最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「サム・シェパード」 の検索結果(1/1)

2006年2月20日

アメリカ、家族のいる風景

アメリカ、家族のいる風景■原題:Don't come knocking 2004年 独=米 124分
■監督:ヴィム・ヴェンダース
■出演:サム・シェパード/ジェシカ・ラング/ティム・ロス/サラ・ポーリー/フェアルーザ・バーク<Fairuza Balk>/エヴァ・マリー・セイント/カブリエル・マン
■感想
この監督も60歳を過ぎて、肩の力の抜けた、ステキな映画を作ったなぁと素直に思う。子供がいることを知らないで20数年を過ごしてしまい、30年以上放っておいた自分の母親から子供のいることを聞かされて、息子とその母親を探しに行く父親の物語。平凡で使い古された家族再生のストーリーだけれど、映像美はさすがなんです。


サム・シェパードは老けてもカッコイイが、それでもやっぱり若い頃の方がもっとカッコ良かった。感想はこちら

2004年11月 6日

映画の森―その魅惑の鬱蒼に分け入って

映画の森―その魅惑の鬱蒼に分け入って■著者:川口敦子
■書誌事項:2000.11.10 芳賀書店 ISBN4-8261-0153-8

映画監督・俳優のインタビュー集。ここのところ映画の評論ばかり読んでいたが、ほとんど1980年代後半~1990年代初期のもので、全然新刊書店にはない。内容的にも、少し古い映画ばかりだ。これは刊行は比較的新しいが、やっぱり中身は少し古いかな‥。サム・シェパードとかウェイン・ウォンとか好きで読んでみたんだが。値段は確かに高い。しかし、この人数、全部インタビューしたのかと思うと、それはやはりすごい。