最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「チェ・ゲバラ」 の検索結果(1/1)

2005年1月 4日

チェ・ゲバラふたたび旅へ―第2回AMERICA放浪日記

チェ・ゲバラふたたび旅へ―第2回AMERICA放浪日記■著者:エルネスト・チェ・ゲバラ著,棚橋加奈江訳
■原綴:Otra Vez: El Diario I&eacuite;dito del Segundo Viaje por América Latina (1953-1956) by Ernesto Che Guevara
■書誌事項:現代企画室  2004.11.25 ISBN4-7738-0410-6
■内容
チェ・ゲバラふたたび旅へ―第2回AMERICA放浪日記
写真による証言
付録

■感想
本書及び「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」「チェ・ゲバラAMERICA放浪書簡集―ふるさとへ1953~56」と3作合わせて“チェ・ゲバラ キューバ革命参加以前の記録”とでも呼ぼうか。本書は「モーターサイクル南米旅行日記」の続編ともいうべき日記で、グラナードと別れ、マイアミに行って1ヶ月間動けなくなったりしていろいろあったものの、何とかアルゼンチンに戻った後のお話。半年強ほどで学位を取得して、グラナードのところへ行って仕事をするという一応の目的の元に再び旅に出たゲバラの日記及び資料集。「ふるさとへ1953~56」も同一の時期のものだが、こちらは家族にあてた書簡集。本書の資料の中にある書簡と重なる部分が多いため、詳細に比較したわけではないが、まぁ言ってみれば本編だけ読めばいいくらいな感じである。
最初の旅のときと違い、自分で生計を立てるという前提をもちながらの旅である。いずれ帰って学校に戻ろうと考えていたときとはやはり違う。単に「世界が見たい」という熱望だけで動いたときよりは、かなり自覚的に自分の将来を模索しているように見える。
いずれにせよ、出発時点でのゲバラは医者の資格は得たが医者になるつもりはあまりなく、ただ何かをやる上で人の役には立つ技術だろうな、くらいにしか考えてないように見える。それより、南米大陸で行われている不正・不正義をただすという目的のために、自分は何がいつ出来るのかを模索していた時期だと言えるかもしれない。とにかく、目的のためにはいろいろな人にあって、いろいろな話を聞いて勉強しつつ、自分を必要としている場所を探している、といった風情だ。結局メキシコでカストロたちに会うことで時節を得たというか、自分の生きるべき場所を見つけたというか、自分を役立てる革命に出逢えたわけだが、革命の起こりそうな国にやってきて、革命を横目で眺めつつ、あまり好ましからざる外国人ということで退去させられたりしている。横目で眺めつつとは言え渦中にいられたのは勉強には役に立っただろう。生計を立てるために苦労したり、あまり変化のない日々を送ったりもしている。ペルーの活動家と(おそらく)出来ちゃった結婚したりもしているが、すぐに別れたりと、いろいろやってはいる。
あれだけ功あり名のある人なので後世からなんとでも言えるが、当時の人から見たら、単に騒動を探してうろついている不逞の輩以外の何者でもないな。だから最後は革命が成就しある程度安定したキューバを去って、ボリビアに行っちゃったりするんだけど。

結論から言うと、前回の旅よりはおもしろみに欠けるが、ゲバラ研究の資料的価値はあるだろう。私はあまり革命家チェ・ゲバラに興味があるわけではなく旅行記が読みたかったので、予想の範囲ではあったが、少々不満。が、まぁ読んで損はないなぁというくらいの感じだ。

2004年11月20日

トラベリング・ウィズ・ゲバラ

アルベルト・グラナード著,池田律代訳
■書誌事項:学習研究社 2004.10.16 ISBN4-054-02609-5
■原題:Con el Che Sudamerica, Alberto Granado, Editiorial Letras Cubanas. Giudad de la Habana, 1986.

「モーターサイクルダイアリーズ」の原作の片方。ゲバラの書いた「モーターサイクル南米旅行日記」をもう一度読み直し、これと逐一比べながら読んだ。全体的にグラナードの方が読んでいて詳しいし面白い。ゲバラの方も充分面白いのだが、これだけでは映画はあんなにふくらみのあるものにはならなかっただろう。

映画では重要な下記のいくつかの点の記述がない。映画になってからグラナードによって追加されたノンフィクションなのか、それとも脚本によるフィクションなのかはっきりとは判明しないが、私にはどうもフィクションと思われる。
1.チチーナに水着を買って来てと言われて預かった12ドルの件は出てこない
2.チリの鉱山で出会った共産主義者の労働者とその妻は登場する。お金をあげたエピソードはない。
3.エルネストが誕生日に泳いでアマゾン川を渡ったとされる場面。実際には誕生日の日ではなく3日後くらいに本当に渡ったとグラナードの方には記載がある。ワニが泳いでいるような川で、川幅2kmくらいあったようだ。

面白いエピソードはほとんど実際あったようだ。
1.恋人のためにバイクで犬を連れて行ったこと。
2.エルネストが修理工の奥さんに誘われて、でもダンナの目が光っていることに気づいて奥さんがイヤがったが、酔っぱらってその気になったエルネストと押し合いになって、グラナードと二人必死で逃げたシーン。
3.正直者のエルネストはお世話になった博士の本をけなさないではいられない。
4.船の上で娼婦と出会う。イルカのエピソード。でも実際には何もなかったようだ。お金がないからだろう。

でも、ゲバラの方のだけを読むとものすごくあっさりしていて、あんなに面白いエピソードだとは気づかないほどだ。

映画にはないが、チリでボランティアで消防士の仕事を手伝うくだりがある。チリの森林地帯に近く、山火事が頻繁に起こる土地で、実際に火事にあった。犬だか猫を助け出したのがグラナードの本だとエルネストになっているし、エルネストの方だとグラナードとなっている。実際はおそらくエルネストが助け出したのだろう。エルネストは自分だとは書けない性格だったのではないかと想像される。

ゲバラの日記はスペイン語で刊行されたのが1993年、グラナードの方は1978年だ。刊行されたのはゲバラの方が遅いが、グラナードの方はゲバラの死後に「チェに捧ぐ」と書いてあるように、元となった日記に加筆修正して“若き日のゲバラの姿”が随所にちりばめられている。そのせいもあって、内容的にはグラナードの本書の方が詳細だ。ゲバラの方は飛んでいる箇所が少なくない。例えばコロンビアのレティシアでボゴタまでの旅費を稼いだサッカーコーチの話などはゲバラの方には軽くしかふれられていない。

ちなみに、ミジョナリオス・デ・ボゴタにディ・ステファノが所属していたのは確かに1949~1953年で彼らの旅の時期1951年~1952年と一致する。が、レアル・マドリーとの試合があったかどうかは確認できず。しかし、この後ディ・ステファノはレアルに移籍する。これがまたバルサとの確執の火種になっているのだが、まぁそれは関係ないのでおいておいて。

ゲバラの方はタイトルに「モーターサイクル‥」とあるが、バイクで旅が出来たのはアルゼンチン国内だけで、チリに入ったとたんにバイクが完全に壊れてしまい、あとは徒歩やヒッチハイク、密航、筏などの方法をとって旅をする。これが現地の人たちとのふれあいを増やして更に実りの多い旅にしたことは間違いない。

ゲバラの方の日記では時々母親にあてた書簡が挿入されている。ひどい喘息持ちでこんな無茶な旅をして、かわいい子には旅をさせろというが、心配だっただろうななどとつい思ってしまう。けれど、映画で見る限り、今でもおそらくは同じ道を辿れば同じような旅が出来るのではないかと思えるほど、自然の風景は変わっていないと思う。グラナードはアマゾンのジャングルに憧れていた節がある。ゲバラの目はどちらかというと、貧しい人々の暮らしぶりの方に真摯に向けられていると感じられる。

旅行記としてはグラナードの書いた本書の方が面白いと思う。ただ、ゲバラの生真面目さも捨てがたい気はするな。

2004年10月25日

モーターサイクルダイアリーズ

モーターサイクルダイアリーズ■The Motorcycle Diaries
公式サイト 2004年 アメリカ=イギリス
■スタッフ・キャスト
監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ
■感想
原作「モーターサイクル南米旅行日記」を2002年に読んでいた。とても面白かったので、あれが映画になったと知り、公開をずっと楽しみに待っていた。10月9日に公開だったが、自分の家の近くで公開したのが23日だったので、ようやく見ることができた。原作は現代企画室から出ていたが、角川書店から文庫で出ていたり、それに対して現代企画室から増補改訂版が出たりと、混乱している。買うのだったら、安いからとりあえず角川書店からのでいいと思う。
ただ、映画に比べるとちょっとそっけない。この旅をともにした、アルベルト・グラナードの本が出ている。こちらは映画を見てからと思って手元にあるがまだ読んでいない。この本がなかったら、映画のような色づけはできなかったんじゃないかなと思う。チェ・ゲバラは生真面目だからな。恋人から預かった15ドルの件なんかゲバラの日記にはまるで出てこない。

映画の方は期待通り素晴らしいものだった。久しぶりに幸せな映画空間を味わったような気がする。ロード・ムービー好きで、南米フリークなので、たまらないです。実際は退屈なものらしいが、パンパをバイクで突っ走るシーンとか、雪のアンデス越えとか、ペルーの険しい山々とか‥。そういう映像に酔ってしまう。大きなスクリーンで絶対見たいと思っていたので、これはDVDじゃあダメだと思う。

話もバカバカしいほど無茶な旅で、荷物が多いし、バイクはボロだし、お金はないし。年少の生真面目な青年と年長の口のうまい男のなかなか面白いコンビの珍道中として見ても楽しい。多数の旅行記を読むにつれ、南米はバイクで旅するのが一番時間と距離感が良いと以前から思っていたが、そう思ったきっかけがこの話だったなと思い出したりする。特に喘息もちなのに、湖に飛び込んだり、無茶ばかりするゲバラにはらはらさせられる。実際は途中で薬が切れてしまったりして、大変だったようだ。彼は喘息があるからこそ、体を痛めつけるスポーツを好んでやっていたらしい。

ゲバラはこの旅行の前から3~4週間の単位でアルゼンチン国内をバイクで旅していたりしたが、これが国外に出た初めてのバイク旅行だった。南米の貧しい現実を見て、中産階級の息子から脱皮し、革命家・ゲバラが作られていくきっかけになった旅であることは確かなようだ。古来からイニシエーションのためには放浪の旅がいい。ほとんどが事実だが、あのアマゾン川を泳ぐ話は書いてなかったと思うのだが、そういった細かいところは、グラナードの本を読んでからにしよう。いずれにせよ映画はこの旅がイニシエーションのための旅であることを、ゲバラがアマゾン川を泳ぐシーンを入れることによって強調したかったのだと思う。ハンセン病患者の隔離されている川の中の島へ渡るため、誰も泳いだことのない川を泳いで越えることによって、何かを越えることが出来たのだと思う。原作でも筏をもらう話はとても印象に残っていたので、この辺がクライマックスに来るのは正しいなと思った。

どうも最近スペイン語圏の映画で面白そうだなと思うと、ガエル・ガルシア・ベルナルが出ている。「天国の口、終わりの楽園」もそうだったし、次に見たいなと思っている「ブエノスアイレスの夜」もそうだし。しかし、「ブエノスアイレスの夜」なんかは2001年の作品なので、この作品より前のものだ。彼の人気が出たので、見られるようになっているという面もあるんだろうと思う。ありがたいことだ。
それにしても、アメリカ=イギリス合作映画で全編スペイン語ってすごいな。

2002年11月25日

ゲバラ日記

ゲバラ日記■著者:チェ・ゲバラ著,高橋正訳
■書誌事項:角川書店 1999.5.10 ISBN4-04-317001-7(角川文庫)
■感想
前述の本と同時に読み進めていたので、変な日数になっている。「ゲバラ日記」はゲバラ最後の闘いであるボリビアでのゲリラ活動における日々を本人がメモした日記である。
喘息に苦しんだり、蚊や飢えに苦しんだりと、まったく大変な行軍な様子が不思議と悲壮感なく淡々と綴られている。敗北も正確に記し、無理に自分を鼓舞するような文章もなく、冷静に客観的に戦況を見つめている。カッとなって部下を殴ったり、つまらない諍いに困ったことも包み隠さず記載している。結局、覚悟の出来上がってる人は、とどのつまり、こうなんだなと思う。
「ゲバラ日記」は中央公論社みすず書房(絶版)、古くは朝日新聞社(絶版)から刊行されている。本人が非常に見えにくい戦局の中で得られた範囲内の情報で書いているため、推測も多く、実際この時どうだったのかを補足してくれるようなものなら、そちらの方が良いと思う。原書房版がそうなのだが、ちょっと高いな。

2002年11月24日

チェ・ゲバラ AMERICA放浪書簡集

チェ・ゲバラ AMERICA放浪書簡集■著者:チェ・ゲバラ著,棚橋加奈江訳
■書誌事項:現代企画室 2001.10.22 ISBN4-7738-0102-6
■感想
医大を卒業し、ベネズエラのハンセン病院に向かうつもりで旅立つが、ボリビアを経て針路を変え、グアテマラへ行き、そこで社会主義政権の崩壊を目の当たりにする。メキシコに逃れたゲバラはそこでカストロらと出会う。ゲリラとしての訓練を積み、キューバを目指すことになるのだが、この頃の家族に当てた書簡集である。大学在学中の南米旅行記が先述の書で、この本は年代記としていうと、その続編に近い。
家族の案だものなので、政治的・歴史的な価値は低いかもしれないが、人間像がわかって面白い。このいろいろと迷っている頃のゲバラの方が確信をもって革命に邁進しているゲバラより近寄りやすい。以前刊行されていた書籍は、ちょっと埃をかぶった感があるが、最近出ているものは革命家以前のものなので、そうでもないところがポイント。
しかし、ふと思ったのだが「ゲリラ」ってそもそもどんな意味なんだろう?ベトナムの頃に聞いて慣れていて、語義を確認するのを怠っていた。なるほど。「テロリスト」とはものすごく遠いな。

2002年11月15日

チェ・ゲバラ伝

チェ・ゲバラ伝■著者:三好徹
■書誌事項:原書房 2001.1.29 ISBN4-562-03386-X 新装版
■感想
本書の原本が刊行されたのは1971年。全共闘時代だなぁ。ゲバラという人はどうも私の興味の範囲内に入っているようで、いないようで。ラテンアメリカ現代史の中でも最も有名な人なのだが、一昔前の埃をかぶったヒーローのイメージが強かったこと、良く知られている「髭と葉巻」というラテンアメリカの典型的なマッチョだったことから、ちょっと敬遠していた。
それが、ふと南米の紀行ものを探していたときに、チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記を読んだことで、「若い頃は繊細そうでカッコよかったんだー」とか思ってしまって、ふと読みたい本の穴場がやって来たときに買ってしまったのであった。
ゲバラ関連の書籍はたくさん出ている。一応一通りの伝記的な概要を知っておく方が良いかと思い、とりあえず入門書として読む。選択としては多分間違ってないと思う。しかし、やはり私には革命家前の方が面白いのだなと再確認した次第。
でも、本当に一番知りたいのは、「キューバ」ってあまりにいろんなことが言われていて、本当はどうなの?「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」のキューバとレイナルド・アレナスのキューバと、ここにあるキューバと、どれが本当なんだろうな、という、しごく素朴な疑問が根底にあったりする。どれも本当なんだろうけどね。

2002年6月18日

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記■著者:エルネスト・チェ・ゲバラ著,棚橋香奈江訳
■書誌事項:現代企画室 2001.9.20 ISBN4-7738-9715-5
■感想
ゲバラって、あの軍帽かぶってひげもじゃもじゃはやして、斜め上を見ている、あのポスターの印象しかない。カストロと違い、若くして死んでいるので、革命のヒーローのまんまなんだよねーというくらいなもの。あまり前知識なく読んだ。単に南米の旅行記として読みたかったから。

若い頃の写真が多数入っていて、やっぱり彼はひげはやさない方がカッコいいと思う。いいとこのぼっちゃんだったので、なんというか50年代のイタリア映画に出てくるような甘い二枚目。その彼が23歳の医学生のとき、半年以上かけて、アルゼンチンのロサリオからチリ、ペルー、コロンビアからベネズエラのカラカスまで、バイクとヒッチハイクで貧乏旅行したときの記録。

アルゼンチンからチリにかけての美しい風景に感動したり、チリは良い人たちばかりで親切にしてもらったり、ペルーのクスコに感銘を受けたり、そういった素朴な青年としての感動がつづられている。ラテンアメリカ人としての自覚を徐々に育てて行った頃の純粋な思いに満ちていて、思想的な面は現れていない。南米旅行記として読むと良いと思う。