最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

タグ「ハビエル・バルデム」 の検索結果(1/1)

2008年8月 9日

コレラの時代の愛

cholera.jpg事前にNYで映画評が今一つだったと聞いていた。また、制作国がアメリカというのが私には気に入らない。なぜならスペイン語ではないから。メジャーに作ろうと思ったら、やっぱりUSしかないのだろうけど、どうせわからないのなら英語よりスペイン語の方が雰囲気が出る。でも、ロケはちゃんとコロンビアのカタルヘナでやってるし、映像を見るだけでいいやと思い、公開日初日に見に行く。期待していなかったから、そう思うのだろうか。拍子抜けするほど良かった。確かに原作の素晴らしさからすると、映画として中の上くらいというのは不満があるが、原作から極端に逸脱するわけではなく、真っ当な映画に仕上がっている。

ラテンの強い色彩、独特の暑苦しさと湿気、街の猥雑な雰囲気、旅する高地の風景、大河を航行する巨大汽船。そういった映像をきちんと撮ってくれただけで、もう御の字だ。俳優も悪くない。ハビエル・バルデムは別に好きではないけれど、うまいのは確かだろう。ヒロインをイタリア人にやらせるのはどうなの?という気もしないではないが、一人清純派といった面持ちで、女優陣の中で浮いているのは、かえって良いのだろう。

まあ原作は好きなように読めるからいいのだけど、映画は一つの解釈を押しつけられているようで、物語としてはやはりこの見せ方は納得できない。ウルビーノ博士の活躍がほとんど描かれず、映画が「フロレンティノ・アリーサの純愛物語」になってしまっているのが気に入らないのだと思う。

そもそも、原作の解釈からして、私は変に偏りがあるのだと思う。私にはフロレンティノ・アリーサが表舞台から消えてからが本番なように思えて仕方がない。彼は最後の結末をつけるために再度現れたわけで、要は彼は物語の外枠ではあるけれど、中心部分にいないのだ。読んでいるときも、フェルミーナがフロレンティノ・アリーサへの熱が急に冷めるところが、非常に共感できた覚えがあり、そのまま映像にも反映できていたように思える。少年時代だけ違う俳優がこの役をやったのは、意図したものなのだろうか。

彼らは実際にきちんと長い時間明るいところで話したことはなく、ほとんど手紙のやりとりでつながっている。彼女が父親に反対されても意志を変えず、苦労して旅をしている間は気持ちはつながっていたが、街に帰って来て家のことを任され、実質的な暮らしをするようになって、あらためて再会したときに、すーっと熱が冷めるのは当然だろう。いつまでも恋する乙女ではいられない。

だから彼女が医者とか実業家とかと結婚するのは当然のことだ。そしていつまでも恋する少年は、歳をとって一応は実業家になるが、不思議と影が薄いままだ。でもだからこそモテる。南米のマッチョな押しの強い男ばかりに囲まれていたら、「安全そう」「優しくしてくれそう」と近寄って行く女も多いだろう。622人切り、しかも自分から積極的に行ったのは一度だけ。51年、ただ待っているだけではない。その点、この男も悪くない。

一方、ウルビーノ博士とフェルミーナの結婚の紆余曲折は、あって然るべき夫婦の時の流れだろう。問題は常にあり、けんかばかりだったが、幸福だったと、歳をとってそう言えるのは本当に幸せなことだ。ウルビーノ博士の浮気のせいで別居して1年、迎えに来てくれたことをフェルミーナが神に感謝するシーンは、彼女の性格を夫がよく理解していること、彼女がこのまま戻れないのではないかと不安に思っていて、夫のところに帰ることができることを喜んでいることがわかり、この二人の長い年月が豊かなものであったことがよくわかる。

だからウルビーノ博士の負け、フロレンティノ・アリーサの勝ち、ということではなくて、単に最後にフロレンティノ・アリーサに恩寵が下ったということだろうと思う。大枠で原作を外しておらず、2時間半程度に収めているのだから、それだけでもうたいしたものだろう。

■製作国:2007年 アメリカ 157分
■監督:マイク・ニューウェル
■脚本:ロナルド・ハーウッド
■製作:スコット・スタインドーフ
■原作:ガブリエル・ガルシア=マルケス
■撮影:アフォンソ・ビアト
■音楽:アントニオ・ピント
■出演:ハビエル・バルデム/ジョバンナ・メッツォジョルノ/ベンジャミン・ブラット/カタリーナ・サンディノ・モレノ
■公式サイト:http://kore-ai.gyao.jp/

2004年7月25日

夜になるまえに

夜になるまえに■Before Night Falls アメリカ 2000
■スタッフ
監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:ジョン・キリク
原作:レイナルド・アレナス
出演:ハビエル・バルデム/オリヴィエ・マルティネス/アンドレア・ディ・ステファノ/ジョニー・デップ/ショーン・ペン/マイケル・ウィンコット
■公式サイト:夜になるまえに
■感想
「苺とチョコレート」を見て思い出した。キューバのホモと言えばレイナルド・アレナス。忙しくて日記をつけてない時期に見たので書いてなかったっけ。あらためて見直してみた。

うーん。フレディ・マーキュリーがいっぱい(笑)。

キューバは典型的なラテンのマチズムの世界なのに、何故ゲイが多いんだろう?そして特に白い目が強いのは何故なんだろう?想像するに、ラテンの男は欲望が強いのでゲイが多い→多いから危険視する。特別にそうなのかもしれないが、アレナスはすごく激しいゲイだ。

レイナルド・アレナスという作家は邦訳されている作品は少ないが、実際は多作である。書くという欲望が強すぎてどうにもならないのだろう。刑務所に入っても書く。そのせいで独房に入れられたりする。

映像化としては、とても良いと思う。見る方として、あまり原作の細かいところにこだわらないようにしているせいもあるが。革命直後のハバナはまだまだ華やかなナイトクラブの世界があり、音楽も残されていたのが、次第に芸術が迫害されて失われていくのだなという寂寥感みたいなものが少し感じられた。

やっぱり海が美しくないと、映像化する意味ないよなぁと思っていたので、その点は満足した。アバンチュールの海も良いし、チューブでマイアミまでわたろうとして失敗した場面もいい。

よくわからなかたのがラストシーン。別にああしなくてもいいと思うんだけど…どうして、そうしたかったのかなぁ。

申し訳ないけれど、映画単体として見てないので、映画自体の感想はちょっとよくわからないという感じですね。あ、ジョニー・デップがちょい役ですが、二役やっていて、とても面白いです。ショーン・ペンも少しだけですが出ています。