遁にはまりこむ。
だれともかかわらず、部外者を決めこみ、なんにしろ良心の呵責はいっさい感じない。

トーベとトゥーリッキとトーベの母親のハムの3人の女性芸術家がそれぞれ自分の芸術に向かい合う。諍いがないわけではないが、それぞれの領分をそれなりに守って暮らしていたのだろうと想像する。だって、あんな狭い小屋の中で...と思ったら、ちゃんと外に仕事場を作っている人もいたようだ。

石と水平線ばかりで暇をもて余さないか、自然の緑が恋しくならないかと、
島を訪れる客たちに訊かれて、ハムは驚きを禁じえない。

海の近くに暮らしていると思うのだが、海は季節によって、時間によって、天候によって、すごく顔を変える。飽きることはない。

静寂がないと、孤立していないと、芸術は生み出せないのだろうなと思う。でも気の置けない友人はそばにいて欲しい。

ところで、例のドキュメンタリーでも言ってたが、「クルーブハル島」という言い方は変だ。「クルーブハル」もしくは「クルーブ島」だろう、とか細かいことを思ったりした。

■著者:トーベ・ヤンソン著,冨原眞弓訳
■書誌事項:筑摩書房 1999.7.25 ISBN4-480-83705-1
■原題:Anteckningar från en ö , Tove Jansson

2010年8月18日

フェアプレイ/トーベ・ヤンソン

フェアプレイ トーベ・ヤンソン私はガッチリとムーミン世代なのだが、児童文学にあまり興味なく、フリークがいることは知っていたが特にトーベ・ヤンソンに興味はなかった。きっかけになったのは2001年に放映された「北欧トレッキング紀行森と湖の国 ムーミン谷への旅~フィンランド~」というNHKのドキュメンタリー番組だ(2010年1月に再放送あり)。故・岸田今日子のナレーションで、後に「かもめ食堂」に主演する小林聡美(ムーミン世代)が案内役だった。この番組でクルーブ・ハル島が紹介され、見ると島も小屋もあまりに小さい。30年間もここで夏を過ごしたのかと驚いた。水道も電気ももちろんない。自然と向き合うしかないのだ。

この番組ではさらりとしかふれていなかったが、トゥーリッキ・ピエティラという女性の存在をここで知った。調べてみると、トーベ・ヤンソンの生涯のパートナーだったようだ。私はこの手の話が大好きで飛びついた。トーベ・ヤンソンがレズビアンだったかどうかは、この際私にとってはどうでも良いことで、女性どうしが長年連れ添って生きたというのがついいいなと思ってしまうのだ。例えばガードルード・スタインとアリス・B・トクラスとか。それは仲の良い老夫婦を見るのに一見似ているが、真逆でもあったりする憧れだと思う。

この作品はヤンソンのエッセイ「島暮らしの記録」を小説にしたようなものだとこちらで教わって、「フェアプレイ」から読むことにした。短いエピソードを積み重ねた物語だが、舞台はフィンランドの小さな島だけではない。ヘルシンキの街中だったり、旅行したメキシコの遊園地、アリゾナ州のフェニックスなど様々だ。ここまで来るのに様々に攻撃されたことだろうと思う。長年苦労して来て、自分一人の足で立っている人たちだからこそ、こうなるのかもしれない。強い独立心と心地よい依存。

微妙にかみ合ってない二人の会話がおもしろい。これは行き違いなどではない。言いたいように言っているからそうなるのだ。省略されている部分が実はすごく多くて、言ってない言葉がたくさんあるから、かみ合ってないように見えたりするのだ。

二人とも芸術家だから年をとっても野心がある。小説で苦しんでいるマリにヨンナがアドバイスもするし、パリに留学しようという話で悩んだり、様々に葛藤がある。二人の間も仲良しこよしではまるでなく、ケンカばかりだ。信頼できる相手だからこそ、出来るケンカなんだなと思う。フェアプレイ。対等の関係って、こういうことなのか。

さらに、二人の話は二人だけのものではない。共通の友人もいるし、マリの弟もいる。70歳近いのに92歳の老人に小娘扱いされてがっくりしたり、50歳程度の女性を弟子にとり、ご執心のヨンナにマリがひどく腹を立てたりする。

70歳近い老女が二人でボートをこいだり、鴉を撃ったり、魚のかかった網を引き上げたり、ボートが霧で動けなくなったり、自然とごく普通につきあっている。孤島で夏を過ごすことは子供の頃から毎年やっていたヤンソンにとっては当たり前のことだったのだろうけれど、それはとてもまね出来ないなと思う。

小説家・挿絵画家のマリがヤンソンで彫刻家で元教師のヨンナがトゥーリッキのようだが、両方にトーベ・ヤンソン自身が反映されているのかもしれない。マリの母親がよく出てくるが、長い間3人で暮らしたそうだから、それも加味されているのかもしれないと思った。

いろいろなことがあって、年老いて、最後に信頼出来る友人と一緒にいられたらいいなと思うのは普通じゃないかなと思うのだけど...順番からすると女性の方が長生きなんだし。同性だと言わなくてもわかり合える部分が多いが、その分感情がぶつかりやすい。異性だと、わからないからこそ一からきちんと話さなければならないという気構えがあり、それがいい意味での距離感をもてれば、一緒に暮らすには男女の方が良いのかもしれない。でも、それも年をとると面倒くさいと思う部分が大きいのかもと思ったりもする。この辺は男性同士にはない感覚だろうな。

それにしても、ファスビンダーを一緒に夜中に見てくれる友人がいたら、いいなぁ。

■著者:トーベ・ヤンソン著,冨原眞弓訳
■書誌事項:筑摩書房 1997.12.20 (トーベ・ヤンソン・コレクション) ISBN4-480-77017-8