最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

音楽

2017年7月15日

Jill-Decoy association のこと

Jill-Decoy associationJill-Decoy association、略してジルデコ。Ego-Wrappin'の森雅樹がアレンジした「光のこどもたち」で知った。その後も時々目にしていたから気になって、Amazon Prime Musicでアルバムを3枚聞いた。それから全アルバムを聴いた。

このところ2回、ライブに行ってる。
2017.2.25:Motion Blue
2017.5.14:
ジルデコ360° Premium Live in 竹あかり~ voyage tour Final ~

本場で鍛えられたJazzギタリストとドラマー、音がよくて、曲もよくて、ボーカルもまぁまぁ好きな方です。伸びやかで良い声でそんなにキンキンしていない。私には耳障りな女性ボーカルが多すぎる。音がよくても女性ボーカルの声質が気に入らないバンドが多いので貴重。ところが、歌詞がかなり残念。全部の歌詞が、ではないが半分近くちょっと?と思う。
若い女性の思いをそのまま綴った歌詞がまざることが多い。日常を離れたい音楽で一人の女性としての心情を「そのまま」歌われるのは拒絶反応がある。だから歌詞は聴かないようにしている。2度ライブ行って、曲も好きなんだけど、どうにももったいないなぁと思って、書いています。

こういう記事を読んで、更にその思いは強くなった。
特集:JiLL-Decoy association~常に新鮮な音楽を届けるジルデコの秘密(Billboard Japan)

彼女が描く歌詞の世界は、いわゆるジャズにありがちなクールで距離をおいたような感覚は薄く、同世代の女性が共感できる身近な恋愛や友人、家族などがテーマになっていることが多い。加えて、女性特有の情念を込めた内容であることも多く、言葉だけを取り出すとどこかウェットで感情的なところも特徴のひとつだ。

聴衆には若くてオシャレな女性が結構いて、共感するのだろうけど、彼女たちが歳をとるのにつれて、歌詞も歳を取るようになるのだろうか?

同じことを歌うのに、もっと比喩的に、高い表現力を使った歌詞は書けないものなのか。すごくいい曲なのに、どうにももやもやする曲の代表格に「わすれな草」があります。とても叙情的で良い部分と残念な部分が混ざり合っていて、繰り返し聴く気が失せる。
この傾向が5枚目の「ジルデコ5」から加速度的に強くなり、最新盤の「voyage」へ向けてひどくなってるなと思う。「航海」なんていい曲だなと思うのだけど、埋もれてしまっている。

「女性としての心情をそのまま歌った歌詞」。やるなとは言わないけれど、アーティストとして、このままでいいのかと。別にオシャレなジャズシンガーにならなくていいけれど、もうちょっとなんとかならないのかなぁ。吉田美和になりたいのはわかるけど、彼女はもっといい歌詞書いてますけれども?と。

そして、どうしても言いたくなった理由はやはり、paris matchの古澤大氏の歌詞を聴いたから。一時期あそこもミズノさんが歌詞を書くようになってちょっと違和感を覚えたのを思い出す。短い期間ですぐにやめている。それでよかったと思います。最近あまりいないのだけど、作詞に専念している人に一度書いてもらうといいのでは?と思います。
Jill-Decoy association Official Youtube

2015年8月26日

松本隆 作詞活動45周年記念「風街レジェンド 2015」

風街レジェンド2015日時:2015年8月21日(金)19:30~22:30
会場:東京国際フォーラム ホールA

松本隆45周年記念のコンサート。でも2013年末に亡くなった大瀧詠一の成分が強いコンサートだったように思う。

私の目当ては、とにかく、はっぴいえんど。残念ながらリアルタイムでは聞いていない。でも、中学2年生のときにYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」が大ヒットし、高校に入学た年に大瀧詠一「A LONG VACATION」が街中で鳴り響いていたので、この細野晴臣&大瀧詠一がいたバンドって何だろう?と興味を持ち、そうすると、軽音学部にいた子がLPを3枚貸してくれて、おお、となって以来のファン。大瀧詠一がいないとは言え、はっぴいえんど再結成ならば、いかなくては。

はっぴいえんどの冒頭の3曲で充分満足したが、そこを除くと、この4時間の中で最高に素晴らしかったのが吉田美奈子の「ガラスの林檎」。このパフォーマンスは圧倒的。松本隆なのに松田聖子が出ないのは、ある意味当然なのだろうけれど、でもちょっと、と思っていたのだけれど、これを聞いてふっとんだ。吉田美奈子は自身が素晴らしい作詞家なので、松本隆から詞を提供されることはないだろうと思っていたが、こういうことか。後でパンフレットを見たら、ライブで歌っていたこととのこと。納得。NIAGARA TRIANGLEチームと南佳孝以外は懐かしの歌謡ショーになっていたのが、この前の矢野顕子と二人でぶっ飛ばしてくれた。矢野顕子「ポケットいっぱいの秘密」もまた素晴らしい。何を歌ってもあっこちゃん、になるのが矢野顕子。そう言えば、この人やYMOのライブは若い頃行ったなと思い出した。ただ「Woman」は薬師丸ひろ子に歌ってもらいたかった。

風街レジェンド 2015竹内まりやの「September」を歌ったのはEPOで、これは原曲をEPOがコーラスアレンジをしており、バックコーラスもつとめているからだろう。風街バンドの佐々木久美もまた竹内まりやのツアーメンバーだったりするため、アカペラで息のあったところを見せてくれて楽しかった。

南佳孝も相当好きなので、デビューの「摩天楼のヒロイン」から「LAST PICTURE SHOW」までの10枚がっつり持っていて、「SOUTH OF THE BORDER」からはリアルタイムで聴いている。当時は無自覚だったが、おそらく昔から私はボサノバが入ってる曲が好きだったのだろうと思う。

ねじれナイアガラ・トライアングル(伊藤銀次がvol.1、佐野元春・杉正道がvol.2)もよく聴いていた。リアルタイムで聴いたのは1982年3月のvol.2の方。山下達郎の「FOR YOU」が発売されたのが1982年1月で、アルバムジャケットからして「A LONG VACATION」の後継にあたるアルバムという印象だった。佐野元春「Someday」のアルバムの方が1982年5月に出ている。このあたり、私の記憶ではまるっとひとくくりだったりする。

山下久美子が元気そうで嬉しいのと、中川翔子が力強いボーカルで、なかなか。早見優、現役だなと思った。斉藤由貴は女優活動は現役だが、歌手活動からはちょっと遠ざかっているようで、若干気の毒な感じがした。

はっぴいえんど3曲の後、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」の流れは非常に良かったが、原田真二に2曲歌わせる必要性があったのか。いや松本隆の詩としては必要性があったのかもしれないが、余計なMCは要らなかった。すごく時間の無駄と感じた。出て、歌って、すっと帰って行く、歌手の人たちが素晴らしく見えた。本当に、ここだけが残念だった。今回、喋って良かったのはナイアガラチームと矢野・吉田だけだろうと私は思った(イモ欽トリオは"箸休め"だからOK)。

木綿のハンカチーフ前日までに「休憩なし3時間半」とアナウンスがあり、予想していた「4時間」にほぼ近い感じで終わった。次、50周年もあるといいが。

おみやげは「木綿のハンカチーフ」

■セットリスト
※初日なので、安田成美と水谷豊はいない。私は矢野顕子を優先させた。


1. 夏なんです(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)〔はっぴいえんど〕
2. 花いちもんめ(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)〔はっぴいえんど〕
3. はいからはくち(松本隆、細野晴臣、鈴木茂、佐野元春)〔はっぴいえんど〕
4. 木綿のハンカチーフ(太田裕美)
5. てぃーんずぶるーす(原田真二)
6. タイム・トラベル(原田真二)
7. シンプル・ラブ(大橋純子)
8. ペイパームーン(大橋純子)
9. 三枚の写真(石川ひとみ)〔三木聖子〕
10. 東京ららばい(中川翔子)〔中原理恵〕
11. セクシャルバイオレットNO.1(美勇士)〔桑名正博〕
12. ハイスクールララバイ(イモ欽トリオ)
13. 赤道小町ドキッ(山下久美子)
14. 誘惑光線・クラッ!(早見優)
15. 「菩提樹」(鈴木准、河野紘子)〔フランツ・シューベルト〕
16. 「辻音楽師」(鈴木准、河野紘子)〔フランツ・シューベルト〕
17. 君は天然色(伊藤銀次、杉真理)〔大瀧詠一〕
18. A面で恋をして(伊藤銀次、杉真理、佐野元春)〔NAIAGARA TRIANGLE vol.2〕
19. Tシャツに口紅(鈴木雅之)〔ラッツ&スター〕
20. 冬のリヴィエラ(鈴木雅之)〔森進一〕
21. バチェラー・ガール(稲垣潤一)
22. 恋するカレン(稲垣潤一)〔大瀧詠一〕
23. スローなブギにしてくれ(I want you)(南佳孝)
24. ソバカスのある少女(鈴木茂、南佳孝)
25. 砂の女(鈴木茂)
26. しらけちまうぜ(小坂忠)
27. 想い出の散歩道(矢野顕子)〔アグネス・チャン〕
28. ポケットいっぱいの秘密(矢野顕子)〔アグネス・チャン〕
29. Woman"Wの悲劇"より(吉田美奈子)〔薬師丸ひろ子〕
30. ガラスの林檎(吉田美奈子)〔松田聖子〕
31. バンド紹介(風街ばんど)
32. 卒業(斉藤由貴)
33. September(EPO)〔竹内まりや〕
34. さらばシベリア鉄道(太田裕美)
35. ルビーの指環(寺尾聰)
EN 1. 驟雨の街(松本隆、細野晴臣、鈴木茂)
EN 2. 風をあつめて(松本隆、細野晴臣、鈴木茂+全員)〔はっぴいえんど〕

2015年4月26日

Paul McCartney Out There Japan Tour 2015

Paul McCartney Out There Japan Tour 2015Tokyo Dome 2015.4.25

開場1時間、開演50分ほど遅れました。ひょっとして、また...いやいや、大阪も東京初日も元気そうだったのに...と一瞬や汗をかきましたが、無事開演。

私たちが聞いてきたそのままのアレンジで、余計なことは一切せず、ひたすら私たちを楽しませるために演奏を続ける職人的エンタテイナーぶりでした。曲が短い上、持ちネタ世界で一番多いアーティストですから、たっぷり2時間45分、39曲と曲数も多い。ステージの上で一切水を飲まないのは本当でした。

私自身、本ツアーの事前情報を入れないようにして行ったのもよかったと思います。前回の来日時とあまり変わらなかったとのこと。動画などを見なかったから、新鮮でした。「Live and Let Die」がどこで来るかな~などわくわくできましたから。前回来日時は「Get Back」もあったようで、それはちょっと残念。大阪と東京初日はオープニングが「Magical Mystery Tour」だったそうで、それもまた良いかなと。

我ながら意外にも「We Can Work It Out」あたりでポロっと来てしまい、おそらく「Life Is very short and there's no time」という詩がこの年齢になり、実感としてわかるようになったからではないかなと思います。私がポールの歌声が好きだなと思うのは「Long Tall Sally」のようなシャウト系だったりするので、「Back in the U.S.S.R.」「Helter Skelter」のような曲が嬉しいです。ポールのバラードはちょっと私には甘すぎるので。

でも、本当のところは、ポール個人の曲としては「My Love」「Band On The Run」の頃が一番好きだったりします。1970年前半なので、かすかにリアルタイムでの記憶があるせいかもしれませんし、ふわっとしたポップな曲が気楽で好きだったようにも思います。

考えてみたら、ポールを観るのは1990年のGet Back Tour In Japan以来です。25年ぶりでした。あのときはいろいろあってアリーナで前から5番目という、本当に手の届く位置で観られました。それ以来、何故か行けなかったのですが、あれ以上の席はもう無理だと思っていたこと、ジョン・レノンが「世界で一番好きな声の人」なので、ジョンが生きていないことを確認する作業が辛かったんじゃないかなと思います。去年ようやく重い腰を上げて、もう一度行こうと思ったのに、国立で倒れられてしまい、今回はリベンジでした。あのときも国立まで実際に行って、現場のアナウンスで知ったことで、もう一度絶対に行こうという気にさせられたような気がします。今回、本当に行って良かったなと思います。

01. Eight Days A Week (The Beatles)
02. Save Us(最新アルバム「NEW」より)
03. All My Loving (The Beatles)
04. Jet (Wings)
05. Let Me Roll It (Wings)
06. Paperback Writer (The Beatles)
07. My Valentine
08. Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings)
09. The Long and Winding Road (The Beatles)
10. Maybe I'm Amazed 恋することのもどかしさ
11. I've Just Seen a Face 夢の人 (The Beatles)
12. We Can Work It Out 恋を抱きしめよう (The Beatles)
13. Another Day
14. Hope for the Future(最新曲)
15. And I Love Her (The Beatles)
16. Blackbird (The Beatles)
17. Here Today
18. New(最新アルバム「NEW」より)
19. Queenie Eye(最新アルバム「NEW」より)
20. Lady Madonna (The Beatles)
21. All Together Now (The Beatles)
22. Lovely Rita (The Beatles)
23. Eleanor Rigby (The Beatles)
24. Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles)
25. Something (The Beatles)
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles)
27. Band on the Run (Wings)
28. Back in the U.S.S.R. (The Beatles)
29. Let It Be (The Beatles)
30. Live and Let Die (Wings)
31. Hey Jude (The Beatles)

en1
32. Day Tripper (The Beatles)
33. Hi, Hi, Hi (Wings)
34. Can't Buy Me Love (The Beatles)

en2
35. Yesterday (The Beatles)
36. Helter Skelter (The Beatles)
37. Golden Slumbers (The Beatles)
38. Carry That Weight (The Beatles)
39. The End (The Beatles)

2015年2月 9日

歌姫4-My Eggs Benedict-/中森明菜

歌姫4中森明菜の歌姫シリーズはたくさん出ているが、4とついている。実は1~3の後は演歌1、フォークソング2、昭和歌謡1の7枚で、実質的には8にあたる。1979年~2007年までと幅広いJ-POPを選んでいる。音作りはなかなか気合いが入っている。この前のベストが売れて、また出せば売れる、と強気なアルバムにはレコード会社もやっぱり力を入れるのだな。

南佳孝の「スタンダード・ナンバー」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、ORIGINAL LOVE「接吻」がツボ。そして、この辺の音がとてもジャズ・ボサノヴァの線で好み。「fragile」もか。ドリカム「やさしいキスをして」はピアノのみのバラード。

先行して発売された「Rojo -Tierra」「La Vida」もまたよかった。次はオリジナル・アルバムを出して欲しい。

1. スタンダード・ナンバー/南佳孝(1984年)
2. 真夜中のドア~stay with me/松原みき(1979年):You Tube
3. Lovers Again/EXILE(2007年):You Tube
4. 長い間/Kiroro(1998年):You Tube
5. ハナミズキ/一青窈(2004年):You Tube
6. 愛のうた/倖田來未(2007年):You Tube
7. fragile/Every Little Thing(2001年):You Tube
8. 接吻/ORIGINAL LOVE(1993年):You Tube
9. そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸(1984年):You Tube
10. やさしいキスをして/DREAMS COME TRUE(2004年):You Tube
11. 雪の華/中島美嘉(2003年):You Tube

ディスク:2
1. 「歌姫4」メイキング映像

2015年1月28日

2014年10月19日

中山うり 7th アルバム「鰻」リリースツアー Motion Blue YOKOHAMA

中山うり Motion Blue YOKOHAMA 前回のMotion Blue Yokohamaから1年ぶりに中山うりライブへ。2012年にWorldapartから独立して以来2枚目のアルバムで前作に引き続きセルフプロデュース。ずっとライブが多く、1ヶ月平均6~7本とのこと。あくまで平均なので、10本以上の月もある。これは多い。カフェや古書店など含め、地方の様々なライブハウスで演奏し、その中で曲をつくり、ライブで披露しながら練り上げ、そしてそれらを含めて、曲作りとレコーディングして1年に1度アルバムを出す。これは音楽的に気力・体力ともにかなり充実している、理想的な状況ではないかと思う。曲は初期の頃の曲の方がどうしても印象に残ってしまっているが、アルバム全体の出来としては「一番新しいものが一番良いもの」というアーティストとしては理想的な状況にあるように見える。

途中、MCで「夏の曲がサザン並に多い。でもサザンのように恋とか愛とかを歌ってるのではなくて、私は少し後ろ向き。」との発言があったが、彼女の音楽を端的に言い表すと「ノスタルジック」。声も個性的だし、決して張り上げて歌うタイプではない。パッと見(聞き?)、同じ曲のように聞こえてしまう危険性がある。そのせいかアレンジがバラエティだし、楽器の数も多い。しかも自分自身が演奏する楽器が多いのだ。アコーディオンとトランペットのほか、ギターの比率が前回の「ホロホロ」のライブのときよりも増えたと思う。今回はクラリネットとフルートも入る贅沢なバンドメンバーである。

毎年恒例にしたいとの会場側の言葉が嬉しい。是非お願いします。

※うっかりしていて、2ndの最初の曲が全然思い出せません。誰か教えて下さい。


中山うり 7th アルバム「鰻」リリースツアー
2014年10月17日(金)1st.19:00~/2nd.21:00~(入れ替えなし)

中山うり(ボーカル、アコーディオン、トランペット、ギター)
福澤和也(ギター)
南 勇介(ベース)
宮川 剛(ドラムス、パーカッション)
上野洋(フルート)
黒川紗恵子(クラリネット)

1st.
1.るるるるる(鰻)
2.寝ても覚めても(鰻)
3.あかいくつ(ホロホロ)
4.時々ドキドキ(鰻)
5.笑う月(エトランゼ)
6.よいよいまほろば(新曲)
7.月曜日の夜に(鰻)
8.8月のコラール(鰻)

2nd
1.
2.コバルトブルー(ホロホロ)
3.回転木馬に僕と猫(VIVA)
4.哀しきサングラス(鰻)
5.赤い風船がついてくる(VIVA)
6.ガパオNo.5(鰻)
7.トロントさん(鰻)
8.パレード(新曲)

en1.月とラクダの夢を見た(DoReMiFa)
en2.マドロス横丁(DoReMiFa)
en3.石神井公園であいましょう(鰻)


→2014.8.30 中山うり Yokohama Exotica at Motion Blue Yokohama

> 「音楽」の記事一覧