最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「トマス・H・クック」 の検索結果(1/1)

2005年9月12日

闇に問いかける男

闇に問いかける男 ■著者:トマス・H・クック著, 村松潔訳
■書誌事項:文藝春秋 2003.7. ISBN4-16-766140-3
■感想
まだクックの未読本が残っていた。やむを得ずさかのぼって読む。

半日ほどの取調の時間を時系列で追うミステリ。複数の登場人物のそれぞれの動きを追うという手法はここから始まり、「孤独の…」につながるのだとわかる。内容的にはこちらの方がぐんと面白い。ということは以前の作風のクックの方が面白いということになりかねないのだが、面白いのだからしょうがない。オチもすごいし。すごいというか、ひどいよ。だから途中の緻密というか、チクタク音がしているような緊迫感のある描写を楽しむ方が正しい。

登場人物の中で一番関係がわからなかった清掃車の男が、さいごにオチを作るんだが、それが真実なら、まだまし。結果的にはひどい結末なんだが、何が一番ひどいかというと、本当のことを誰も知らないということ。結果的には犯人は死んでいるのだからいいのかもしれないけど、被害者の親にとってみれば犯人の命よりも本当はどうなの?の方が大事だろうなと。まぁ、結局おそらくは犯人が自殺したということに落ち着くのだろうが。

いつもそうなんだが、この人のラストは「えーなんだよー」と怒りすら湧く。でもやめられない。……というのが作風だったので、この作品まではそうだった、ということになるんだろうか。ホントに、この後どこへ行くんだろうな、この人は。

2005年8月26日

孤独な鳥がうたうとき

孤独な鳥がうたうとき■著者:トマス・H・クック著, 村松潔訳
■書誌事項:文藝春秋 2004.11.9 ISBN4-16-323540-X
叙情的なミステリを書いて、言い方は悪いかもしれないが、非常に「文学的」な作品が多い。クック作品では、犯人捜しなぞはどうでもよく、その犯罪に至る心象風景が美しい描写で描かれているわけだ。

というところで評価の高いミステリ作家なのだが、どうも本人も飽きたらしく、違う作風になっていた。面白いと言えば面白い。複数の登場人物がそれぞれ動いて、最後に集結するという筆致法は、特別目新しいものではないかもしれないが、クックがそれをやると、また変な感じなのだ。

やっぱり最後にちゃんとオチがつくところが、クックらしい。

2005年8月16日

七つの丘のある街

七つの丘のある街■著者:トマス・H・クック著, 村松潔訳
■書誌事項:原書房 2003.11 ISBN4-562-03709-1

■感想
夏はミステリーだ!と決めていたのは何年か前までリゾートへ行っていた頃のこと。久しぶりのリゾートに色めき立ち、久しぶりトマス・H.クックなど手にとってみる。ところがこれはノンフィクションだ。書評に「緋色の記憶に連なる…」とあるから、このノンフィクションに基づいて「緋色の記憶」が出来たのかと思って、ドキドキしながら読んでいったら、全然関係ないじゃん。勘違いする方が悪いのか?否。勘違いさせるような書評が悪いんだろう。
「冷血」をはじめ、犯罪ノンフィクション・ノベルは嫌いではないので、それなりに面白かったのだが、犯人がわかってからはともかく、裁判の部分が少し物足りない。もっと検察側と弁護側の攻防があってもいいかなと思う。弁護側の変さが際だつという点では、そこを中心にするのは間違っていないのだが、緊張感が少しゆるんでしまった。実際に攻防なぞはなかったということなのだろう。