最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「はっぴいえんど」 の検索結果(1/1)

2015年8月26日

松本隆 作詞活動45周年記念「風街レジェンド 2015」

風街レジェンド2015日時:2015年8月21日(金)19:30~22:30
会場:東京国際フォーラム ホールA

松本隆45周年記念のコンサート。でも2013年末に亡くなった大瀧詠一の成分が強いコンサートだったように思う。

私の目当ては、とにかく、はっぴいえんど。残念ながらリアルタイムでは聞いていない。でも、中学2年生のときにYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」が大ヒットし、高校に入学た年に大瀧詠一「A LONG VACATION」が街中で鳴り響いていたので、この細野晴臣&大瀧詠一がいたバンドって何だろう?と興味を持ち、そうすると、軽音学部にいた子がLPを3枚貸してくれて、おお、となって以来のファン。大瀧詠一がいないとは言え、はっぴいえんど再結成ならば、いかなくては。

はっぴいえんどの冒頭の3曲で充分満足したが、そこを除くと、この4時間の中で最高に素晴らしかったのが吉田美奈子の「ガラスの林檎」。このパフォーマンスは圧倒的。松本隆なのに松田聖子が出ないのは、ある意味当然なのだろうけれど、でもちょっと、と思っていたのだけれど、これを聞いてふっとんだ。吉田美奈子は自身が素晴らしい作詞家なので、松本隆から詞を提供されることはないだろうと思っていたが、こういうことか。後でパンフレットを見たら、ライブで歌っていたこととのこと。納得。NIAGARA TRIANGLEチームと南佳孝以外は懐かしの歌謡ショーになっていたのが、この前の矢野顕子と二人でぶっ飛ばしてくれた。矢野顕子「ポケットいっぱいの秘密」もまた素晴らしい。何を歌ってもあっこちゃん、になるのが矢野顕子。そう言えば、この人やYMOのライブは若い頃行ったなと思い出した。ただ「Woman」は薬師丸ひろ子に歌ってもらいたかった。

風街レジェンド 2015竹内まりやの「September」を歌ったのはEPOで、これは原曲をEPOがコーラスアレンジをしており、バックコーラスもつとめているからだろう。風街バンドの佐々木久美もまた竹内まりやのツアーメンバーだったりするため、アカペラで息のあったところを見せてくれて楽しかった。

南佳孝も相当好きなので、デビューの「摩天楼のヒロイン」から「LAST PICTURE SHOW」までの10枚がっつり持っていて、「SOUTH OF THE BORDER」からはリアルタイムで聴いている。当時は無自覚だったが、おそらく昔から私はボサノバが入ってる曲が好きだったのだろうと思う。

ねじれナイアガラ・トライアングル(伊藤銀次がvol.1、佐野元春・杉正道がvol.2)もよく聴いていた。リアルタイムで聴いたのは1982年3月のvol.2の方。山下達郎の「FOR YOU」が発売されたのが1982年1月で、アルバムジャケットからして「A LONG VACATION」の後継にあたるアルバムという印象だった。佐野元春「Someday」のアルバムの方が1982年5月に出ている。このあたり、私の記憶ではまるっとひとくくりだったりする。

山下久美子が元気そうで嬉しいのと、中川翔子が力強いボーカルで、なかなか。早見優、現役だなと思った。斉藤由貴は女優活動は現役だが、歌手活動からはちょっと遠ざかっているようで、若干気の毒な感じがした。

はっぴいえんど3曲の後、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」の流れは非常に良かったが、原田真二に2曲歌わせる必要性があったのか。いや松本隆の詩としては必要性があったのかもしれないが、余計なMCは要らなかった。すごく時間の無駄と感じた。出て、歌って、すっと帰って行く、歌手の人たちが素晴らしく見えた。本当に、ここだけが残念だった。今回、喋って良かったのはナイアガラチームと矢野・吉田だけだろうと私は思った(イモ欽トリオは"箸休め"だからOK)。

木綿のハンカチーフ前日までに「休憩なし3時間半」とアナウンスがあり、予想していた「4時間」にほぼ近い感じで終わった。次、50周年もあるといいが。

おみやげは「木綿のハンカチーフ」

■セットリスト
※初日なので、安田成美と水谷豊はいない。私は矢野顕子を優先させた。


1. 夏なんです(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)〔はっぴいえんど〕
2. 花いちもんめ(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)〔はっぴいえんど〕
3. はいからはくち(松本隆、細野晴臣、鈴木茂、佐野元春)〔はっぴいえんど〕
4. 木綿のハンカチーフ(太田裕美)
5. てぃーんずぶるーす(原田真二)
6. タイム・トラベル(原田真二)
7. シンプル・ラブ(大橋純子)
8. ペイパームーン(大橋純子)
9. 三枚の写真(石川ひとみ)〔三木聖子〕
10. 東京ららばい(中川翔子)〔中原理恵〕
11. セクシャルバイオレットNO.1(美勇士)〔桑名正博〕
12. ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)
13. 赤道小町ドキッ(山下久美子)
14. 誘惑光線・クラッ!(早見優)
15. 「菩提樹」(鈴木准、河野紘子)〔フランツ・シューベルト〕
16. 「辻音楽師」(鈴木准、河野紘子)〔フランツ・シューベルト〕
17. 君は天然色(伊藤銀次、杉真理)〔大瀧詠一〕
18. A面で恋をして(伊藤銀次、杉真理、佐野元春)〔NAIAGARA TRIANGLE vol.2〕
19. Tシャツに口紅(鈴木雅之)〔ラッツ&スター〕
20. 冬のリヴィエラ(鈴木雅之)〔森進一〕
21. バチェラー・ガール(稲垣潤一)
22. 恋するカレン(稲垣潤一)〔大瀧詠一〕
23. スローなブギにしてくれ(I want you)(南佳孝)
24. ソバカスのある少女(鈴木茂、南佳孝)
25. 砂の女(鈴木茂)
26. しらけちまうぜ(小坂忠)
27. 想い出の散歩道(矢野顕子)〔アグネス・チャン〕
28. ポケットいっぱいの秘密(矢野顕子)〔アグネス・チャン〕
29. Woman"Wの悲劇"より(吉田美奈子)〔薬師丸ひろ子〕
30. ガラスの林檎(吉田美奈子)〔松田聖子〕
31. バンド紹介(風街ばんど)
32. 卒業(斉藤由貴)
33. September(EPO)〔竹内まりや〕
34. さらばシベリア鉄道(太田裕美)
35. ルビーの指環(寺尾聰)
EN 1. 驟雨の街(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)
EN 2. 風をあつめて(松本隆、細野晴臣、鈴木茂+全員)〔はっぴいえんど〕

2005年8月 3日

風都市伝説―1970年代の街とロックの記憶から

風都市伝説■著者:北中正和編
■書誌事項:音楽出版社 2004.5.20 ISBN4-900340-88-X(CDジャーナルムック)

■感想
1970年代初期の日本のポップスの話が好きだ。その理由は主にはっぴいえんどとシュガーベイブにある。その2バンド以外にも好きなミュージシャンは多い。南佳孝や荒井由実時代のユーミンでさえ、すごくいい。何より人数的には小さな集団だったミュージシャンたちの新しいものを作って行こうという意気込みが好きだからだろう。

この本ははっぴいえんどを看板にしていた風都市(法人名ウィンド・コーポレーション)という伝説の音楽事務所のお話である。松本隆の小学校時代からの友人だった石浦信三というはっぴいえんどのマネージャー兼風都市の中心人物ほか多数のミュージシャンたちの証言でつづる、1970年代の新しいポップスを作って行った人々のお話である。大貫妙子やユーミンは出てくるが、山下達郎は出てこない。ヤマタツは音楽的傾向は違うものの、基本的には大滝詠一のポップスオタク路線を継ぐ人なんだがな。南佳孝のデビュー作が松本隆プロデュース、全曲作詞なのは知っていたが、同じトシとは知らなかった…。

「風街ろまん」ははっぴいえんどの2枚目のアルバム名である。松本隆はいまだに「風待」と風街にひっかけたサイト名を使っている。そのくらい「風」の「街」ははっぴいえんどのイメージにしみついているし、松本隆の中で大事なものなんだろう。「風の街」は摩天楼の街だし、琥珀色だし、緋色の帆を掲げた船が停泊していたりするし、なんだか無茶苦茶文学的だったりするのだが、それこそが1970年代の東京だ、というのが私の中で出来上がってしまったイメージだ。

文中に繰り返し出てくるが、「シティ」という言葉にこだわるのは、やっぱり東京のお坊ちゃんたちの音楽だからなんだろうなぁ。松本隆ははっぴいえんど解散後、すぐに作詞家になったのかと思っていたら、一時慶応に復学してたっていうんだから。はっぴいえんど音楽的には細野晴臣・大滝詠一という大物をかかえながらも、骨格は松本隆がつくっていたのだなということがよくわかる本だ。

PAさえよかったら、もっと評価は違っていた筈だという言葉が繰り返し出てくる。そりゃそうだ。声さえ聞こえない、今のカラオケシステムより遙かに悪いPAじゃあつらい。1980年代初頭に多少PAをかじったことがあるので、少しはそのつらさはわかる気がするな。

ビジネスビジネスって言わないのはよかったけど、やっぱりつぶれてしまったのは、辛いことだったんだろうな。

2005年6月14日

松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE

松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE
松本隆対談集 KAZEMACHI CAFE■書誌事項:ぴあ 2005.3.19 ISBN4-83-561514-X

■内容
対談相手:
1.谷川俊太郎/2.桜井淑敏/3.林 静一/4.太田裕美/5.細野晴臣/6.佐野史郎/7.大瀧詠一/8.筒美京平/9.薬師丸ひろ子/10.藤井 隆/11.松 たか子/12.萩尾望都/13.松任谷由実/14.町田 康/15.妹島和世/16.是枝裕和

■感想
萩尾先生の対談が掲載されているので購入した資料だが、思いの外面白かった。もちろん、もともと私が「はっぴいえんど」のファンであるせいなのだが。

高校生の頃、遠いクラスの人で、名前と顔しか一致しない、そんな同級生のとある噂を聞きつけ、いきなり話しかけた。「あなた、はっぴいえんど、全アルバム持ってるんですって?」それだけでリスペクトしてしまうお年頃だったのだ。同時代でもないのに、熱心に聞いている人が自分のまわりに、自分以外にもいたことに感激した。

そんなはっぴいえんどファンにはたまらない組み合わせがいろいろと。大滝詠一は本当にやる気ないんだなぁ(笑)。細野さんに出てきて欲しかったんだが、まぁいいか。当時の記憶を一生懸命辿りつつ。

しかしウェブだけの企画で、これだけのメンツ呼べるっていうのもすごいんだが、何せウェブだからなぁ。お金を回収するのが本っていうのは、悪い戦略ではないと思う。ネットだったらこういうタイプの対談って読まなかったかもしれない。

2001年7月 6日

はっぴいえんど

はっぴいえんど風街ろまんHAPPY END

CDはベストしか持ってなかったことに、ふと気づいた。唐突に3枚いっぺんに買っちゃった。先月読んだ本のせいということは明らかだな。しかし、この時代は面白いねぇ。人も音楽も。

2001年5月15日

はっぴいな日々

■書誌事項:ミュージック・マガジン 2000.7
■感想
何故今はっぴいえんどなのか、というと、単純に大滝詠一の「ロング・バケイション」のリマスターが出たから。もちろん邦楽CD第一号になったときも買ったんだけどね。
高校生の頃から「はっぴいえんど」は聞いていたが、残ってるCDと言えばベスト盤の「CITY」のみ。アルバム買ったっけ?レンタルだったような気がする。貧乏だったから…。3枚しかオリジナルないんだから、それくらい買えよと思う。買おう。
ナイアガラ関係やキャラメル・ママとか山下達郎のシュガーベイブなんかの話は日本のポップス創世記って感じで非常に面白い。はっぴいえんどもそうなんだけど、こいつら、ホント頑張ってたよなーという感じ。