最近読んだ本、見た映画・芝居、聞いたCD

2003年7月10日

Modern Lights : orange pekoe

Modern Lights orange pekoe予想通りのスピードで出された2枚目のアルバム。2枚目なので、誰でもそうだと思うが、インパクトは1stより薄い。でも質が落ちているわけではなさそうだ。

いろいろやってみたかった感満載のファースト・アルバムの楽しさとは違うけれど、Jazzによりダイナミックに傾倒した感じで、その方向性は悪くない。ボサノヴァあたりが減った気がするのは、それはそれでまた将来の楽しみにとっておこう。ただ、シンプルさが減った分、豪華さが増したというのは、個人的にはちょっと残念な部分もあるが、大枠は壊していないところで、少し安心している。

「極楽鳥」「Honey Stuckle」はシングルカットされているだけあって派手だ。「Beautiful Thing」もシングルになっているが、ぐっとやさしい感じになっている。「スウィート・ムービー」はおそらくライブで使いやすい曲。「蓮」あたりのソリッドな曲がカッコいいが、ちょっと地味さを感じさせるんだろう。「Birthday Song」「虹」のような弾き語りのシンプルなバラードは変わらずいい。

2003.7.2 BMGファンハウス BVCS-21033

1. Introduction
2. 極楽鳥~Bird of Paradise
3. 夜明けの歌
4. スウィート・ムービー
5. 蓮
6. Beautiful Thing
7. キセキ
8. Honeysuckle
9. Birthday Song
10. メトロ
11. いとしさは
12. ひとつになれば
13. 虹

amazonで購入する