最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「アルゼンチン」 の検索結果(1/1)

2007年10月30日

マーノ・デ・サントの帰郷

マーノ・デ・サントの帰郷「マーノ・デ・サント」とはManos des santo「神の手」(というか「聖人の手」)、アルゼンチン、サッカーとくれば、マラドーナか?とつい連想してしまうが、これは気骨ある明治男の冒険談。明治43(1911)年、富山湾から密航してチリへ渡り、独力でアンデス越えをしてアルゼンチンはブエノスアイレスに移住した実話。このブエノスアイレスでもボカ地区に住み着いたというのがポイントで、苦労して働いたが、次第に柔道で学んだ東洋医術を生かしてボカのトレーナーになるというお話。どんな怪我でも治すから「神の手」というわけ。まだ東洋医術は向こうまで届いていない時期だったせいか、驚異的な効果を生み出していたのだと思われる。

南米への移住者の苦労話は多く本になっているが、この人の場合は単独で移住したところが大きく異なる。残念ながら、自費出版のようで、誤字が残っていたり、装丁がかなりひどいものだったりするが、内容はなかなか面白い。

やっぱり身体鍛えておかなきゃ、単独アンデス越えは出来ないよ…。メンドーサの街の記述があって、やたらと「サン・マルティン」という名前のついた通り、建物、公園がある、というところでは納得。確かにそうだった。

■著者:晩豊彦著
■書誌事項:文藝書房 2006.1. 201p ISBN4-89477-216-7
■副題:アルゼンチンサッカーに生きたある日本人の物語

2004年9月 6日

7つの都市の物語―文化は都市をむすぶ

7つの都市の物語■著者:荒このみ編
■書誌事項:NTT出版 2003.3.18 ISBN4-7571-5035-0
■内容
東京―四割のモダン、六割のぬかるみ:松山巌
ハノイ―西欧化と民族文化の創出:川口健一
プラハ―亡命者の交差点:篠塚琢
ローマ―ファシズムの野望、建設という名の破壊:河島英昭
ロンドン―ミステリー小説と大衆文化:小池滋
ブエノスアイレス―ガルデルとボルヘスの町:増田義郎
ニューヨーク―ハーレム文化とプリミティヴィズム/エグゾティシズム:荒このみ

■感想
最近知ったサイトでいいなと思ったのが亞細亞とキネマと旅鴉というところだ。それなりに前からからあるのだと思うが、アジア映画に縁がなく、知らなかった。情報量も膨大だが、整理されて見やすく、全体的にまとまっていて素晴らしい。何故出会ったかというと、「ブエノスアイレス」でひっかかったのだと思う。そのサイトの参考書籍にあった本。そういえば南米の旅行記ばかりで全然都市論の方へは行ってなかったことに思い当たった。ブエノスアイレスは物価が高いため、バックパッカーや貧乏旅行の旅行先としては魅力がないらしく、あまり取り上げられていないのである。
本書は東京外大の講演記録である。何となく堅そうなイメージだが、意外に面白かった。きちんと歴史を追いながら文学史的な基礎を教えてもらった印象である。ブエノスアイレスはイタリア系移民が多いことだけは知っていたが、イギリス人やガリシア人などもいてコスモポリタンな都市だったこと、それがボルヘスのような文学者を産んだベースになっているとのこと。
ブエノスアイレス以外だとロンドン編と東京編が特に面白かった。ロンドン編は1920年代に興隆した英国ミステリはロンドンの発展が背景にあるという話。また、東京編は東京が拡大する歴史を「阿部定」「説教強盗」という犯罪をピックアップしてサンプルとして上げている。
講演集なんて、こんなことでもなければ読まなかっただろうな。
しかし「7つ」っていうのはホントにイヤだ。「七つ」だろうが。と思っていたら、すでにそういう書名の本があったのね。

2002年11月27日

BOCA―アルゼンチンの情熱

BOCA―アルゼンチンの情熱■著者:亘崇詞、植田朝日監修
■書誌事項:イーフロンティア/北星堂書店 2001.11.15 ISBN4-590-01120-4
■感想:
週に1試合だけアルゼンチンリーグを見ている。たいていがボカかリーベルの試合だ。私はアルゼンチンリーグに関してはMy Teamをもたないので、サンロレンソなんかも好きだし、ボカとリーベルとどちらの方が好きかと聞かれると困る。
ちょうど1年前くらいにボカがトヨタカップで2度目の来日を果たした頃に出た本。だから、高原がボカ行ってた頃。この本を読みながらボカのスタジアムであるボンボネーラまで行って、近くの「キケ」というサポーターズショップに入り、このおじさんに会ったなぁ、なんて思い出していた。
ギジェやデルガドなんかは今でも好きだし、時々リーガ・エスパニョーラでパレルモを見るが、今一つなので帰って来ればいいのにーとか思っている。先日のスーペル・クラシコ(ボカ対リーベル)戦も勝ったし、スピード感あふれるコンパクトなサッカーを未だに続けている。
しかし、今月は1本も映画を見てない。それというのもサッカーのDVDやリーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグなどを見まくって時間がないからだ。リーガはバレンシア戦は毎週、レアルとバルサなんかは時々、チャンピオンズリーグは今週から。ミラン対レアル、デポルティボ対ユベントス。その上にアルゼンチンリーグなのだから、しょうがない。しかし、観戦記は書くと長くなるのでやめておく。

2002年10月15日

南米蹴球紀行―英国・ガ−ディアン紙記者が見た中南米フットボ−ルの光と影

南米蹴球紀行■著者:クリス・テイラー著,東本貢司訳
■書誌事項:勁文社 2001.3.25 ISBN4-76-693668-X
■感想
スポーツ・ジャーナリズムの世界はやはりアメリカが盛んなのだが、サッカーはアメリカで流行ってないので、メインがイギリスになってしまう。このイギリス人ジャーナリストは翻訳のせいもあるだろうが、あまり文章が上手くないのではないかと思う。
内容的には、フランスW杯の前の著作なので古くなってしまうが、南米のサッカーの専門書が少ないので、とりあえず読んで見るしかない。と、初版の刊行時から思っていたが、若干高いので、何となく手に入れないでいたら、Amazon、BK1、楽天ブックスと次々在庫なし、で結局「Famima.comにあった。
ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、ボリヴィア、メキシコ、ニカラグアを旅してサッカーとその周辺事情を綴った力作ではある。旧スポナビに抜粋がある。うーん。興味深くはあったが、やはり目新しいことは特に書いてなかったなぁと思った。

2002年9月14日

住んでみたアルゼンチン―ブエノスアイレスの個人主義

■著者:棚田梓
■書誌事項:サイマル出版会 1985.1 ISBN4-377-40657-4
■感想
やっぱり、ちょっと古いかなぁという内容でした。

2002年9月 3日

ロバと歩いた南米・アンデス紀行

ロバと歩いた南米・アンデス紀行■著者:中山茂大
■書誌事項:双葉社 1998.10 ISBN4-57528871-3
■感想
よくある大学生の放浪記なのだが、アルゼンチンの紀行もので最近のものは少ないので読んでみた。比較的最近の若者なので、古い時代のバックパッカーやホーボーなどとは違って、さほど広大な夢があるわけではなく、焦燥感にかられての旅行というモチベーションである。だらしなく、身勝手で、お人好しで、危機意識が低い。けれどあまりに等身大なので普通の人っぽさにかえって親近感がわく。
何故ロバか、というと、単にバックパッカーであるため、荷物が多いから、荷物を運ぶロバが欲しかった、というだけの話。最初は更に安易に2頭連れて、1頭に自分が乗るつもりだったが、2頭とも同時に見ることが出来ずに逃げられる。次に馬を選ぶが、これもあっという間に逃げられる。
というわけで、結局自分は徒歩で荷物だけロバが運ぶことになる。でも、実際は「のんびり」と景色を眺めながら旅がしたかったのだ、ということがわかってくる。ようやくボリビアの田舎・ベーニャブランカから南米大陸最南端のウスアイアまで、5700km、307日をかけて旅をする。
一部チリにも入るが、ほとんどの旅程がアルゼンチン国内になる。南下する旅で、ゲバラがブエノスアイレスからバイクで北上して行くのとは逆になる。テレビや新聞で報道されて次第に有名人になってしまうあたりがゲバラの旅行でもあったことで、今も昔も記事がないんだなぁ。平和だな、というのんびり感があって良い。
見知らぬ人の親切に触れ、ピストル強盗にあったり、と旅の醍醐味はきちんと味わうのだが、ロバとの交流が一番面白い点かもしれない。
日本に帰国した後の後日談が結構泣けるのだが、ここまでは触れないでおこう。

2002年9月 1日

ボカ共和国見聞記―知られざるアルゼンチン

ボカ共和国見聞記■著者:津田正夫
■書誌事項:中央公論社 1984.12 ISBN4-12-201179-5(中公文庫)
■感想
絶版である。1975.5に新人物往来社より刊行されたもので、それにフォークランド紛争についての章を付与して刊行された文庫版である。しかし、ここまで遡らないとアルゼンチン一国だけを取り上げた紀行文というか軽いエッセイのようなものはなかなか見つからない。経済のみならあるのだが、風土一般といったものについては、南米各国のもの以外で最近のものは見たことがない。まだ探索中ではあるが。
こういった類の本は情報が古いとあまり意味がないので、比較的新しいものを探しているのだが、これでも30年近く前に書かれたものだ。一応気候、歴史、政治、社会全般、食事、観光地などが一通りさくっと書かれていて、非常に良い入門書だとは思う。
ブエノスアイレスという名前は「州」の名前で、首都ブエノスアイレスは通称でセントラルと呼ばれるとか、そういった基礎知識は一応ある。通りの様子や街のおのおのの場所の特徴などは、最近でも本書の通りだと思う。フロリダ通りをいったい何度往復したのか数え切れないなぁなど、追体験しているようで楽しかった。
女の人がみんなきれいだというのは贔屓目か?いわゆるブロンドの髪でブルーの瞳は少なかったけど、それが「=美」と言えるかどうかは確かに疑問。アメリカ人より太った人が少ないとは思う。けど、女性喫煙率が異常に高い。
お腹が空いているときは読まない方が良い。またアルゼンチン料理屋へ行きたくなってきた。

2001年11月25日

ルス、闇を照らす者

■原題:A veinte años, Luz: Elsa Osario, 1998
■著者:エルサ・オソリオ著,横山朋子訳
■書誌事項:ソニーマガジンズ 2001.6.1 ISBN4-7897-1697-X
■感想
アルゼンチンの1976〜83年の軍事政権下において、反対勢力への強力な弾圧が行われ、その際行方不明になった人は3万人を越えると言われる。その中には約500人の乳幼児が含まれていた。この子供達の中には本当の親を虐殺され、子供に恵まれない軍事関係者に引き取られることがあったという。この物語はフィクションだが、こういった史実に基づいている。
主人公のルスが自分に出生に疑問を抱き、真実を求める物語なのだが、すべてがわかった後でルスが語る物語の形式になっている。
読んでいて息苦しくなる場面が二つ。リリアーナとミリアムが命がけで生まれたばかりのリリを連れて逃げようとする箇所、そしてエドゥアルトが真実に気づき、告発しようとする箇所。二人とも弱い人たちなんだけれど、一生懸命
ミリアムとエドゥアルトの存在が残酷な物語に光を投げかける。その光とは「Luz」スペイン語で「光」という意味がある言葉で、主人公の名前でもある。原題は「ルスの二十年後」→「二十年後に光を」となる
ミリアムの口調の中にプイグ「蜘蛛女のキス」のモーリーがかいま見える気がした。
ようやく一つメニューを作り終えて、普通の読書に戻る。しかし、今年の6月に出た本が「取り寄せ」すら出来ないとは、どうなってるんだ、Amazonは。

2001年9月 6日

W杯南米予選第15節 アルゼンチン対ブラジル

アルゼンチンはすでに前節でW杯出場を決定しているが、たった一つの負けがこのブラジルとあって、絶対に消化試合にはしない、と予想していたけれど、やっぱりそう。ホームだし、ブラジルに2敗してW杯に行っても不安だし。
気合い入れて、朝7:45からの生中継をしっかり見てしまいました。開始2分でオウンゴールという不運。予想外の早い時間帯での得点は、こういった実力差のない重要な試合では、たいていの場合、得点した方に不利に働くことが多い。
ブラジルは引いて守りまくる。リバウドまで守備ばかりしている。ひたすら攻めるアルゼンチンだが、得点できない。ベーロンが累積イエローで出られないのが大きい。このまま負けると、アルゼンチンの弱点をさらけ出すことになる。
アイマール好きなんだけどなー。今日みたいにガチガチに守られると、彼のパスは生きない。まだまだだな、というところ。
後半投入されたオルテガによって、ドリブルから早いパスで引いた相手の裏をつく、という攻撃が始まり、これが少しずつ効果を出しはじめる。後半30分すぎにようやく1点、44分に追加点で、アルゼンチンの勝ち。ガジャルド、クラウディオ・ロペス(相手にオウンゴールになっちゃったけど)の得点って、ちょっと懐かしいメンツって感じ。
とにかく、見ていて疲れた。ブラジルは引いてる一方で全然効果的な攻撃がなかったが、しかし、必死で守る。当然アルゼンチンも必死で攻撃する。面白いことは面白い。
アルゼンチンの強さは徹底的に戦術理解が浸透していること、それに加えての豊富なタレントであって、良い選手が大勢いるから、強いわけでは当然ない。攻撃にいろいろとオプションがあるから勝てたようなものだ。
やっぱり最大の弱点はGKか。