最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「ウォルター・サレス」 の検索結果(1/1)

2013年9月15日

オン・ザ・ロード

オン・ザ・ロードジャック・ケルアックの「オン・ザ・ロード」を初めて読んだのは20代前半だった。この装丁の文庫本の頃だ。その後もずっとケルアックの作品だけは読み続けている。バロウズやギンズバーグは代表的な作品だけしか読んでいないから、ビートに夢中というほど読んでいないが、ケルアックは好きだった。

その「オン・ザ・ロード」をウォーター・サレスが撮ったと聞いたとき、よく映画化出来たなとも思ったし、ウォーター・サレスだから出来たんだろうなとも思った。「モーターサイクルダイアリーズ」もロードショーで行ったし、それ以前に「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」を読んでいた。ロード・ムービー好きとしては、これは映画館に観に行かなくてはと思った。

当時の旅の風景が見られればいいくらいの気持ちで行ったが、その点については満足した。1950年代のアメリカの風景を現在のアメリカだけで撮影するのはやはり無理なのか、メキシコやカナダはともかくアルゼンチンやチリにまで撮影に行ったようだ。それとも「モーターサイクル・ダイアリーズ」で使ったところがよかったのかもしれない。

自分でも意外だったのが、ケルアックやニール・キャサディのイメージが頭の中で結構出来上がっていたこと。特にニール・キャサディはもっとワイルドでガタイがいい筈だ、と思って違和感が強かった。もっとすごい勢いで喋っていたし、放射する熱がすごいのだと思っていたから。考えてみたら、そもそも私がケルアックに向かったのは、ヒッピー・カルチャーから遡ってのことだから、ニール・キャサディのことはケン・キージーとメリー・プランクターズの珍道中を描いたトム・ウルフの「クール・クールLSD交感テスト」から入ることになる。もう少し年齢を重ねたニール・キャサディだが、本当に恐ろしいような運転をする、ひどくエネルギッシュな人物だったことがよくわかる本だ。だから2回出てきた踊るシーンはニール・キャサディのすさまじさが伝わってきて良かった。必要なシーンだったと思う。

アレン・ギンズバーグだけは実物より美少年で、ゲイっぽくてよかった。何と言ってもビゴ・モーテンセンのバロウズが私のイメージのバロウズにピッタリ過ぎるのがキャストについては一番納得した。キャロリン・キャサディはもう少しインテリで上品なイメージだが、メリールウは非常にセクシーかつコケティッシュでよかった。下のキャストの部分、実物の写真にリンクを貼った。肝心のケルアックについては、内向的な雰囲気が出ていたように思う。スティーブン・ブシェミがゲイのおじさんで少しだけ出ていたことに驚いた。

映画化にあたり、そもそも「何を撮ればこの作品が伝わるか」という点から厳選されたシーンばかりだったように思う。父親のお葬式から始めたのは初稿原稿からすると正しい。ニール・キャサディの父親を捜すシーンや二人で父親の話をするシーンはまずは「父からの脱却」というテーマを押さえる上で前提条件。母親とケベック・フランス語で話すシーン、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて―スワン家の方へ」を側においておく。ジャズのライブを入れたり、前述のダンス・シーンやマリファナのスタイル(当時は割って出すやり方だった)や煙草の吸い方や酒の瓶まで、一つ一つていねいに演出されているように見えた。

特に、ケルアックが四六時中メモをしているところや、有名な"タイプライターの用紙をつなげてジャズの演奏をしているように休まず打った"のシーンは特に重要だったと思う。旅のシーンだけでも充分満足したのに、


ケルアックというと、確かに旅には出るけど、帰るところはいつもお母さんのところなんだよね、自立してないね、と思うと若い頃はなんだか興ざめだったが、年齢を経るとなんだかそれも納得できる気がしてくるから不思議だ。ケルアックの作品は好きだが、作品からにじみ出るマザコン/マッチョのセットを思うと、評伝はちょっと読む気になれなかった。でも、ルーアン・ヘンダーソンの評伝「ガールズ・オン・ザ・ビート」やキャロリン・キャサディの「ハートビート」あたりは時間があれば読んでもいい気がしてきた。


公式サイト:http://www.ontheroad-movie.jp/
監督:ウォルター・サレス
製作:レベッカ・イェルダム/ロマン・コッポラ/ナタナエル・カルミッツ/シャルル・ジリベール
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ/ジェリー・レイダー/テッサ・ロス/アーパッド・ブッソン
原作:ジャック・ケルアック
出演:
サム・ライリー(サル・パラダイス→ジャック・ケルアック
ギャレット・ヘドランド(ディーン・モリアーティ/ニール・キャサディ
トム・スターリッジ(カーロ・マルクス/アレン・ギンズバーグ
ビゴ・モーテンセン(オールド・ブル・リー/ウィリアム・バロウズ
クリステン・スチュワート(メリールウ/ルアンヌ・ヘンダーソン
キルスティン・ダンスト(カミール/キャロリン・キャサディ
エイミー・アダムス(ジェーン/ジョーン・ヴォルマー
ダニー・モーガン(エド・ダンケル/アル・ヒンクル)
エリザベス・モス(ギャラテア・ダンケル/ヘレン・ヒンクル)
アリシー・ブラガ(テリー/ベア・フランコ

路上クール・クールLSD交感テスト

2004年10月25日

モーターサイクルダイアリーズ

モーターサイクルダイアリーズ■The Motorcycle Diaries
公式サイト 2004年 アメリカ=イギリス
■スタッフ・キャスト
監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ
■感想
原作「モーターサイクル南米旅行日記」を2002年に読んでいた。とても面白かったので、あれが映画になったと知り、公開をずっと楽しみに待っていた。10月9日に公開だったが、自分の家の近くで公開したのが23日だったので、ようやく見ることができた。原作は現代企画室から出ていたが、角川書店から文庫で出ていたり、それに対して現代企画室から増補改訂版が出たりと、混乱している。買うのだったら、安いからとりあえず角川書店からのでいいと思う。
ただ、映画に比べるとちょっとそっけない。この旅をともにした、アルベルト・グラナードの本が出ている。こちらは映画を見てからと思って手元にあるがまだ読んでいない。この本がなかったら、映画のような色づけはできなかったんじゃないかなと思う。チェ・ゲバラは生真面目だからな。恋人から預かった15ドルの件なんかゲバラの日記にはまるで出てこない。

映画の方は期待通り素晴らしいものだった。久しぶりに幸せな映画空間を味わったような気がする。ロード・ムービー好きで、南米フリークなので、たまらないです。実際は退屈なものらしいが、パンパをバイクで突っ走るシーンとか、雪のアンデス越えとか、ペルーの険しい山々とか‥。そういう映像に酔ってしまう。大きなスクリーンで絶対見たいと思っていたので、これはDVDじゃあダメだと思う。

話もバカバカしいほど無茶な旅で、荷物が多いし、バイクはボロだし、お金はないし。年少の生真面目な青年と年長の口のうまい男のなかなか面白いコンビの珍道中として見ても楽しい。多数の旅行記を読むにつれ、南米はバイクで旅するのが一番時間と距離感が良いと以前から思っていたが、そう思ったきっかけがこの話だったなと思い出したりする。特に喘息もちなのに、湖に飛び込んだり、無茶ばかりするゲバラにはらはらさせられる。実際は途中で薬が切れてしまったりして、大変だったようだ。彼は喘息があるからこそ、体を痛めつけるスポーツを好んでやっていたらしい。

ゲバラはこの旅行の前から3~4週間の単位でアルゼンチン国内をバイクで旅していたりしたが、これが国外に出た初めてのバイク旅行だった。南米の貧しい現実を見て、中産階級の息子から脱皮し、革命家・ゲバラが作られていくきっかけになった旅であることは確かなようだ。古来からイニシエーションのためには放浪の旅がいい。ほとんどが事実だが、あのアマゾン川を泳ぐ話は書いてなかったと思うのだが、そういった細かいところは、グラナードの本を読んでからにしよう。いずれにせよ映画はこの旅がイニシエーションのための旅であることを、ゲバラがアマゾン川を泳ぐシーンを入れることによって強調したかったのだと思う。ハンセン病患者の隔離されている川の中の島へ渡るため、誰も泳いだことのない川を泳いで越えることによって、何かを越えることが出来たのだと思う。原作でも筏をもらう話はとても印象に残っていたので、この辺がクライマックスに来るのは正しいなと思った。

どうも最近スペイン語圏の映画で面白そうだなと思うと、ガエル・ガルシア・ベルナルが出ている。「天国の口、終わりの楽園」もそうだったし、次に見たいなと思っている「ブエノスアイレスの夜」もそうだし。しかし、「ブエノスアイレスの夜」なんかは2001年の作品なので、この作品より前のものだ。彼の人気が出たので、見られるようになっているという面もあるんだろうと思う。ありがたいことだ。
それにしても、アメリカ=イギリス合作映画で全編スペイン語ってすごいな。